人物

光宗薫 経歴と芸能活動は続けられるのか?独学ボールペン画の夢とプレバト

人物

こんにちは(こんばんは)!
管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは
光宗 薫(みつむね かおる)さん。

 

「国民的アイドルグループ」
AKB48の元メンバーであり
細身ながら抜群のプロポーションで
テレビドラマ、映画、モデルなど
女優、ファッションモデルとして活躍。

 

また、
絵が上手い芸能人と言えば
光宗 薫さんの名があがります。

 

しかし
病気であることを公表し
芸能活動を休止。

 

一年足らずで復帰し
TBS系列「プレバト!!」で
絵関連で
芸能活動再開が見込まれ
不定期ですが出演しています。


  出典:Instagram

 

個人のボールペン画で
いっそう絵のほうに精力を注いで
個展を開催したりしています。

 

そんな
光宗 薫さんの経歴や
芸能活動復帰したものの
続けていけるのか?

独学ボールペン画の夢や
プレバトに関してなど
探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




光宗薫さんの経歴

プロフィール

【本名】光宗 薫(みつむね かおる)

【愛称】かおる、カヲルくん、ミッツ

【生年月日】1993年4月26日

【年齢】28歳(2021年5月現在)

【出身地】愛媛県生まれ、大阪府育ち

【血液型】O型

【活動内容】女優、ファッションモデル
      ボールペン画アート

【事務所】フレイヴエンターテインメント

【家族構成】父親、母親、姉

 

公称サイズ(2014年4月時点)
【身長】:168cm

【スリーサイズ】82 – 61 – 82 cm

【靴のサイズ】24.5 cm

 

経歴

経歴ですが長くなりますので
大まかな経歴になります。

申し訳ございませんが
出演等は「ウィキペディア」
ご確認願います。

 

愛媛県で生まれ
親の転勤のため小学3年生まで
千葉県、広島県、神奈川県で過ごし
その後
大阪府で過ごしました。

 

通信制単位制の長尾谷高校で
在学時は
大阪日本橋のメイドカフェ
「めいどるちぇ」でアルバイトをしています。

 

2011年3月
 神戸コレクションモデルオーディションで
 グランプリを受賞しますが
 モデルへと進まずに
 AKB48研究生として参加する事になります。

 

2011年12月8日に
 AKB48劇場(ライブハウス)にて
 AKB48の13期生として紹介されます。

 

2012年1月30日発売の
 集英社「週刊プレイボーイ」で
 初グラビア掲載。

 

2012年4月
 TBS系列「ATARU(アタル)」
 連続ドラマ初出演。

 

AKB48辞退

2012年6月6日
 鳴り物入りでスーパー研究生として
 華やかなスタートを切ったものの
 AKB48 27thシングル 選抜総選挙での
 まさかの
 ランキング圏外となった悔しさ不満は
 周りからの
 期待の新人という視線と
 自らの間にギャップの迷走が生じます。

 現実は
「仲間を潰すつもりでいかないと
 AKBでは上に上がれず勝てない」
「仲間でもありライバルでもある」という
 人間関係に付いていけなかったり

 研究生にも関わらず
「異例の抜擢」としてささやかれ
 従来の
 AKBのシステムから外れていると
 ゴリ推し疑惑として指摘され
 運営側の模索や
 ファンとのすれ違いによって
 AKB次世代エースとささやかれている中
 色々な事、色々な思いが重なり
 10月24日
 わずか10か月でAKB48を辞退します。

 それより
 病んでいたのも現実です。

 

AKB48辞退前に主演決定していた
 初主演の映画「女子カメラ」が
 2012年11月24日に公開

 

女優業を再開

それから一年弱ほど
 表舞台に立つことはなく
 運営側による強い後押しと
 人気のギャップ差、
 加え
 病んでいることに悩んで
 大きなショックもあって 
 仕事は明らかに激減しましたが
 2013年9月上映の
 劇場版 「ATARU」で
 女優業を再開します。

 

2014年3月 2日
2014年9月 7日
2015年2月14日
2015年4月12日
モデルとしてランウェイ

 

2015年9月17日
2016年4月28日
2016年7月14日
2016年9月 1日
2017年6月29日
「プレバト!!」に出演

 

芸能活動休止

2017年9月21日
 体調不良により
 芸能活動を休止することを発表。

 

芸能活動復帰

2018年9月5日
 体調については
 不安定な時期があるとしながらも
 活動を再開していきます。

スポンサーリンク




光宗薫さんの芸能活動は続けられるのか?

2017年9月21日
光宗 薫(みつむね かおる)さん
本人が語る病名は
「摂食障害」「脅迫的な症状」で
17歳の頃から
この症状に悩んでおられ
驚くべきことは
「一時的に拘束してもらわなければ
 生活が儘ならない状態」を
繰り返していたようです。

 

これまでは
周りの人たちにサポートしてもらって
活動を続けてきましたが
当時は
辛いだけの芸能活動になって
状態が悪化していることを明かし
休止宣言。

 

脅迫的な症状というのは
「強迫性障害」という
「強迫観念」や「強迫行為」などの
症状だと思われますが
その「摂食障害」「脅迫的な症状」は
本人でしかわからないことなので
話は避けます・・・

 

そして
2018年9月5日
「体調については
 不安定な時期がまだまだあり
 展示など動いていって
 芸能活動は事務所と相談しながら
 考えてゆきます。」と発表した
光宗 薫さん。

 

ということは
まだ完全ではないと思えます。

展示というのは
好きなボールペン画ですね。


  出典:Instagram

 

芸能活動復帰したものの
精神的な症状は
何かのきっかけでさえ
再発しかねないので
芸能活動はこのまま続けられるのかは
不安要素として残りますが
励みは
絵に夢中になっていることです。
 

現在、20代後半になって
絵を描く目的が明確になり
必要な事、頑張らなくていい事が
わかるようになってから
人生が楽しくなったと言う
光宗 薫さんの
明るさが感じとれます。

無理せずに
体調を優先して欲しいと思います。

光宗薫さんの独学ボールペン画の夢

光宗 薫(みつむね かおる)さんの
夢は

・絵本を出すこと

・海外での展示

昔からの夢である絵本出版と
海外での評価を知りたいための個展
このふたつが大きな夢です。

 

幼いころから
みんなと一緒に何かをするのが苦手で
ひとり
絵を描くようになっていました。

 

2011年頃から
仕事以外に何もすることなく
何をしていいのかわからず
時間を埋めるために描き始めます。

 

現実逃避の先にあったのが
「絵を描く行為」であり
「絵は好き」ですが
「絵が好き」ということではなく
「絵がないと困る」という現況で
小さい頃からの感覚で
引きこもりのように
独学でひたすら
ボールペン画を描き始めました。

 

なぜ
ボールペンで描いてるのかは
目の前にあったからで
使用するのは
無印良品の
ポリカーボネイトボールペン0.7ミリ。

 

描き方は数本用意しておいて
新しいボールペンは
黒く塗る場所に使い
一番薄いところや細部は
余りインクが出ないようになってから使い
それぞれのインク残量を見計らって
筆圧に細微な強弱を加えて描いています。

 

根本的モノクロで
色使いが苦手というか
色にこだわりも興味も湧かなく
一日200粒以上の
ガムを噛みながら熱中しています。

 

2013年10月11日~20日
大阪府の『GALAXY GALLERY』にて
個展「スーパー劣等生」を開催。

 

2019年1月5日~20日
東京・銀座の『ヴァニラ画廊』にて
個展「ガズラー」を開催。

 

2020年2月6日~3月4日
東京・銀座の『ヴァニラ画廊』にて
個展「メロンタ・タウタ」を開催。

 

独創的な
昆虫や自身の姿、空想の生物を描いた
奇想天外な細密画を発表しています。


  出典:KAORU MITSUMUNE

 

光宗 薫さんは
当初、自らを抑圧し
拒食と過食、嘔吐対策のため
食べ物を食べずに我慢して
食べ物を眺めることで絵に置き換え
食欲をなんとか抑えていました。

 

どこかで食べないと
体は持ちませんから
少し食べては吐き出していたそうで
根本的には食べないのと一緒ですが
次第に
食べ物が「ただの物体」に思えてきて
絵の創作に
信じられませんが没頭できたそうです。

 

2日間
絵が描けなくなると
気分的に辛くなるようで
日々の動作として
絵の創作に集中できる時が
現実を忘れられる時間であって
夢中に取り組むことで
光宗 薫さんの症状が
気にならないよう
緩和していたのかもしれません。

 

光宗 薫さん
今では
食事も摂れるようになって
それでも
食事と就寝の時間以外は
1日15時間位
ボールペン持っては延々と描いています。

 

絵を描くこと以外には
やりたいと思える事がないという
とにかく物欲がなく
家では
テレビも置いてない
ベッドも置いてない
しゃべることもない
すっぴんで鏡も見ない
気分転換にも興味がなく
クッションだけの万年床で
毎日寝起きしては描き続け
普段は
絵のこと以外は
何もしてないようです。

スポンサーリンク




光宗薫さんのプレバト

光宗 薫さん
2016年4月28日放送『プレバト!!』の
「春の水彩画ランキング」で
水彩画査定コーナー初登場ながら
満点査定で1位を獲得。

 

そして
3年ぶりに復帰した
2020年8月27日放送の
「水彩画査定コーナー」で
名人初段へと昇格。

 

その翌月
9月24日放送
「秋の水彩画コンクール」で
満点査定で優勝。

 

2021年も
  1月21日
  3月18日
  3月25日に出演し
絶賛されています。

 

光宗 薫さん
絵を仕事にするのは
全然苦にならないそうで
プレバトのような
絵を描く番組はなかなかないので
ありがたい番組で
楽しく頑張りたいそうです。

 

もうひとつ
家では
すっぴんの着の身着のままなので
収録日には
メイクさんが綺麗にしてくれるので
女子力に気付かされています。

 

『プレバト!!』は
光宗 薫さんにとって
ドンピシャな番組ですね。

絵の見方、楽しみ方も変わり
絵が上手い、下手ではなく
描いた人の作品で
個性が発見できて面白いとの事で
今後も
画風や画力が楽しみです。

光宗薫さんのまとめと・・・

元、
スーパーアイドル
AKB48のメンバーだった
光宗 薫(みつむね かおる)さんの
大まかな経歴や
体調不良で
芸能活動を一時休止し復帰しましたが
まだ、
体調は完全ではなさそうですから
芸能活動はこの先続くのか?

明るさも見える反面
どことなく暗い一面が垣間見え
心配なところです。

 

20歳の頃から
独学ボールペン画で
朝から晩まで描き続け
繊細な絵で個展を開催し
夢は
絵本を出すことと
海外での個展です。

 

テレビ番組
『プレバト!!』にも復帰し
新たな才能が発揮されています。

光宗 薫さんを
まとめてみました。

 

光宗 薫さん
今後は
定期的な個展を開催し
絵の活動をもっと
精力的にやっていきたいそうです。

 

今一番、意欲的なのが
絵の事で
絵関連は全て楽しいようですが
光宗 薫さんが
自宅で好きに描くのはボールペン画。

 

『プレバト!!』の場合は
勿論、
質、スタイルは違いますが
「仕事で描く絵」ですから
今のところ
苦になっていないようですが
仕事だからといって
プレッシャーにならないよう
願っていますし
まずその時は
本人自ら断るでしょうけど・・・

 

ほぼ
「絵」関連メインでしか
テレビに出ていない気がして
(必ずしも
「プレバト!!」のみではなく
「文房具総選挙2021」
「オトラクション」など
 少しずつ出演されているようです。)

でも
今後もしかすると
『プレバト!!』の出演は
光宗 薫さんを
唯一観られる
貴重な番組となるかもしれませんね。

 

女優としても
お目に掛かれるよう応援しています。

 

・・・
最後に
2014年6月
光宗 薫さんの公式サイトで
アート活動の一環として
撮影された
胸を隠したセミヌードを披露し
賛否両論にして話題となり
サイトは閉鎖されましたが
ひとつの作品として成立しないのか
アートか否とか、良い悪いって
誰かが決めることなのでしょうか・・・?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました