人物

菅未里(文具ソムリエール)って?文房具とは違う文具愛あふれるこだわり情報

人物

こんにちは(こんばんは)!
管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは
菅 未里(かん みさと)さん。

 

ご存じですか?

 

今や文房具を語るプロとして
経験を活かし幅広い知識を持って
文房具愛あふれるトークが
話題を呼び
テレビや雑誌の取材に
ひっぱりだこで人気上昇中。


  出典:Twitter

日本の文房具は
海外でもとても人気が高いです。

菅 未里さん独自の
文具界の扉が新しく開かれ
文具ソムリエールと名乗り
多数の媒体に出演し
プロデュース商品も手掛け
新しい楽しみ方、新しい魅力で
文房具の素晴らしさを発信しています。

 

そんな
菅 未里さんのことや
文具ソムリエールって何なのか
探っていきたいと思います。

 

実は
「文房具」と「文具」って
少し意味が違うんですよね・・・

スポンサーリンク




菅未里さんって?

名前:菅 未里(かん みさと)

生年月日:1988年12月20日
     32歳(2021年6月時)

出身:非公開

職業:文具ソムリエール

 

菅 未里(かん みさと)さん
最近テレビでよく見かけますが
一般の方なので
個人情報は余り出てきませんが
お姉さんがいまして
幼少の頃
お姉さんは美人過ぎると思っていたようで
自分はその対称と思ってしまい
引っ込み思案の
根暗な性格が出来上がってしまいましたが
面白い形の消しゴムを集めるのが
好きだったようです。

 

小学校では
根暗な性格からクラスメイトとは
上手く馴染めませんでしたが
「サッカーボール消しゴム」で
クラスメイトの男子から話しかけられ
嬉しくも文房具のおかげで
友達となれるきっかけになり
それからというもの
「文房具」の魅力に引き込まれ
興味を持つようになりました。

 

中学校では
「パイロット消しゴム」を持っていた事で
好きな人と会話できました。

 

高校では
「ZOOM707」という
珍しいシャーペンを持っていた事で
人気女子と仲良しになっています。

 

大学では
おしゃれな手帳
「モレスキン」で友人が出来ました。

 

就活面接では
大胆にも
「文房具で世界平和を目指す」といって
内定したそうです。

 

菅 未里さん
文房具を学校に持っていくと
周りには人が集まり
人気者になっていて
これまでの歩みをひも解くと
文房具を介して
人と繋がったエピソードは事欠きません。

 

東急ハンズに勤務し
思いもよらぬ
インテリア担当になりますが
日経ビジネス企画の
文具コーナーに応募し
投稿が雑誌に掲載されたことを機に
希望の部署に異動できて
ステーショナリー(文具・文房具)担当になり
文房具販売・仕入れ担当をしながら
文房具の知識を育みます。

 

2012年から雑誌に出始め
2013年から
「文具ソムリエール」を名乗り始めました。

 

文具ソムリエールとして
忙しくなったため
約半年が経った頃
会社に「副業申請」を提出し
受理されますが
普通なら
なかなか許可は下りないので
会社側の
広告塔的な存在だったと思われます。

 

2014年に
文具プランナーの
福島 槙子(ふくしま まきこ)さんと出会い
「文具レディ」を結成。

 

菅 未里さん
文具ソムリエールとして
副業の方がメインになっていき
基本
始業前や就業後や
休日に副業して休みのない日が続き
3~4年経って
文房具の専門家として独立します。

 

2016年に結婚
「商社勤務のサラリーマン」とだけ
話されているようです。


  出典:Twitter

現在
メーカーでもなく
お店でも、問屋でもなく
毎日が楽しくなる
文房具を紹介するサイト
「STATIONERY RESTAURANT
(ステーショナリーレストラン)」
を運営し
海外の文房具店にも足を運び
活動は国内外に及び
商品開発や売り場の企画・監修、
企業コンサルティング、
文房具の紹介、執筆活動、
文具に特化した活動を行って
メディア出演も多くなっています。

 

著書は
・『私の好きな 文房具の秘密』
(枻出版)

・『毎日が楽しくなる きらめき文房具』
(KADOKAWA)

・『文具に恋して。』
(洋泉社)

・『仕事を効率化する ビジネス文具』
(ポプラ社)

スポンサーリンク




菅未里さんの文具ソムリエールって?

菅 未里さん
「文具ソムリエール」とういことですが
ソムリエール「sommeliere」とは
女性のソムリエのことです。

 

ソムリエールという仕事は
実際にあるものではなく
活動しやすいように
肩書きを付けたということです。

 

そもそも「ソムリエ(sommelier)」って
ワイン選定・提供するする専門職の
レストランのワイン係のことで
例えば分けるなら
男性菓子職人をパティシエ、
女性菓子職人をパティシエールといった
もともとはフランス語です。

 

日本では
「ソムリエ」「ソムリエール」という言葉で
その道の専門家であることを
示す目的で用いてますから
「文具ソムリエール」とは
女性の文具専門家ということです。

 

「文具プランナー」や
「文具アドバイザー」と名乗ってる人もいて
文房具業界に関わりのある人が多く
「文具知識能力検定」という
資格はありますが
資格を持っている必要はありません。

 

自分の好きな文具を並べる
趣味であれば趣味で済みますが
「専門家」と名乗るのであれば
相手(お客様など)が存在しますから
適宜対応、新製品に随時対応して
知識以上に応用力が求められ
必要な文具を提案する能力は必然的となります。

 

菅 未里さんは
ライフスタイルに合った
文具のある暮らしを企画・提案する
文具ソムリエールとして活動しています。

菅未里さんの文具愛あふれるこだわり情報

菅 未里さん
文房具がとても好きで、
小さいころから集めていて
文房具が
更に好きになったきっかけは
友達ができたことで
文房具に人生を救われたと言っても
過言ではありません。

 

文房具は新製品が次々と誕生し
知識のアップデートは
とても大変ですが大切な事です。

 

文房具のデザインや手触わり
匂いや音などの感性面からも楽しみ
鉛筆の削りカスでさえ愛を感じるほどの
文具愛あふれるこだわりエキスパートです。

 

菅 未里さん自らが
数十社の文房具メーカーを訪ね
製品に込められた開発秘話や秘密を探り
文房具は
日常的に使われているものの
あまり関心を持たれていない
一面を持つ文房具ですが
でも
実は無いと困る必需品でもあり
文房具の知られざる「秘密」が
知識として、
菅 未里さんが
私たちに紹介してくれています。

菅 未里さんの
ライブ配信は長い(1:24:35)ので
お時間あるときにご覧ください。
※音が出ますので音量に注意して下さい。


  出典:STATIONERY RESTAURANT

テレビ出演のときとは
もっともっと笑いが飛び交っています。

 

「日々の仕事には
 文具は欠かせないもの」と言って
「みなさんが文具売り場に行く
 きっかけの架け橋となるように」と願い
「自身が買って実際に使ったものしか
 オススメしない」というこだわりを持ち
「あっ!いいなっ!」と感じた使用感、
その大切に感じた感性を大切にしながら
文房具の
新しい楽しみ方、
新しい魅力の情報を発信しています。

 

菅 未里さんが
文房具を紹介するモットーは
「毎日を楽しく人生を楽しくする」ためで
数多くの文具にふれあい
一つの商品を突き詰めて
こだわり力と文具愛あふれる
今までにない新しい感覚で
文房具の魅力
オススメの文房具
こだわりの文房具
役立つ文房具等をわかりやすく
熱く熱く語って教えてくれています。

 

開発にあたっては
ほしいと思うものだけを
提案することにこだわり
新アイデアのストックは
お気に入りの手帳に書き留め
更に細分化していって
項目をひとつずつチェックして
最高の答えを導き出していきます。

 

「これ可愛い」という感覚でも
手にすることで
モチベーションはあがりますが
菅 未里さんは
基本、
「これカッコいい」で
持った姿がカッコいいのかを重視し
手にしたときにワクワク高揚するのか
ひとつの商品に
実用性、利便性、お役立ち
楽しい、カッコいい、感性など
あらゆる限り重視した文具を
こだわり抜いての見極め術で
文房具の
開発や改良に携わっています。

 

情報って大切ですね。

文房具一つの
特徴がわかれば
仕事が効率的に進められ
出来上がりもだいぶ違って
時短にも繋がっていきます。

 

お気に入りの文房具
お役立ちの文房具があれば
日常が華やぎ、
気持ち的にも作業的にも
上向きな気持ちになりませんか?

 

日々忙しさに追われている私たちは
何気に補充している文房具ですが
欲しい物にも種類があり
文具コーナーでウロウロしなくても
菅 未里さんが紹介してくれた
「目的の情報」があれば
「あっ!これだ!」と
自分の欲しかったものは一目瞭然で
即、購入出来るわけで
情報って大切なんです。

 

菅 未里さんの
ひとつひとつ思いを込めた
幅広いこだわりの
文房具愛溢れるトークだからこそ
使う人の心を掴むのではないでしょうか。

文房具と文具は違う

「文房具」は
「房」を略して
「文具」と短くした言葉ではなく
 実は意味合いが違います。

 

「文房」とは
 読書や書き物をするための
 部屋「書斎」のことで
「書斎に備えておく道具」が「文房具」です。

 

「文房具」はもともと
 筆・墨・紙・硯(すずり)の
 4点だけを指す言葉です。

 

「文具」は
「文房具」以外のものを含める言葉で
「書斎の必需品の総称」ということになります。

 

現在では「書斎」というより
家庭や学校や職場など
生活に欠かせない必需品ということですね。

 

現在の
辞書・辞典にも「文房具」と「文具」は
同じ意味で掲載されています。

スポンサーリンク




菅 未里(文具ソムリエール)さんのまとめ

菅 未里(かん みさと)さんの
文具好きから
幾多の出会いや出来事にも
関係してきた文具。

 

文具を語るプロの
文具ソムリエールと名乗り
こだわり・愛をもって
幅広い知識と新しいかたちで
わかりやすく文具の魅力を
文具愛溢れるトークで紹介し
テレビや雑誌の取材にひっぱりだこで
多くの人気を獲得しつつある
文具一筋人生。

 

菅 未里(かん みさと)さんの
文具ソムリエールのことと
少しだけ
文具と文房具の違いを
ご紹介してきました。

 

フリクションボールペンが
登場した時は感動しましね。

現状はもっと
進化しているやもしれませんが
フリクションは消せる筆記具で
消しゴムのような
専用ラバーでこすって
ボールペンの筆跡が
摩擦熱で消すことができます。

 

当然、
消しカスが出ませんし
繰り返し筆記が可能です。

 

しかし
60度の熱で消えてしまいますので
証書類・宛名など
消えてはいけないものには使用できませんし
車内置きなどは注意が必要ですが
マイナス15度で筆記は復活しますので
驚きでした。

 

デジタル化も進む中
文具を語ったら止まらない
何十年と文具に向き合う
新感覚のプロフェッショナル。

 

人を虜にする
菅 未里さん
文具ソムリエールの活躍に
今後も目が離せません。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
 
ブログランキングに参加していますので
応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました