人物

熊崎優美 ゆんちゃんはハーフ元アイドルで社長?YouTuber寝起きすっぴん画

人物

こんにちは(こんばんは)!
管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは
熊崎 優美(くまざき ゆみ)さん。

 

愛称の「ゆんちゃん」のほうが
知れ渡っているかもしれませんね。


  出典:Instagram

ヴァンビさんと知り合い
運命をかけるYouTubeを始め
それを機に
大人気のYouTuberとなって
最近
テレビで見ることが多くなった
熊崎 優美さんこと ゆんちゃんです。

 

ハーフで元アイドルだったのか
社長だったのか
YouTuberで人気となり
ゲーマーだった中学生が憧れた
マルチタレントの
夢を叶えるべく邁進している
熊崎 優美さん・ ゆんちゃんを
探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




熊崎優美・ゆんちゃん ハーフの元アイドル

プロフィール

 本名:熊崎 優美(くまざき ゆみ)

 愛称:ゆん

 生年月日: 1994年12月5日
 (26歳」2021年5月時)

 出身地:愛知県名古屋市

 血液型:O型

公称サイズ(2019年時点)

 身長:154 cm

 体重:43 kg

 好きな食べ物:軟骨唐揚げ、刺身
        塩だれキャベツ、菓子類

 趣味:ゲーム

 高校生時のニックネーム:ゆんたむ

 カラコン:バンビシリーズのアーモンド色

 

アイドル時代のサイズ

 身長:156 ㎝

 体重:48 kg

 スリーサイズ 80 – 60 – 80 ㎝

 

熊崎 優美さんの
父親は日本人
母親はマニラに実家がある
フィリピン人です。

ハーフで
長女として日本で育ち
妹、弟がいます。

言われなければ気付かない位
日本寄り的な表情で瞳の色も黒です。

 

日本語の他
英語・スペイン語・
タガログ語(フィリピンの言語の一つ)と
4か国も話せる語学堪能な
可愛いハーフです。

 

中学時代
ネットゲームばかりする生活の中
偶然テレビで見た
タレントの「トリンドル玲奈」さんに憧れ
「マルチタレントになりたい」という
夢を抱き
芸能界を目指すきっかけとなりました。

 

名古屋大谷高校らしいという話ですが
2011年10月16日、高校生の17歳の時
名古屋市・栄を中心に活動する
アイドルグループ「SKE48」の
第5期生のオーディションを受けます。

 SKE48は
 栄(さかえ)「SAKAE」に由来します。

 

5988名の応募者の中から
16名の仮合格者が発表され
熊崎 優美さんはその内の1人でした。

 

あくまで仮合格者で、
レッスンを開始し総合的に判断された結果
セレクション審査で
不合格となってしまいました。

 

2015年6月21
BSJの正規メンバーとしてお披露目され
アイドルとして活躍していきます。

 BSJは
「Bold Step and Jump
(大胆な一歩を踏み出せ!少女たち!)」の略で
 プロジェクトは”勝手に応援”して
 世の中を元気にするアイドルグループ。

 

BSJでは、
センターとして務めグループを引っ張り
人気のアイドルになりましたが
2016年に3月14日卒業。

 

2016年3月19日
「シンデレラプロモーション」に移籍し
新グループ
「Romantic Cherie
(ロマンティックシェリー)」
”ステキな世界で皆から愛される女性”を
意味する
アイドルグループのメンバーとして
5月19日
デビューする予定でしたが
事務所の社長が問題をおこし
「シンデレラプロモーション」との
契約を見送ることになります。

また
ある家庭事情が発生し
しばらく活動を休止する事になります。

 

以上が
「元アイドル」と言われる理由ですが
その後
2016年8月23日
渋原コレクションでグランプリ受賞や

2016年12月17日
NGG
(名古屋 ガールズ ジェネレーション
 モデルサークル)モデルとして
初撮影しますが
目立った活動はなく
このまま
身をひそめてしまうのでしょうか・・・

スポンサーリンク




熊崎優美さん社長!?

元、
ご当地アイドルとして活躍していた
熊崎 優美さんは
借金を抱えた社長だったのです。

 

ライブ中に母親から
父親が
救急車で運ばれたと連絡があり
22歳の時
「ある事情が発生し
 しばらく活動を休止する」という
つまり
アイドルを辞めた理由でもありますが
経営者だった父親が他界し
従業員や家族の為に社長として
人材派遣会社を継ぐ事でした。

 

熊崎 優美さんも母親も
法的な事にはうといため
相続放棄手続きなどに失敗し
会社の借金800万円を背負うこととなって
長女ゆえに
会社を継いだものの
営業先ではまともに取り合ってもらえず
会社の仕事が終わると
焼き鳥屋のアルバイトに行っては
家計を支えていたといいます。

根っから頑張り屋さんなのか
よくグレずに
耐えていたと思います。

温かく育った
家族の光景が浮かびます。

 

母親は副社長をしていますが
日本語の読み書きが不得意であるため
書類関係は熊崎 優美さんが対応し
毎日必死にあがいて
運命を変えるYouTubeにたどり着きます。

 

会社経営をしながら
空いた時間にYouTubeをやり
3年後には
YouTuberになって一気に借金も完済。

 

熊崎 優美さん
父親の死を乗り越え
父親の仕事を継ぎながら家族を支え
自分の夢に少しずつ近づいています。

熊崎優美さん ゆんちゃんねるのユーチューバー

熊崎優美さんこと ゆんちゃん
2017年4月1日
名古屋から上京し一人暮らしを始め
そして
YouTuber事務所の先駆的存在の
株式会社VAZ(バズ)に所属します。

 

YouTubeチャンネルである
「ゆんチャンネル」を開設し
メイクやファッション、買い物や料理など
様々な動画企画にチャレンジ公開し
元アイドルの肩書を武器に頑張って
今では大人気のYouTuber。


 

それまでの道のりは
最初
動画の編集の仕方も分からないような
ほとんど知識がなかった状況でしたが
YouTuberが集まるイベントで
隣の席のヴァンビさんと出会い
アドバイスを受けます。

 ヴァンビ(小鹿万火:おがばんび)さんは
 元ビジュアル系バンドのボーカルで
 2016年から
 アニメに登場した料理を実際に作った
 YouTuberとして知られています。
 UUUM株式会社(ウーム)所属。

 

ヴァンビさんがゆんちゃんの
ツイッターをフォローしたのが始まりで
2018年2月10日に
お互いのチャンネルで
コラボしたのが初めてでした。


  出典:Twitter

コラボすると
人気はグングン上がりましたが
ヴァンビさんの登録者20万人
ゆんちゃんの登録者10万人突破したら
コンビを組もうかって話になり
2018年7月20日
1ヶ月の期間限定でコラボする事になったのが
「ヴァンゆんチャンネル」です。

 

しかしそのコラボは
あまり過ぎる反響があり
元バンドマンと元アイドルという
「2人の息の合ったトークが良い」と評判になり
正式に「ヴァンゆん」としてコンビを結成し
兄妹のような友達のようなカップルのような
関係性を上手に表現した
人気動画になっています。

 

ヴァンビさんの女性ファン、
ゆんちゃんの男性ファンからの
否定的な意見もあったりしましたが
2019年3月
チャンネル登録者数100万人達成。

 

ヴァンビさんとゆんちゃん
それぞれ違う事務所に所属していたため
ヴァンゆんチャンネルの運営は
事務所も関係していたようで
思うように進みませんでしたが
2019年9月4日
ヴァンビさんはUUUMから、
ゆんちゃんはVAZから揃って
太田プロダクションに事務所を移籍します。

 

YouTube登録者数、100万人超えYouTuberが
大手の芸能事務所に所属するケースは
これがはじめてとなります。

 

「本当に2人は
 付き合っていないの!?」と疑われるほどの
異常に仲が良く
時には
際どい企画にも挑戦している
「ヴァンゆんチャンネル」です。

スポンサーリンク




熊崎優美・ゆんちゃん寝起きすっぴん画

ゆんちゃん
今では動画編集も特技となり
個人チャンネル「ゆんチャンネル」でも
頑張っています。

寝起きすっぴん画も
公開されていました。


  出典:Iゆんちゃんねる

寝起きのすっぴんブスが可愛くなるためにと
コスメヲタクの
モーニングルーティン話を取り上げ
さりげなく
さらけ出すことも
話題の一つになり
YouTube以外の
芸能活躍の幅が増えています。

熊崎優美・ゆんちゃんのまとめ

熊崎優美さんこと、ゆんちゃんは
母親がフィリピン人のハーフで
BSJのアイドルでした。

 

家庭の事情により
会社の社長として必死に頑張り
バイトしながら家族を支えました。

 

運命的なYouTuberになって
「ゆんチャンネル」
「ヴァンゆんチャンネル」で
加速的に人気を拡大していきました。

 

太田プロダクションへ所属してから
2019年10月8日
「この差って何ですか?(TBS)」に
テレビ初出演を果たし
その後
テレビ出演が多くなっています。

伴い、動画アップが
忙しくなりますね。

 

今後
夢である「マルチタレント」目指して
さらなるステップで魅了する
ゆんちゃんの活躍に目が離せません。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました