人物

ぱいぱいでか美は鬱を乗り越えた!経歴や下品な芸名に両親迷惑!?有吉反省会

人物

こんにちは(こんばんは)!

管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは

仲井 優希(なかい ゆき)さんこと

芸名は

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)さん。

 

「歌って踊れるバンド・ウーマン」とか

「言うほどでかくないがそこそこでかい」などの

キャチコピーで Fカップバストを売りに

歌手、タレント、グラビア、ライブにDJなど

多方面で活動を続けています。


出典:Instagramより引用

そんな

ぱいぱいでか美さんの

インパクト大でそのまますぎる

驚きの芸名や経歴、

両親はその芸名をどう受け止めたのか

有吉反省会のことなど

探っていきたいと思います。

 

尚、新情報として

2021年4月に事務所移籍したようです。

スポンサーリンク




ぱいぱいでか美さんの経歴

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)
本 名仲井 優希(なかい ゆき)
出身地三重県
生年月日1991年5月3日(29歳)
(2021年2月現在)
身 長158.5cm
カップF65
足サイズ23.5cm
血液型O型
職 業歌手、タレント、
DJ、司会など
好きなモノダメ男好き、AV大好き
好きな色桃色
最終学歴日本工学院八王子専門学校卒業

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)さん
一度聞いたら決して忘れない名前ですね。

 
ぱいぱいでか美さん新情報

※音が出ますので音量に注意して下さい
 でか美さんの大切なお知らせ2021/04


  出典:PAIPAIDEKAMIチャンネル

 

以下、「でか美」さんで
書いていきたいと思います。

 

歌手になりたい
三重県のごく普通の一般家庭で育ち


出典:でか美さんコラム

父はサラリーマン、
母はパートや習い事が好きな専業主婦で
9歳上のお兄さんが一人います。

 

母親はバツイチで
お兄さんとは異父兄妹になります。

 

でか美さん
小学2年生の時
テレビで「宇多田ヒカル」さんを観て
歌手になることを決意します。

父親の趣味はギターやベースなど、
母親はママさんコーラスや
大正琴の教室に通ったりしていて
もともと両親も音楽が好きな家庭でした。

 

そして、
「モーニング娘」の大ブーム到来で
でか美さんは
ハロー!プロジェクト(ハロプロ)が
大好きになりハマっていきます。

 

中学時代
少し性格が歪んでいたのか
とんがっていた中学時代でしたが
指摘してくれる友人ができて
丸い性格になり
現在でも友情を築いています。

 

「やはり歌手になりたい」という思いから
音楽系の高校に進もうと悩みますが
両親になだめられ進学校に定めます。

小学校から塾にも通い
勉強自体は好きでしたから
成績は学年で1位になったこともあり
志望であった進学校に合格しました。

 

ちなみに
中学2年からずっと好きだった人がいて
その間
可愛い恋愛で彼氏がいたりもしましたが
本命の好きだった人に
半年に1回くらいは告白し、振られ続け
卒業も近づいた頃
最後の告白をしましたが振られました。

 

高校時代
でか美さん
高校に入り
中学校では優秀な成績でしたが
最初のテストでは何と下から3番目で
三重県でトップと言われる進学校の
三重県立津高等学校ですから
成績優秀者が当たり前にたくさんいて
「感動してしまう」という
妙な性格は、でか美さんそのもの。

 

2年生のある時
先輩が
「ももち」こと
「嗣永 桃子(つぐなが ももこ)」と
「Berryz工房」が好きだという話を聞き
名前は知っていましたが検索してみました。

 

「えっ!
 こんなに可愛い子が
 この世に存在したのか!」と
衝撃的で、ひと目惚れしてしまい
完全にハロプロと
ベリヲタ(Berryz工房のファン)に
どっぷりつかるのでした。

実は
その先輩のことが好きだったのですが
(先輩はロリコンだったので、
 相手にしてもらえなかった)
先輩よりも
「Berryz工房」に夢中になってしまいました。

 

高校はアルバイト禁止でしたが
お寿司屋さんで小遣いを稼ぎ
ハロプロのコンサート
ハロプロショップ
ライブハウスへと行って過ごしていました。

3年生になると
本格的な受験勉強を始めるのですが
鬱病になってしまいます。

鬱病になってしまった理由は下記にて

 

バンド活動
歌手の夢を追い求め
2010年、19歳の時に上京し
音楽系の専門学校
日本工学院八王子専門学校へ入学。

ミュージックアーティスト科
ボーカルコースにて
ボイトレや作詞作曲、ピアノなど
理論的に学んでいきます。

 

同じキャンパス内にある
東京工科大学の
サークル「軽音部」に入部し
先輩たちから誘われ
「軽音部」とは別に
「もんとs」というバンド活動を始め
「キーボードボーカル・ぱいぱいでか美」と
 名付けられ
「ぱいぱいでか美」の名が誕生します。

「ぱいぱいでか美」誕生は下記にて

 

びっくりするほどお客さんを呼べない
ライブ活動を重ねる日々。

あげくに
学校の出席日数が足りなくて卒業危機、
補習して反省文を提出し、卒業。

大学の先輩たちもみんな
2歳上だったので同じタイミングで卒業。


出典:でか美さんコラム

「絶対このバンドで売れてやる!」と
気合いも十分だったものの
パチンコにハマってしまったメンバー
就職の理由で
脱退したいと言い出したメンバーなどによって
2012年12月12日
ライブハウス・下北沢ERAで
最後のライブを行いバンドは解散。

でか美さん曰く
解散理由のひとつには
暴君なところが自身にあったと漏らしています。

 

ソロ活動
でか美さん
その後
ソロでやって行こうと決意し
解散3日後の12月15日に
弾き語りできるほどキーボード弾けないのに
ソロライブで弾き語りを披露。

弾きながら歌ってみたら
「自分には向いていない」事を痛感し
「じゃあ踊ろう」って踊りに転向していきます。

 

「アイドル」と
自称するのはおこがましいと
「歌って踊れるバンドウーマン・
 ぱいぱいでか美」という
キャッチコピーでソロで活動。

ソロ活動当初は
物販に置くものがなくて、
プリクラと、
お客さんにプロフィール帳を配るという
安上がりな謎めいた物販行為をしていました。


出典:でか美コラム

ライヴハウスで
バンドに混ざりながら
アイドルのように歌い踊り
かと思えば
DJやテキーラ・ガール、司会など、
その活動は実にさまざまで
「異質な存在」として
界隈で話題になっていきます。

 

大森靖子との出会い
でか美さんの
Twitterのプロフィールに
「嗣永桃子が好きです」と
書いてあったのを見た
超歌手を名乗るシンガーソングライターの
大森 靖子(おおもり せいこ)さんの方から
「ハロプロ好きなら悪い人じゃない」と
フォローされたことがきっかけで
でか美さんが
大森靖子さんのライブに
直接足を運び親交を深めていきます。

共通点はもちろん「ハロプロヲタク!」

 

大森 靖子さん経由で
ディスクユニオン
(インディーズ系最大手CDショップ)から
連絡が来て
「名前おもしろすぎる! 最高!
 というわけで、
 うちからアルバムを出しませんか?」と
オファー。

でか美さんにとって
またとないチャンスですから
乗るしかないですね。

 

豪華すぎる作家陣が参集し
 どついたるねんファミリーの
 吉岡トムが総合プロデュース!

 マイネームイズうがい(どついたるねん)、
 澤部渡(スカート)、
 植野隆司(テニスコーツ)、
 三輪二郎、
 宮崎貴士(図書館/グレンスミス)
 佐藤優介(カメラ=万年筆)、
 牧野琢磨(NRQ)、
 藤井洋平、
 三沢洋紀+大島輝之さんたちによる
 楽曲書き下ろし。

 また、
 川本真琴もデビュー前に活動していた
 Lupino時代の伝説の名曲
 『少年』(未発表)を提供。

 ワトソン(どついたるねん)
 ほりぼう(女優)もゲスト参加。 

 

そんな制作を進めていた頃
大森 靖子さんから連絡があり
「あのアルバムお金にはあんまりならんやろ?
 私とお金になるCD作ろ!」と連絡があり
(豪華すぎる作家陣などが
 あれだけの人数で参集したら儲かりませね。)

2014年5月31日
大森靖子(おおもり せいこ)さんのプロデュースで
ファーストシングル「PAINPU」を発表し
ジャケットが
自身のヌード写真だったことで話題を集めました。

 

そして
6月25日に
豪華すぎる作家陣が大参集した
デビューアルバム
「レッツドリーム小学校」を発売し
発売を記念して制作された
「タワーレコードポスター」は
「路上セクシー衣装」で大話題となり


  提供:でか美さんTwitter

収益になったかどうかはわかりませんが
知名度はかなり上がっていきました。

 

有吉反省会
でか美さん
「レッツドリーム小学校」を
ソフマップでリリースイベントを開催中に
『ぱいぱいでか美さんに
 代わってください!って
 日テレの「有吉反省会」の人から
 電話がかかって来てますよ。』と
お店にかかってきた突然の電話。

当時は事務所に入らずというか
受け入れてくれる所がなく
フリーランスだったので
連絡先が分からず
でか美さんのSNSからイベント情報を知り
ソフマップのお店に電話があったようです。

 

後日
半信半疑ながら日本テレビに向かい
収録が現実となりました。

8月10日、オンエア日で
日本テレビの『有吉反省会』で
「芸名が下品すぎるアイドル」として登場し
地上波テレビ・デビューを果たしました。

有吉反省の話は下記にて

 

事務所決定から現在へ
その後
個人では「事務作業が辛い」と
会う人会う人全員に
話まくった結果、
パーフェクトミュージックから声がかかり
所属事務所が決まりました。

事務所との契約日は
8月8日“ぱいぱいの日”です。

 

でか美さん、当時24歳の
2015年12月31日
紅白歌合戦に出場、
「ゲスの極み乙女」の
ギターコーラスとして参加し
NHK側から
「NHK的にギリギリのワードがあった」と
釘を差されながらもチラリと映っていました。

 

2017年8月
女性アイドルユニット
APOKALIPPPS(アポカリップス)の
メンバーとして活動。

 

などなど

※音が出ますので音量に注意して下さい
 吉川 友・ぱいぱいでか美の
 最高のオンナ MUSIC VIDEO

   
  提供:youkikkawaチャンネル

執筆活動や作詞も作曲もするし、
歌うし、踊るし、グラビアもするし、
なんでもするようです。

スポンサーリンク




ぱいぱいでか美さんは鬱を乗り越えた!

でか美さんこと
仲井 優希(なかい ゆき)さん
高校3年生の時
鬱病になってしまいます。

 

まわりは
「東京大学に行きたい」
「京都大学に行きたい」
「医者になりたい」
「研究をしたい」と
本格的な受験勉強を始める中
仲井 優希さんは
「専門学校」という、みんなと違う進路に対し
「みんなの受験勉強を邪魔をしたくない」と
屈折した考え、気持ちを持つようになり
眠れなくなったり、
塞ぎ込込むようになってしまいました。

メンタルクリニックに行った結果
「鬱病」と診断、薬を処方されて
自身の中ではショッキングな事でした。

 

夏になり
志望校のAO入試に臨み
仲井 優希さんの受験は終わりますが
みんなは、まだまだ受験勉強真最中で
後ろめたさを感じて
「自分はいない方がいい」と
心は蝕まれていきました。

 

学校側や友人の助力によって
「病気だから」と受け止め
深く考えすぎないようにして
症状や薬ともうまく付き合えるようになり
薬の数も減っていきました。

 

高校を卒業し
心の病にうまく向き合えたハズでしたが
専門学校でも鬱がぶり返し
先輩と4年くらい付き合いの中で
恋愛に依存してしまい薬に頼る生活、
すごいやきもち焼きでブチ切れも半端なく
彼ともめて
警察を呼ばれたとか
自分の部屋のカーペットを燃やしたとか
本当に辛かったようで
いろいろありましたが
まわりのみんなのお陰で
なんとかかんとか持ち直していきました。

 

でか美さん曰く
「鬱を経験したから
 すべてがわかるわけではないけど
 同じように悩む方に
 今、私が元気にしてる姿を見て
 希望を持ってもらえたら嬉しいです。
 少しでも寄り添えるような活動が
 できたらいいなと思います。」と・・・

ぱいぱいでか美さんの下品な?芸名

でか美さん
下品な芸名と言われる事は
承知ですが
その芸名が気に入ってしまうのです。


  出典:Instagram

 

小学校2年~3年生の頃
ドンドン太っていって
太ってるんだという自覚のない
肥満児でした。

 

ある日
「これを着けなさい」と
母親から渡されたスポブラ。

それで太ってると気付き
好きではない牛乳をたっぷり飲んで
運動して身長を伸ばすことにしましたが
痩せたものの筋肉と大きな胸だけが残り
他の女子よりかなり胸が大きく
「私のおっぱいデケー」って
かなりショックを受けた思春期前の事。

以来、ずーっとコンプレックスで
中1でDカップ、
高校でFカップの大きな胸。

 

専門学校に入学し
同じ敷地内にある大学の軽音部に入部した
ある日
気軽に呼んでもらえる愛称が欲しいと
当時流行していた「mixi」に
「私もあだ名欲しいなー!」と、呟き
すると
軽音部の部長から
「ぱいぱいでか美」とコメントが届きました。

 

「ぱいぱいでか美」

 

「えっ!何ていい名前なんだ」と感動してしまい
声に出して言いたくなるほど
収まりの良い文字面に
違和感もなく気に入ってしまいました。
(いい名前と思える感覚が不思議ですが・・・)

 

昔から
顔が可愛くないという自覚と
胸が大きいことが嫌で嫌で
コンプレックスを抱えていたのに
「ぱいぱいでか美」という名の響きが
コンプレックスから
一瞬にして「持ち味」に変わった瞬間でした。

そして
胸が大きいことが
チャームポイントと思えてしまったのです。

 

それからというもの、
いつもは
胸が目立たないような
ダボダボの服を着ていましたが
ボディラインがわかるような服を
着こなすようになりました。

 

と言うことで
仲井 優希(なかい ゆき)さんは
「ぱいぱいでか美」として
活動する事になったのです。

普通なら
明らかにセクハラ的で
「そんな名前嫌だーーー」って
思うのでは・・・

スポンサーリンク




ぱいぱいでか美さんの芸名に両親迷惑!?

でか美さん
上京の時、両親が車で
何時間もかけて送ってくれました。

初めてのひとり暮らしをする
レオパレスで
「とりあえず30歳までは好きにしてみな。
 30過ぎてアカンかったら、
 諦めて三重県で就職しなさい」と伝えて
両親は三重県へ帰っていきました。

両親のこの言葉に
「自分は絶対に成功するぞ!」と
両親の為にも誓ったときでした。

 

「ぱいぱいでか美」として
活動するバンドが
地元の三重県でライブをすることになり
実家では両親が
お酒やご馳走を用意して迎え入れてくれました。

 

悩んでいたのは
「ぱいぱいでか美」という芸名を
両親に伝えていなかったので
ビックリするのではないかという事です。

時を見計らい
『私の芸名
「ぱいぱいでか美」って言うんやけど』と
打ち明けると
母親は
『ヤバ!
 めっちゃ面白いやん。覚えやすいなぁ!』

父親は
『俺はネットで見て知っとったぞ!
 変な名前や~わろてまうわ』

確かに、らしからぬ芸名ですが
両親は温かく応援してくれました。

 

母親は
「はぱいぱいでか美」の親だっていうことを
主婦仲間に話まくっています。

父親は
会社のデスクに
「はぱいぱいでか美」さんの写真を飾り、
部下の中にファンがいることを知って
嬉しそうにしています。

 

「なんでそんな名前にしたの!」
なんて言うのが大方でしょうけど
仲井家の器の大きさは親子揃って
一つも二つも違うようですね。

そんな両親に恵まれ
最高の娘でいられるようにと
でか美さんは頑張っています。

スポンサーリンク




ぱいぱいでか美さんと有吉反省会

でか美さん
2014年
バラエティ番組『有吉反省会』に初出演し、
2015年4月からは
キワモノとして
同番組のレギュラーとして
「いつもいる反省人」枠として出演中です。

※音が出ますので音量に注意して下さい


  出典:Twitter

2014年8月10日
仲井 優希として
「芸名が下品すぎるアイドル」という
テロップが流れるなか登場しました。

「わたくし、
 本名、仲井 優希(なかい ゆき)は
 新人アイドルとして
 世間の注目を集めたいがために
 アイドル史上
 最も下品な芸名をつけてしまったことを
 反省しに参りました」と告白し

有吉さん「バカか!」と
痛快なツッコミを入れられ

「事務所のスタッフとかは
 どんな反応なの?」と聞かれ

でか美さん
すかさず
「事務所入ってなくて、無所属なんですよ」

有吉さん
「えー! すごいね!! よくココに辿り着いたね(笑)」

と、番組は続き
「本当は根暗で真面目な性格」
「下ネタは得意じゃない」
「この芸名が気に入ってる」などと発言し
芸名とは裏腹に
真面目で常識人であることをアピールし
ついに地上波テレビ・デビューを果たし
反響は大きく
SNSのフォロワー数は急激に伸び
徐々に
「ぱいぱいでか美」の名が浮上し始め
地上波の影響はすごいです。

 

的確なコメント力の才能を発揮し
有吉弘行さんや
マツコ・デラックスさんなど
大物タレントさんに
超大穴的な存在として
高く評価されるようになっていきます。

スポンサーリンク




ぱいぱいでか美さんのまとめ

仲井 優希(なかい ゆき)こと
ぱいぱいでか美さんの経歴や
鬱と向き合い
専門学校のバンドで芸名が付いたことや
ハロプロヲタクで「大森 靖子さん」と繋がり
シングルやアルバムをリリースできたり
「有吉反省会」に出演し
地上波テレビ・デビューを果たした事、
下品な芸名に両親はどういう思いだったなど
書いてきました。


  出典:Instagram

ぱいぱいでか美と
文字を見たり耳にすれば
ほとんどの人に
「名前を覚えてもらえる」
大きなメリットがあるものの
今後
一路順風の活躍が期待されているだけに
テレビで活動するうえで
売れれば売れるほど
ゴールデンタイムでの活躍は
リスクが伴うな芸名とならないだろうか?・・・

 

正に
批判も多い中
ハイリスクハイリターンな芸名だけに
本人は良くとも
今の世間では
気軽には口にできないところがもどかしい・・・

垢抜けなさがすごく感じ、飾らない姿に
応援したくなる気持ちが湧き上がる、
そんな「ぱいぱいでか美」さんの
明るい未来の到来を祈り
今後の活躍に期待しています。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました