幸せの「はひふへほ」の話。心癒す知恵ある人生の言葉は幸福への入口

スポンサーリンク

幸せの「はひふへほ」を

ご存じでしょうか?

幸せって何だろう?

幸せって人それぞれです。

他人の良いところを見て

幸せそうだと思っても、

当の本人は

幸せとは思ってないかもしれない。

他人の悪いところを見て

不幸せそうだと思っても

当の本人は

幸せだと感じているかもしれない。

幸せのかたちは、

人それぞれ違うのですから

比べるものでもありません。

幸せの「はひふへほ」

出典は様々あり不詳なのですが

幸せに生きるための

幸せの「はひふへほ」とは

は・・・半分でいい

ひ・・・人並みでいい

ふ・・・普通でいい

へ・・・平凡でいい

ほ・・・程々でいい

この幸せの「はひふへほ」を読んで

なんか、ホッと癒されて

私は、気持ちが楽になりました。

毎日が目一杯で疲れていませんか?

少し心の荷物を降ろし、肩の力を抜いて

気負うことなく楽に構えることも

時には必要だと思います。

この、幸せの「はひふへほ」は

すべてのものに共通する要素があり

今あることに満足しながら

「幸せの捉え方」を考えるものです。

「はひふへほ」の生活

今、目の前ある普通のこと

平凡でいる事ほど、幸せな事はないはずで

実は

この普通・平凡でいられる事、

これが簡単なようで一番難しいのです。

「はひふへほ」の生き方、考え方は

決して

受け身のような受動的でも消極的な生き方でもなく

欲張り過ぎず、過不足なく調和がとれていることで

望ましい生活を送る、知恵だと思います。

「はひふへほ」を上手く活用

今、

自分が持っている物が「半分」に減ったとします。

その時

「もう、半分になってしまった。」と思うか

「まだ、半分ある。」と思うか

考え方次第で次のステップが違うのです。

今の社会は、

人間一人に、 求められるもの、課せられるものが

短い時間の間で、非常に多過ぎるし大き過ぎるため

ストレスを抱えながらも

やらざるを得ない時があると思います。

迷いや不安に陥る人もいれば

(「はひふへほ」を思い出して下さい。)

逆に

「この仕事を成功させたい」という

欲望や欲求が高まる人もいます。

その

欲があるからこそ

人は努力することができるわけですが

乗り越えなくてはならない困難な事や

高い評価を得るためには

言わば

自分のハードルを上げる事になります。

ただ、注意したい事は

完璧主義のような

自分が目指すのは100点の状態という

常に満点を目指しているような人は、

自滅したり、潰されたり、はじき出される事があり

周りの人からすれば迷惑、厄介者と見なされますから

人との調和性を整えながら

状況を判断できる要素が必要となります。

失敗が怖いから、妥協はできないではなく

「失敗はおそれない事」であり

もし

失敗したら振り返って反省し

その反省に止まらず

リセットして前に一歩踏み出すことが大切です。

成長するため上を目指す事も

自分のハードルを上げる事も大切ですが

挫折してしまったら何の意味もありませんから

そのような時にはハードルを一旦下げて、

見えない抑圧から自分を解き放し

「はひふへほ」を思い出して頂きたいと思います。

最後に

私たち人間には

欲望という欲しがる心があり

他人の持つ物が羨ましく見えたり

自分に無い物を望んだり

もっと欲しいと言う欲望には際限がありませんが

人を意識する事よりも前に、自分の内側を知る事です。

今までの自分自身を認めて

自分の内側に

たくさんの素晴らしいものが備わっている事

多くのものを手に入れてきた事

今の自分が得てきたもの、持っているもの、

まずは、それに満足する事です。

すでに自分は持っているという事、

それが足りているということを知る事

「半分でいい」と思えば

今で充分、満ち足りていてるかも知れません。

多くを求め過ぎず、あるがままを受け入れ、

自分は今の自分のままでとっても価値があり

今の自分が充足していることを知る事、

「今の自分自身に満足することを知っている者」は

心が豊かで幸せに繋がるということです。

今、生きている事

命を授かっている事自体に、満足を知るという事、

普通でいられることがどれだけ大変か

当たり前の中にある幸せを感じられる事

それに気付いた人が、幸せを掴み

「ありがたい」と感謝する心が

湧き上がってくることでしょう。

その

ありがたさを現実に知っている人は、

当たり前をなくした人達だけです。

今あるもの

全てが遥かなる彼方からのプレゼント・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする