人物

川口加奈 14歳からホームレス支援活動!経歴学歴や彼氏は?セブンルール

人物

こんにちは(こんばんは)!
管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは
川口 加奈(かわぐち かな)さん。

 

中学時代の14歳から
ホームレス問題に取り組み続け
大学2年生の時に
任意団体を設立し
現在、
「NPO法人 
 Homedoor(ホームドア)」の
理事長を務める異色の存在です。

 

全国で最もホームレスが多いとされる
大阪市で
夜回りでの生活用品や食事提供、
働き口を作り出し、
路上生活からの脱出をサポートし
ホームレス支援の中でも
取り分け異彩を放って
就労支援や生活支援を提供しています。


  出典:Twitter

ホームレス問題を
生み出しているのは
「ホームレスの方々ではない」と
解決を探り今も尚、奮闘中です。

 

川口 加奈さんの
14歳から
ホームレス支援活動するきっかけや
経歴や学歴や彼氏、
セブンルールなど
探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




川口加奈さんの経歴や学歴

川口加奈(かわぐちかな)

生年月日:1991年1月7日
     30歳(2021年4月現在)

出身:大阪府高石市

両親と二つ上のお兄さん

座右の銘:この世の最大の不幸は、
     貧しさや病ではありません。
     だれからも
     自分は必要とされていない、
     と感じることです。

   マザーテレサの言葉です。

 

父親の仕事の都合で
小1~4年生は
 千葉県浦安市立美浜南小学校

大阪に戻り
 大阪府高石市立羽衣小学校

 私立大阪女学院中学校

 私立大阪女学院高校(普通科 理系)

ホームレス問題の研究が進む
 大阪市立大学経済学部に進学
2014年(平成26年)卒業

 

【中学時代】
2004年、14歳
川口 加奈さんは
私立中学に通う電車通学をしている時
車窓から見える
多くのホームレスの姿を見て
「日本は豊かな国のはずなのに
 なんでこんなに
 ホームレスがいるのだろう?」と
疑問を感じていました。

 

中学2年の冬、
ホームレスに対する
炊き出しボランティアの募集に応募し
「釜ヶ崎」地区の
ホームレス支援活動に一人で参加し
これを機に
ホームレス問題と向き合い続けます。

全校集会で講演会をしたり
校内の新聞に炊き出しを募集するなど
自分にできることを
どんどん実行していきました。

 

【高校時代】
川口 加奈さんは
ボランティア部に所属し
「啓発活動」や
「夜回り」などの活動を続けました。

高校2年の17歳の時
ボランティア活動に取り組む
青少年を称える
「第11回 ボランティア・
 スピリット・アワード」に応募し
米国親善大使に選ばれ
全米表彰式に招待されました。

ワシントンDCで
1週間の国際会議に参加し
世界各国の日本とは違う
先進しているボランティア活動や
スケールの違いに刺激を受けたようです。

 

改めて
川口 加奈さんは
「単なる
 炊き出し、夜回りの支援活動ではなく
 根本的に問題を解決するような
 活動をしなければ
 ホームレス状態は何も変わらない」と
気付き
日本で最初に
ホームレス問題を研究し始めた
大阪市立大学への進学を決意しました。

 

【大学時代】
視野を広げようと
世界最大級の学生NPO法人
「AIESEC(アイセック)」に所属。

少し自分が思っていた事との
ギャップを感じていましたが
2010年、大学2年生の時に
「NEC社会起業塾」に史上最年少で参加し
起業家としてのノウハウの全てを学び

任意団体
「Homedoor(ホームドア)」を設立。

 人生というホームからの
 最後の転落防止柵「ホームドア」の意味と
「居場所(ホーム)への入り口(ドア)」の
「家への扉」 という意味を重ねた
 願いが込められた名称です。

 

2011年 NPO法人登記。

 

【その後】
川口 加奈さんは
ホームレスの人たちが
自転車を駆使していることから
自転車修理技術は得意である事と
駅周辺に放置自転車が結構多い状況から
「放置自転車」と
「ホームレス問題」という
2つの社会課題を同時に解決する
「リサイクル×デザイン自転車事業」となる
シェアサイクルビジネス
「HUBchari(ハブチャリ)」の事業を開始。

 自転車の貸し出し拠点を
 大阪市内にいくつか設け、
 どこででも自転車を借り、
 また返すことができる
 コミュニティサイクルシステムを
 誕生させました。

 

ホームレスや生活保護受給者に
担ってもらう(雇用する)ことで、
雇用の場を創出するとともに
将来的には
放置自転車の減少を模索したのが
HUBchari(ハブチャリ)の大きな特徴で
就労への復帰の後押しをしています。

※音が出ますので音量に注意して下さい
 川口加奈さんインタビュー


  出典:NIRA総合研究開発機構インタビュー

 

2012年
 世界経済フォーラム
(通称:ダボス会議)が主催する
 次世代を担う若きリーダー
(若者によるコミュニティ)の 
「Global Shapers
(グローバル・シェイパーズ)」に選出。

 

2015年
 社会の課題解決にチャレンジする
 非営利団体を支援する
「Googleインパクトチャレンジ」で
 グランプリ。

 

2017年
 Homedoorが認定されNPO法人になります。

 

2017年
 青年版国民栄誉賞とされる
 日本青年会議所主催の
「第31回人間力大賞」で
 グランプリ・
 内閣総理大臣奨励賞・
 参議院議長奨励賞受賞の
 トリプル受賞。

 

2018年には
 大阪市北区の5階建てのビルを借り
 包括的な自立支援ができる
「アンドセンター」を設立し
 17歳から思い描いていた夢が
 少しずつ実現。

 

フォーブス誌による
 日本を変える30歳未満の30人として
「30 UNDER 30 JAPAN」の
 30人に選出され
 ソーシャルアントレプレナー部門で受賞。

 

2018年に活躍した女性日経WOMAN
「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」で
 再出発サポート賞。

 

など
ソーシャルな活動が評価され
素晴らしい受賞を、その他多数、獲得。

 

川口 加奈さんは
日々、
ホームレス支援活動の内容を充実させ
新たなモデルづくりに取り組んでいます。

スポンサーリンク




川口加奈さんの彼氏は?

川口 加奈さんは
2018年4月
渡辺 直樹(わたなべ なおき)さんと
結婚をしています。

 

最初の出会いは
世界最大級の学生NPO法人
「AIESEC(アイセック)」所属の時。

 

後に、
世界経済フォーラムで再開し
結婚に至っています。

 

2019年9月には
女の子が生まれて
3人で古民家風の家で暮らしています。

 

渡辺 直樹(わたなべ なおき)さんは
1986年大阪生まれ。

大阪府立生野高校

同志社大学社会学部社会学科卒業

 

大学卒業後、
富士通に就職しますが3年後の
2013年に退職して
現在は、
まちづくりの計画や
活動づくりをサポートし
コミュニティデザイナーという
仕事に取り組んでいます。

 

川口 加奈さん
仕事柄なのか
直樹さん曰く
「家ではかなり、ダランと過ごして
 毎日よく寝る」ようで
加奈さん曰く
「家族といる時が心の休まる時で
 一番安心できる」と話しています。

 

基本、
オフの時はまったりしてます。

 

そして毎日毎日
「Homedoor(ホームドア)」に来られる人も
「そんな日常を早く届けたい」と
願い頑張っています。

川口加奈さん 14歳からホームレス支援活動!

川口 加奈さんの
原点は小学校5年生の時
戦争系文学を読み
「自分も戦争に
 巻き込まれていたかもしれない」
「戦争はいけないことだ」と
実感したマインドがあり
国際協力の仕事に就きたいと
奥底に芽生えていました。

 

きっかけは
新今宮駅周辺の
通学電車の窓から見た
ホームレスの光景。

近所の子は
わざわざ遠回りして
新今宮駅を避けて学校に通うのは
どこの親も「近付くな」という
旧来から
「釜ヶ崎」と呼ばれる所で
JR新今宮駅近くの
「あいりん地区」とよばるエリアです。

 かつて
 日本で一番多くの
 日雇い労働者や野宿者
 生活保護受給者が集まる地域で
 大阪市民も足を踏み入れない、
 国内有数のドヤ街、
 危険な地区と言われていまいたが
 様変わりしています。

 

14歳の川口 加奈さん
なぜ新今宮駅周辺を避けるのか
疑問に思い
親に嘘をついて
一人で炊き出しに参加した事から
ホームレス支援活動が始まります。

 

普通の環境で育った川口 加奈さんは
ホームレスのほとんどの方たちは
非正規雇用出身や
日雇い労働出身で
生来、
普通の環境でなかった事を知りました。

 

ホームレス問題に対する
「自己責任」や「やる気がない」など
根強い偏見を解くのは、
そう簡単なことではなく
川口 加奈さんが
どれだけ
「炊き出し」や「夜回り」活動を頑張っても、
ホームレスのまま
生涯を終える人も後を絶たず
凍死や餓死で亡くなってしまう現状を
変えることはできませんでした。

 

川口 加奈さん
親しみを込めて
「おっちゃん」と呼んでいますが
「仕事したい」という、おっちゃんに
仕事探して何とかしようとして
会いにいきますが
そのおっちゃんは亡くなってしまいました。

 

言葉にならない呆然とした無力感、
「根本にある
 問題を解決しないと何も変わらない。
 路上から脱出したいと思ったら
 誰もが脱出できる。」
そんな社会を目指して
19歳の時
「Homedoor(ホームドア)」を設立し
おっちゃんたちと交流を続けました。


  出典:出典:Twitter

川口 加奈さん
「ホームレス状態を
 生み出さないニホンに」という
 目標をもって

就労支援以外にも

Homedoor(ホームドア)の活動
ココモーニング
(モーニング喫茶)
最初の試み
実態と課題を調査
HUBchari
(ハブチャリ)
コミュニティサイクル
アンドセンター最も深刻な住居の問題
「そこに行けば
なんとかなる」という
宿泊施設
ほっと&ハウス住まいの提供
モノギフト寄付してもらった
不要品を
自立支援に活用
ホムパト生活用品や
お弁当を配る
夜回り活動
HUBgasa
(ハブ傘)
捨てられている
ビニール傘を
リメイクして卸す仕事
CHANGE
(チェンジ)
実習講座
講演
ワークショップ
ホームレス問題の授業づくり全国ネットの
事務局運営
おかえりキッチン食堂兼カフェ
等、さまざまな
就労・生活支援事業、啓発事業活動

 

自己責任論が根強い日本では
一度
ホームレス状態に陥ると、
路上から脱出できる手段は
ごく限られています。

さまざまな活動を通して
「誰もが何度でもやり直せる社会」を
目指しています。

スポンサーリンク




川口加奈さんのセブンルール

川口 加奈さん
「セブンルール」に出演し
話題になっています。

 

関西テレビと
フジテレビ系列で放送されている
様々な分野で活躍する女性に密着し
「今、最も見たい女性」
「今、最も見てもらいたい女性」の
7つのルールを手がかりに
女性の強さ、弱さ、美しさなど
その人の人生を映し出す
新感覚ドキュメンタリー番組です。


  出典:Twitter

 

川口 加奈さんの
ホームレス問題と向き合い続ける
セブンルールは!

1.路上で出会う人たちは名前で呼ぶ
  名前を知ることが第一歩で
  名前で呼ぶことで関係性ができる

2.家賃は収入に応じて決める
  毎月収める事ができるのか確認し
  家賃を払いながら
  少しずつ貯金をしていってもらい
  次の家を借りるためのステップにする

3.パソコンは置いて帰る
  パソコンは事務所に置いて帰る
  家に仕事は持ち込まない

4.朝ごはんは縁側で食べる
  朝に落ち着ける時間を持ち
  朝食はゆっくりと縁側で食べる

5.すべてふりがなを振る
  読めない人がいては
  助けることも出来ないので
  漢字(かんじ)にはふりがなをつける

6.施設はダブルミーニングで命名する
  施設のネーミングには
  ひとつの語に
  2つ以上の意味をもたせること

  例)HUBchari(ハブチャリ)は
  車輪のハブと
  路上生活者と利用者を結ぶハブ

7.ホームレスゼロを目指さない
  失敗しても脱落しても
  また戻れる社会でありたいから

 

川口 加奈さん
「ホームレス」に関して
決して
「ゼロにしたい」わけではなく

ゼロや完全にしてしまうと
一度失敗をしたら
もうやり直しがきかないし
社会に戻れなくなってしまうので
どれだけ失敗してもやり直せるよう
安心して「失敗」できる
世の中になって欲しいと願っています。

 

川口 加奈さんの
ホームレスの関わりや
経歴や家族、セブンルールの事など
書いてきました。

ホッとできる場所を作りたい
正に偉業ですね。

 

最後に
究極の理想については
こういった問題が解決して
Homedoor(ホームドア)が
必要とされなくなる事だそうです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました