バレンタインデーが2月14日の由来は?チョコレートを贈るのは日本だけ?

スポンサーリンク

Happy Valentine’s Day!

2月14日は

女性から男性にチョコレートを渡し、

大切な人に想いを伝える日として知られる

バレンタインデー(Valentine’s Day)

聖バレンタインデー(St Valentine’s Day)です。

日本と海外では

このバレンタインデーの文化に差がありますが

世界各地での認識としては

「恋人たちの愛の誓いの日」

「恋人たちの日」として祝いますね。

バレンタインデーの由来や

なぜチョコレートを贈るのか

探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




バレンタインデーの由来

バレンタインデーの起源は

聖ウァレンティヌス(バレンタイン)という

キリスト教の聖人に由来しています。

・男女の出会い

ローマ帝国の時代

キリスト教が伝わる以前から

2月14日は

女神・ユノ(女性の守護神)の祝日であり

翌2月15日は、多神教の儀式である

ルペルカリア(ルペルカーリア)祭が

ローマで行われていました。

安産や多産祈願、豊穣を祈願する目的で

結婚の女神「ユノ」や

豊穣の神「マイア」を崇拝する祭りで

若い男たちが、裸同然になり、

山羊や犬の皮でできたムチを持って

村中を走り回り、未婚女性をたたくという

安産や多産を祈願した騒々しい祭りです。

祭りの前日の2月14日

若い未婚女性たちは

自分の名前を書いた札を壺の中に入れ

2月15日

若い男性たちは壺から札を1枚ひいて

札に書いてある女性と

祭りの間、

お付き合いをするというもので

当時、

別々に生活していた若い男女が

知り合える唯一の機会でもありました。

そして多くはこの日を機に

恋人同士となり結婚に至りましたが

時は、戦争時代でしたので

ローマ帝国皇帝のクラウディウス2世は

家族を持つと、戦争にも出たがらず

兵士のモチベーションも下がるという理由で

結婚が禁止されてしまいました。

・聖ウァレンティヌス(バレンタイン)

それを見かねたのが

キリスト教司祭の

聖ウァレンティヌス(バレンタイン)です。

結婚願望を持つ、兵士たちを憐れみ

密かに結婚式を行っていました。

ローマ皇帝は、

バレンタインに対し結婚式の禁止や

キリスト教からローマの宗教への改宗など

命令しますが、いずれも拒否したため

269年(もしくは270年)2月14日、

結婚を司った罪で

ローマ皇帝の迫害下で殉教しました。

人々は

バレンタインの

愛の尊さを説き勇気ある行動を讃え

2月14日を

「Saint Valentine’s Day(聖バレンタインの日)」と呼び、

お祈りをするようになり

14世紀以降になって

恋人同士が

贈り物を交換するイベントとして定着しました。

2月14日は

聖ウァレンティヌス(バレンタイン)殉教に

由来する記念日です。

・バレンタインカード由来

聖ウァレンティヌスの

監獄時のエピソードに

目が見えなかった看守の娘は

監獄のウァレンティヌスの説教を聞いて

あるとき娘の目が見える奇跡を得ました。

最後の処刑の前日に、その娘に宛てた手紙に

「From Your Valentine(あなたのヴァレンタインより)」と

書き残したことから、

現在の、

「バレンタインカード」が生まれた理由とされます。

スポンサーリンク




聖バレンタインデーの由来

もう少し由来を探ってみると

キリスト教徒にとっては

「恋人たちの日」として祭日になりましたが

キリスト教からすれば

異教の神々の祭りだったわけです。

313年、

ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が

禁止されていたキリスト教に

信教の自由を与えてキリスト教を公認し

異教神々の祭りを排除しようとしますが

大変人気のあった祭りですから

反感があることを考慮したわけですが

その後は、

180年も続くほどの祭りとなりました。

その間、キリスト教会は

異教徒をキリスト教へ改宗させる目論みを持ち

「聖バレンタインデー」として

キリスト教の祭りとしてしまいます。

そのこじつけ理由は

2月14日に殉教した

聖ウァレンティヌス(バレンタイン)説を用い

ルペルカリア祭に代わって

「男女出会いの祭り」のイメージを残し

キリスト教的な行事となったわけです。

そして496年、

ルペルカリア祭は

若者たちの風紀の乱れを懸念した

ローマ教皇ゲラシウス1世により廃止されますが、

言い方を変えれば

キリスト教会が、このお祭りを廃止し

バレンタイン殉教者を祀る

お祭りと定めたとも言えます。

後の、

15世紀頃、バレンタインは

恋人の守護聖人になったとも言われ

バレンタインデーの説を

この時代でも引用しています。

しかし

ウァレンティヌス司祭が

結婚禁止の法を破ったのは3世紀ですが

3世紀のローマ帝国で

結婚禁止の法律が布かれたという

史実は存在しませんので

謎が残ります。

スポンサーリンク




チョコを贈るのは日本だけ?

「女性から男性へチョコレートを贈る」という風習は、

日本独自の文化です。

普通は

恋人や友達、家族などが

バレンタイン・カードや花束など

お互いにプレゼントを贈り、

感謝の気持ちと愛を伝えるのが一般的です。

他国でも

チョコレートを贈るというのは

全くないわけではありませんが

日本独自の習慣と言える

日本型バレンタインデーが成り立ち

国民的な行事となりました。

チョコレートを贈るのは

諸説ありますが

日本での当初は

「夫婦の日」と捉えており

メッセージを贈ることがメインで

「チョコレートを添えました。」

と、

女性が男性に対して、

親愛の情を込めて手紙を贈り

チョコレートを添えてとは

あくまでも

「おまけ」的な意味の

付属チョコレートが付いていた位の感じが

日本でのバレンタインデーの始まりです。

・神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)のチョコ説

1936年(昭和11年)

最も古い

「バレンタインデーはチョコ」の広告として残る

神戸モロゾフ製菓の

「あなたのバレンタイン(愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」

と、いう広告があります。

・西武百貨店・松屋のチョコ説

1956年(昭和31年)

西武百貨店や松屋が、

「バレンタインデー」の広告を出しています。

・メリーチョコレートカムパニー と伊勢丹のチョコ説

1958年(昭和33年)

製菓会社メリーチョコレートカムパニーが

伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」という

キャンペーンを行っています。

・日本チョコレート・ココア協会のチョコ説

日本チョコレート・ココア協会が、

2月14日を 「チョコレートの日」と制定するなど

まだまだ説はあるのですが

曖昧な事は

「私の会社が元祖です。」といえば

そうなってしまうようです。

スポンサーリンク




最後に

しかし、

そのような広告が存在した時代でも

チョコレートに関しては余り浸透せず、

1970年代

オイルショックから脱し、

資本主義が発達して

各業界が積極的にマーケティングを行った結果

チョコレートの話題が出てくる日本史です。

その頃

コンビニエンスストアなどが普及し

日本形勢がほぼ安定して、消費社会になった時期で

チョコレートを贈る習慣が広まって

各企業のチョコレート戦略が、現在に至ります。

バレンタインデーは

冬の定番イベントとして定着し

市場には毎年、

チョコレートとコラボした商品が研究開発されて

華やかな商品があちこちに並んでます。

時代と共に

バレンタインデーも進化しており、

マーケティング戦略も大変ですね。

はてさて、企業戦略に

載ってしまったのか日本人?

いずれにせよ

カップルだけの為のイベントでは無く

男女問わず貰えると嬉しいしものですが

義理チョコは

「社内のコミュニケーションになる」という時代から

近年では

「あげなくてはいけない」という女性の負担と

「返さなくてはいけない」という男性の負担が重なり

バレンタインデーの慣習そのものを面倒だと感じ

ハラスメントに近い感情を持つ人が出る時代となり

環境型セクシャルハラスメントの

温床となりつつあります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする