人物

松本明子は問題発言で転落!苦節37年で初コンサート!家族や経歴と裏話

人物

こんにちは(こんばんは)!

管理人の hiroro@ です。

 

今回ご紹介するのは

松本 明子(まつもと あきこ)さん。

 

現在の活動ジャンルは

タレント、女優ですが

元祖バラエティアイドルと言われ

活躍していますが

お若い方は、ご存じないと思いますが

デビュー当時は

昭和のアイドル歌手でした。

 

アイドルとして

コンサートのステージに立つことが

大きな夢でしたが

ある事件をきっかけに謹慎処分となり

バラドルに路線変更して頑張ってきました。

 

松本 明子さん

なんと54歳にして

「皆さんに恩返ししたいという気持ち」で

デビューから苦節、37年目にして

初のコンサートが決定しました。


  提供:松本 明子さんTwitterより引用

コロナ化である今だったことから

コンサートが企画された経緯もあり

とにかく明るい

昭和のアイドル、松本 明子さんの

現在までを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




松本明子さん 問題発言で転落

松本 明子(まつもと あきこ)さんの
この問題発言は
この先も永遠に語られる話です。

1983年(昭和58年)17歳、
清純派アイドル歌手としてデビューします。


  提供:ワタナベエンターテインメントより引用

1982年のデビューは
 シブがき隊
 中森明菜さん
 小泉今日子さん
 堀ちえみさんなど
「花の82年組」と呼ばた年で

1983年は
「アイドル不作の83年組」と呼ばれ
 余りパッとしない年でした。

 

松本 明子さんを追い込んだ
四文字言葉絶叫事件は
1984年3月31日の深夜に起きます。

 

『オールナイトフジ』1周年記念
および
『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』
10周年記念の共同スペシャルの
テレビ・ラジオコラボ生放送番組で
新アシスタントとなった松本 明子さんは
笑福亭鶴光さんと
片岡鶴太郎さんに

彼氏の名前をバラされたくなかったら
カメラに向かって「お〇〇こ」と言ってこい」
「一躍有名になれるぞ」とそそのかされたのです。

片岡鶴太郎「アッコ、お前、今、
      付き合ってるのいるだろ?」

松本明子 「えっ!?」

片岡鶴太郎「俺、知ってるぞ!」

松本明子 「ダメ!まって~~」

笑福亭鶴光「これは聞いてみよう!」

片岡鶴太郎「ウチの近くで…彼が働いてたの。
      それが芸能界にデビューしまして…」

松本明子 「ダメ!ダメ!なんでもします!」

笑福亭鶴光「なんでもする?
      ほなカメラに向かって四文字言え!」

松本明子 「お〇〇こ!」

「お〇〇こ」って3回
 言ってしまったのです。

 

※音が出ますので音量に注意して下さい
当時の問題発言映像

 

今も当時も
アイドルに彼氏がいれば話題になるのは同じで
本気に
彼氏をバラされることを恐れて
「だったら言っちゃおうか……」という
思いで叫んだ後、
スタジオから
つまみ出されてしまった松本 明子さんは
「18歳で干される」という
最年少干されアイドルとなりました。

 

翌日新聞の朝刊の
芸能面ではなく社会面に
「新人アイドル歌手が生放送中に
 放送禁止用語生放送で発言」と
書かれるほどの騒動になり
以後、
半年間タレント活動を自粛し
謹慎させられることになりました。

 事実上は
 2年間にわたって、
 テレビ全体から干されてしまい
 アイドルから転落いてしまいます。

 

1984年8月に
きっかけとなった
「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」に復帰し
公開録音イベントが行われたましたが
またもや
放送禁止4文字を、
観客全員と一緒に叫ぶ羽目になり
後日の
オンエオンエア時には当然その部分に
自主規制音(ピー音)が入れられました。

 

当時、
交際していた男性アイドル(加藤○○さん)は
バイセクシャルとして有名な人物だっただけに
知られたくなかったのでしょう。

 

これが消すに消せない
語り継がれる有名な
「放送禁止用語」を叫ぶという
通称「4文字言葉事件」「松本明子事件」です。

 

この騒動の「主犯格」とされた
鶴光さんは、
その後の長い間に亘り
生放送の仕事が中々回って来なかったようです。

 

松本 明子さんにはお気の毒ですが
まさしく昭和の深夜放送ならではの
エロ路線にはまってしまったのです。

 

松本 明子さん曰く
まして新人ですから
「言った方が良いのか悪いのか
 今より
 アイドルとして売れるのかなとか」と悩み

「この4文字を言うと
 面白いぜーみたいな。のせられちゃって・・・」と
当時を振り返っています。

 

また
地方によって様々な呼び名がありますから
香川出身の松本 明子さんには
知らない言葉で意味が分からずに
言ってしまったらしいのです。

 

ともあれ
「不作の83年組」というレッテルが
人気を博したいとの思いが垣間見えますね。

 

仕事は謹慎になるし
学校に行くのも恥ずかしいし
女子からの無視で
女子風呂に入れさせてもらえなかったり
寮でも居場所がないほどで
駅のベンチで過ごしたり
公園のトイレで寝ていたりという生活の中
スーパーのケーキコーナーで
アルバイトをしていました。

 

松本 明子さん20歳位のとき
「ABブラザーズ」としてブレイクしていた
後輩の中山 秀征(なかやま ひでゆき)さんが
「ネエさん、よかったら、俺もいるし、
 バラエティー班に来ませんか?」と導いてくれて
「バラドル」として扉を開きます。


  提供:中山秀征さんTwitterより引用

 

ちなみに
「小泉今日子退場事件」というのもあり
女性ゲストが来ると
何かしら
いたずらを仕掛ける笑福亭鶴光さん。

笑福亭鶴光さんにとっては
いつものこと。

小泉今日子さんがゲスト出演した際
「楽曲」の紹介をさせ
イントロだけったりアウトロだけったりと
一部分しか曲が流れず
「もっと色っぽく言うてん」などと要求して
なかなか曲が流れないのです。

曲が流れてもCMになってしまう、いたずらに
「こんな番組2度と出ない!」と叫んで
放送中にスタジオを退出してしまったといいます。

実際は
小泉今日子さんだけでなく
楽曲はそのCM後に
フルコーラスで放送されています。

エピソードが付き物ですね。

スポンサーリンク




松本明子さん デビューから苦節37年で初コンサート!

松本 明子さん
1983年(昭和58年)
清純派アイドル歌手としてデビューし
この度、37年目にして
「松本明子 resents
 黄金の80年代アイドルうたつなぎ
 ~うれしなつかし胸キュンコンサート~」と題して
初のコンサートが決定し
ステージで歌うという夢が実現します。

 

「うれしなつかし」と「胸キュン」の言葉通り
初のコンサートができることになって
当時のマイクを持った光景がよみがえり
夢が叶い本当に嬉しい事でしょう。

 

きっかけは
2020年4月、
コロナ化によるステイホームが続くなか
「少しでも楽しめるよう何か出来ないものか」と思い
デビュー曲の
「♂×♀×Kiss(オス・メス・キス)」を
アカペラで歌った動画を
『#アイドルうたつなぎ』として
インスタグラム(4月10日)と
ツイッター(4月11日)に投稿しました。

 

まずは
同期の「不作の83年組」に相談し
デビュー曲を歌ってもらうよう協力してもらい
それが
バトンリレーのようにどんどん繋がり、
さらに昭和のアイドルだけでなく、
平成、令和のアイドルにまで繋がって
豪華な方々が参加しSNS上で大反響となりました。

 

「みんなが元気になれるように」と、
先頭をきって始めたわけですが
逆に、
松本 明子さん自身が
みんなから元気や勇気をもらって
癒された気持ちになり
その
「みなさんへの恩返しをしたい」という意味を込めて
BSフジの協力を得て企画され、
現実となった今回のステージ。


  提供:松本明子さんTwitterより引用

 

東京・
かつしかシンフォニーヒルズ
モーツァルトホールにて
2021/1/16(土)開催

出演者は
 布川 敏和さん(82年デビュー)
 森尾 由美さん(83年デビュー)
 浅香 唯さん(85年デビュー)
 西村 知美さん(86年デビュー)。

 

松本 明子さん
今だから言える昭和アイドルの裏話や
テレビで言えないようなネタ話も考えているようで
スペシャルトークも
楽しみにしてい欲しいといいます。

 

今後の抱負は
今回限りだけでなく
アイドルうたつなぎコンサートとして
昭和のアイドル、
平成のアイドル、
令和のアイドルがどんどん繋がって
定期的に
開催していきたいと願っているようです。

 

益々、夢が大きく膨らんでいますね。

「松本明子という
 名前を覚えてもらうためなら何でもやるぞ」と、
頑張ってきた甲斐が報われ
今後も
歌える場がひろがっていくことでしょう。

スポンサーリンク




松本明子さんの経歴や家族は?

松本 明子(まつもと あきこ)

 本名:平井 明子(ひらい あきこ)

 生年月日:1966年4月8日(54歳:2020年時)

 出身地:香川

 血液型:A型

 職業:歌手・バラエティタレント

 特技:茶道、ピアノ、節約料理、
    さぬきうどん作り、手芸

   香川と言えば
   讃岐うどんやアナゴが有名です。

 趣味:料理、節約

 事務所:ワタナベエンターテインメント
  (旧:渡辺プロダクション)

 兄妹:10歳上の兄

 

バラドルまでの経歴

母親には
自分の憧れていた宝塚の夢を娘に託すかのように
3歳頃からピアノ、バレエ、茶道、日本舞踊など
あらゆる習い事を習わせられました。

 

父親には
仕事から帰ると、
地元の繁華街の飲み屋に連れて行かれ、
歌を歌わせられてました。

 

小学生の頃から歌が上手いと評判で
のど自慢大会に出たり
いつのまにか
地元の広告やテレビCMに出たりしていました。

中学に入る頃には
歌手になる夢が芽生えます。

 

高松市立屋島中学校を卒業した15歳の春
瀬戸大橋もなかった時代
宇野駅と高松駅を結ぶ運航されていた
「宇高連絡船(うこうれんらくせん)」に乗り
盛大な見送りを受け
1982年3月25日
歌手を志して上京。

 

堀越高等学校普通科に入学

1982年、16歳
昭和を代表する
歌手デビューがメイン企画のオーディション番組
『スター誕生!』の第44回決戦大会に合格します。

 この時の出場者には
 本田美奈子さん、徳永英明さんがいましたが
 不合格となっています。

 

そして
渡辺プロダクション(当時名)に所属し
東京・国立のタレント寮に入り
1年ほどのレッスンを受け
堀越高等学校芸能コースに編入。

 

1983年5月21日、高校2年17歳
VAP(映像・音楽ソフトメーカー)から
「♂×♀×Kiss(オス・メス・キス)」で
アイドル歌手デビュー。

 

しかし
松本 明子さんはアイドル歌手でありながら
なかなか人気が出ずに低迷し
1984年の放送禁止用語事件で
追い打ちをかけるように
一時活動停止で仕事も激減し
売れっ子のクラスメイトがいる中
高校在学時は
毎日学校に通って芸能コース異例の皆勤賞。

 

ディスコグラフィーシングルとしては

発売日タイトル
1st1983年05月21日♂×♀×Kiss
2nd1983年09月21日キャラメル・ラブ
3rd1984年06月10日真夏のギャルソン
4th1989年11月21日この恋いけませんか
5ht1990年10月21日シンジナサイ!~学生節より~
6th1994年03月21日たとえば、ずっと…
7th1998年02月18日soon
8th1999年05月12日ステラ

 

1985年、映画で女優デビュー(18歳)
「ユー・ガッタ・チャンス」2月9日公開
「タンポポ」11月23日公開(19歳)

 

1986年(20歳)、テレビドラマ初出演
テレビ朝日、月曜ワイド劇場の
「女が会社に辞表を書くとき」

 

1987年(21歳)
フジテレビ系連続テレビドラマ
「アリエスの乙女たち」端役で出演。

 

日本テレビ系の若者向け情報バラエティ番組
「うるとら7:00」に出演し
この出演を機に
後に、「進め!電波少年(1992年~1998年)」で
司会として出演することになり大ブレークします。

 

1988年
フジテレビ系象情報番組
「お天気チャンネル」
お天気中継担当

 

1991年デビューから9年(25歳)
日本テレビ系バラエティ番組
「DAISUKI!(ダイスキ)」で
レギュラーMCに抜てき。

 

1992年
日本テレビ系バラエティー番組
「進め!電波少年」で司会を務め
テレビ史上類を見ない
バラエティ番組として幅広く認知され
抗議の的となるお騒がせ番組ともなり
「アポなし」を
世間に定着させた伝説的な番組として活躍。

 

自衛隊入隊や
旅ロケで
25センチ位のゴキブリを食べるなど
異様な様々な仕事をしてきて
日本テレビの
1990年代黄金期を支えた番組に貢献し
過酷で
多くのアブナイ企画にチャレンジしてきました。

 

松本 明子さんの快挙は
1995年2月「進め!電波少年」のロケで
当時紛争地帯である
パレスチナ国の中心都市ガザ地区へ向かい
パレスチナ初代大統領を務めた
「ヤーセル・アラファート議長」と
日本の芸能人「松本 明子」が
初めて直接接触した人として話題となりました。

 

同じく1995年、
日本テレビ系テレビドラマ
「たたかうお嫁さま」で主役主演
松本 明子さんの連続ドラマ単独初主演作です。

 

「ものまね王座決定戦」では
「女四天王」と呼ばれ
以降、
数多くの番組に出演し
井森美幸さんや森口博子さんに並ぶ
元祖バラドルとして活躍し
君臨していくことになります。

 
家族

松本 明子さんの実家は
香川の高松市屋島。

曾祖父は三重県出身で薬売り

祖父は香川県に赴任し陸軍大佐の連隊長

 これで、松本 明子さん出身の
 香川県との縁が繋がりました。

母方の祖父は丸亀市の初代市長

父の松本昌昭さんは香川県庁に勤務した後
民間会社の四国支社長

母の千恵子さんは芸者をしていました。

 

10歳年が離れた「卓」さんという
お兄さんがいます。

 

松本 明子さん
1994年に
両親を東京に呼び寄せたことで
実家は空き家のままとなり
「遺言で実家を頼む」という思いから
頑張って
実家を管理していましたが
体力的にも、限界を感じ
罪悪感を感じながらも売却を決意。

 

松本 明子さんは
1998年に
俳優の本宮 泰風(もとみや やすかぜ)さんと結婚、
 “本名:平井 康之(ひらい やすゆき)”

俳優の本宮 泰風さんと言えば
実兄は原田 龍二(はらだ りゅうじ)さん
 ”本名:平井 雅章(ひらい まさあき)”

 

原田 龍二さんにとって
松本 明子さんは義妹になりますが
年上なので、「姉さん」と呼んでいます。

 

この平井兄弟は共に
芸能界きっての喧嘩最強の男として有名ですね。

 

松本 明子さんの夫である
本宮 泰風さんは
数々のテレビドラマ、映画に出演し
特にVシネマでは
「ネオVシネ四天王」と呼ばれています。

 
本宮 泰風さんです。
※音が出ますので音量に注意して下さい


  提供:山口祥行(俳優・声優)さんのTwitterより引用

 

1996年
松本 明子さんと原田龍二さんが
共演していた「グッド・ラック」の
ドラマの現場に連れて来られたのが
本宮 泰風さん。

松本 明子さんと本宮 泰風さんが
ご対面することになり
松本 明子さん一目惚れで
出会ったその日に「ウチに来る?」と言いだし
松本家の両親と団らんし
その後
本宮 泰風さんも「ウチにも来ます?」と
本宮家の両親と団らんし
両家の実家に行って顔合わせを済ませ
恋愛がスタートしました。

 

時が過ぎ
プロポーズは
さすが姉様の松本 明子さん
「結婚する気があるんですか、
 ないんですか?」と詰め寄り
本宮泰風さんは
「結婚させて頂きます」と答え
1998年3月16日、入籍
松本明子さん、32歳の時です。

 

2000年5月に長男を出産し
相当な難産だったようで
名前は龍聖君です。

 

溺愛し過ぎて
「僕の人生をママに決められたくない!」とか
「指1本触れるな」とか
言われてショックでしたが
自然体がいいんだと気付き
黙って見守って
愛することだけに専念しています。

 

仲睦まじい(なかむつまじい)家族ですが
松本 明子さんは
洋服など家族内で着まわすほど
芸能界きっての「ドケチ」とも言われています。

 

幼少時から
祖母や母親が節約家という生活環境で育ち
当たり前に引き継いでいるだけです。

 

浴槽のお湯張りは13cmまでとか
高校時代の
アンダーウェアを今でも履いているとか
アンダーウェアが破れていても
お気に入りだからと使い続けているとか

それでいて家族も不満なく
協力してくれているというので
それはそれでそれぞれ。

ただのケチではなく
人のためには惜しみなく使うようで
「倹約家」なのです。

スポンサーリンク




まとめと松本明子さんの裏話

松本 明子さんの
アイドルデビューから
問題発言で転落し
苦節37年で初コンサートが出来ることや
経歴や家族など書いてきました。

 

もう少し
探ってみると
1984年
所属事務所の渡辺プロは
「10年に1度の逸材」と高く評価した
吉川晃司さんのデビュー宣伝費は1億円で
渡辺プロの金庫には3億円の現金しかなく
チョベチョベの松本 明子さんに
「ボロが出るからしゃべるな」と
注意されていたといいます。

 

1986年、
プロ野球の巨人「原 辰徳」さんの結婚で
世間を驚かせます。

原辰徳さんの結婚相手は
松本 明子さん。

同姓同名で芸能界で干されていた時期
松本 明子さんの
親戚は大喜びで
「よくやった」「でかした」と連絡をもらい
びっくり仰天でした。

 

1989年
ニッポン放送、生放送ラジオ番組の
「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」での事。

放送作家の
高田 文夫(たかだ ふみお)さんは
アシスタント役には
「松本 典子」さんを希望していましたが
本番直前スタジオにいたのは松本 明子さん。

高田 文夫(たかだ ふみお)さん
ひっくり返っるほどビックリでしたが
スタッフの単純な聞き間違いで
高田さんは「まぁいいか」と
スタートして以来
松本 明子さんと名コンビで
ニッポン放送の
お昼のワイドでは最長番組となりました。

「まぁいいか」って「間(ま)がいいのです」
どのように結果は付いてくるかはわかりませんが
「松本 明子」さんで正解だったと思いますよ。

 

2000年後半
汚職で逮捕された
官僚の奥様が接待漬けとなり、
贈賄業者とゴルフをする際の偽名が
「松本 明子」で迷惑な話。

 

数ある中、最後に
極めつけともいえる行動では
ある有名人のファンクラブ事務所に
勝手に潜り込んで
電話番をしたことがあって
完全無欠のドン引きですね。

 

昭和の『スター誕生!』は
1983年9月25日
12年間の幕を閉じ
歌手になる道しるべの場を失って
時代の流れは
漫才ブームとなっていったのです。

 

松本 明子さんの
更なる歌に期待し
バラドルの神髄は見逃せません。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました