玉城ティナの女優の秘訣は可能性を広げ引き寄せる事!知性溢れる読書家の顔

スポンサーリンク

こんにちは(こんばんは)!
 
管理人の hiroro@ です。
 
 
今回ご紹介するのは
 
玉城 ティナ(たましろ てぃな)さん。
 
 
同世代の女性から支持を集め
 
モデル・女優業だけにとどまらず、
 
写真展を開催したりエッセーを執筆したり
 
活動の幅を着実に広げて
 
注目の若手女優として活躍しています。
 
 
玉城 ティナさんは
 
大人気ですから
 
色々な情報は出尽くされている感じで
 
ご紹介するような部分がないのですが
 
23歳になる前の
 
女優としての
 
インタビューがありましたので
 
その部分を書いてみたいと思います。
 
 
簡単な経歴と
 

 
人として女優として
 
成長するためには
 
どのような考えを持ちながら
 
仕事や生活をしているのか
 
玉城 ティナさんの言う
 
選択しているという思いは何なのかを
 
探っていきたいと思います。


◆関連ページのご紹介
 玉城 ティナさんの後輩で
 初グラビアに挑戦した
 神南 里奈(かんなみ りな)さん
 記事も掲載していますので
 よろしかったらご訪問願います。

スポンサーリンク




玉城ティナさんの経歴

 
玉城 ティナ(たましろ てぃな) 


  提供:instagramより引用

 
本名:玉城 ティナ(たましろ てぃな)

生年月日:1997年10月8日
 
血液型:O型
 
出身地:沖縄県
 
身長:164 cm
 
活動:2012年~
 
職業:女優
   元はファッション雑誌
   「ViVi」の専属モデル
 
事務所:Dine and indy
  (ディネアンドインディー)
 
趣味:歌・読書・ショッピング・
   旅行・写真・映画・音楽鑑賞
   文房具が大好き
 
特技:習字・英会話・絵
 
好きな食べ物:一番はフルーツ
     食べられるものは全部好き

朝起きて最初にする事:シャワーを浴びる
 
寝る前にする事:コンタクトを外す
 
浦添市立牧港小学校卒
 
浦添市立港川中学校卒
 
日出高校卒
 
 
父親はアメリカ人、
母親は日本人。
 
 
家の近くを部活着で友達と歩いていたら
事務所の社長にスカウトされたのが
きっかけで芸能界に入ります。
 
 
玉城 ティナさん中学3年生(14)の
2012年7月13日
 講談社が主催する
 女性アイドルオーディション
「ミスiD(アイドル)2013」の
 初代グランプリに輝きました。
 
「美少女すぎて息ができない!」と
 選考委員を熱狂させたといいます。
 
 その時の公称サイズは
 B 73:W 59:H 82
 
 14歳で講談社「ViVi」の
 最年少専属モデルとなりました。
 
 
2014年1月
 TBSドラマNEOの
「ダークシステム恋の王座決定戦」で
 ドラマデビュー。
 
 
2014年8月号(6月23日発売)で
「ViVi」の初の単独表紙を飾りました。
 
 
2015年6月
「天の茶助」の茶助の妹で
 映画デビュー。
 
 
テレビドラマ、映画、CM、写真集、執筆など
毎年、合間無く活躍が広がり 
特に
2019年に公開された映画
「惡の華」 (2019年9月)と
「地獄少女」(2019年11月)で反響を呼び
「新たなスターの誕生」と評され
玉城 ティナさんは個性的な役を演じ
ほれ込む女優として著しい成長を見せ
存在感が絶賛されるまでに至ったのです。

玉城 ティナさんの
所属事務所のDine and indyでは
「第2の玉城ティナ発掘オーディション」を
開催していますが
それだけ
玉城 ティナさんは看板女優だと言えます。


余談話

玉城 ティナさんの幼いころは
・水泳
・ダンス
・そろばん
・習字
・ピアノ
・英会話
・太鼓
・二つの学習塾など、
 さまざまな習い事を経験し
 一番長く続いたのは習字で
 書道5段の腕前。
 
 バレエは即、辞めました。
 
 好奇心旺盛でも習い過ぎで
 そもそも、
 飽きっぽいそうです。
 

将来の夢は
 両親から
「公務員になりなさい」と
 言われていたため、
 小学校の卒業文集には
「公務員」と書いています。

 スカウトされなかったら
 公務員になっていたかも知れませんね。


中学卒業後すぐに上京して
高校1年生の夏に
通信制課程に切り替えたため
ほとんど私服で登校していましたが
高校卒業を控えた2016年3月には
制服で参加しています。

制服という
学生時代にしかできない経験ですから
「もっと制服を着ておけばよかった」と
思ったようです。

この投稿をInstagramで見る

卒業?

Tina Tamashiro 玉城ティナ(@tinapouty)がシェアした投稿 –


  提供:instagramより引用


「たまかみ」ってご存じですか?
玉城ティナさんの髪型ですね。
 
トレードマークは
赤いリップと前髪のパッツンボブで
抜群のファッションセンス。

仕事の区切りがついて終わった時や
新たな気持ちになったとき
髪色を変えて毎日鏡を見て楽しんでは
メイクやコーディネートを考え
バランスを意識してアレンジしては
一日を明るく過ごすようにしています。

スポンサーリンク




玉城 ティナさんの選択肢を広げ引き寄せる

玉城 ティナさんは
2020年11月で
23歳になりましたが
22歳時のインタビューで
女優として思っている事を語っています。
 
そのインタビューを基に
個人的に思う所感を述べますので
玉城 ティナさんの思いに
相違する面もあるかもしれませんが
ご了承願います。
 
 
玉城 ティナさん曰く
可能性を広げるにあたり
「選択肢を広げることが重要」との事。
 
 
女優業でも生活でも生きていく上でも
選択肢を広げることが
一番重要なことで
つまりは
可能性も広がって行くことになります。

 
では
その選択肢を広げるということは
選択肢を増やして
例えば、
「この役柄は出来ない」ということがあれば
出来るようにするために。
 
出来ること、やれることは
それ以上にやれるようになることで
自身の演技力がアップし活動も広くなり
選択肢の幅を増やすことが大切な事にまります。
 
 
選択しているものが
一つしかなければ一つの答えしかなく
選択しているものが複数あれば
複数の中から答えを選び取ることで
現在の立ち位置がよりプラスされ
女優としての道が広がります。
 
 
玉城 ティナさんの
様々な場面、出来事を通して
自身が思い描く選択肢は「役立つモノ」。
 
 
玉城 ティナさんの
生活、演技をするうえで「役立つモノ」は
仕事であったり
仕事以外の身近なプライベートから
好きな本を読んだり、映画を観たり
旅行に行ったり、人を観察したり
色々な事を通して
自分の思ってもいなかったことから
経験にないことまでも選択肢として
吸収して増やしています。
 
 
自分の知らなかった
モノの見方
新しい発想や新しい考え方を知ることが
「選択肢の幅が広がる」という事になります。
 
 
そして
選択肢の幅の引き寄せを高めるために
相手に興味を持ってもらわなければ
周りの人は寄ってこないし
自らが近寄って行って
積極的に
得意なところや自分の持っているモノを
「私はこういう人です」と
伝えられるよう
自分の事をもっと知ることも必要なのかなって
思っているようです。
 
 
今後何十年後にも
女優として愛され必要とされるよう
22歳の時に思っていた
玉城 ティナさんの選択肢です。

玉城 ティナさんの引き出しを開ける

玉城 ティナさんは
選択肢を
「引き出し」とう表現で言っていますが
自分の「引き出し」は経験を積み重ね
成長するにつれても
引き出しの数や幅は広くなります。
 
 
ひとつの作品を制作する上では
自分で選択を決められる部分と
自分だけの考えや思いだけでは
決められない部分とがあります。
 
 
状況によっては
思いもよらないところで
その引き出しが
つかえたりするそうですが
自分の思い通りには
いかないということです。
 
 
玉城 ティナさん自身が
「違う引き出しを開けよう」
「開けたくなっか
 引き出しを開けなければ」と思っても
監督やプロデューサーから打ち出されて
「周りの人に引き出しを開けてもらう」
「自分も気付かなかった
 引き出しを開けてもらえる」など
自分の予想を超えた
開けきれなかった引き出しが
どんどん開いていきます。
 
 
玉城 ティナさんは
自分で開ける引き出し
人が開けてくれる引き出し
そのバランスを整えながら
知らずに引き出しが
どんどん開いていくことが
おもしろくも難くもある女優の仕事で
自分を理解することにつながって
やりがいのある仕事であり
「こうあるべき」とか考えず、決めつけず
視野を広く持って
自分らしく
女優の仕事をしていきたいと思っています。
 

引き受ける仕事に
「これはダメ」っていうものはなくして
信念と言うか
決まってしまえばもうやるしかないので
決めた後のことは考えずに
「やってやるぞ!」「乗り越えるぞ!」という
自分の限界を決めないで
「今できること」を
常にその時をベストでいられるよう
着実に積み重ねていけるよにしています。
 
 
結果として
玉城 ティナさんの演技は
知的な魅力を秘め輝いています。

スポンサーリンク




玉城 ティナさんの知性派の魅力

玉城 ティナさんの
簡単な経歴や
今の仕事に対する思いを書いてきました。
 
最後に
玉城 ティナさんについて
もう少し、お話したいと思います。
 
 
玉城 ティナさんは
結構、怠け者で
決めないと動かない人でもあり
モノにも人にも執着しないタイプ。
 
 
何か好き物を買って
それを無くしても
「集めているわけではない」からと
必要なくなったものは
人に譲ったり
メルカリに出品したこともあります。
 
 
「過去には戻れない」からと
過去にも執着はなく
唯一あるとすれば
自分に執着して
「頑張ろうかな」と思っている人で
人と比べることなく
「気にしなくていいんじゃない」と
楽観的な感じですが
大切なのは
人との価値観の共有だと言っています。
 
 
玉城 ティナさんの
素顔は
読書をこよなく愛する「文学女子」で
本は子どもの頃からよく読んでいで
時間があるときは
書店に行って本を買っています。
 
2017年秋には自身の写真集に
初の短編小説を書き下ろしています。

 
読書の魅力は
世間から解き放れ、
自分ひとり
物語の自由な内容の世界に入って
穏やかに過ごせる時間です。
 
 
女性作家の本が多く
江國香織さん、
宮下奈都さん
島本理生さんなど
女性的な視点で
日常に寄り添ってくれる本が好きで
良くなりたいとか学ぶためとか
特に
目的があって読んでいる訳ではなく
玉城 ティナさんの
読書は女友達の代わりになるような
ゆったりした読書スタイルです。
 
 
本の選び方は
平台に置かれている
「今、この本がよく読まれている」という
本は選ばず
書店の棚の中から手に取って
そのときの自分の気分によって
選ぶジャンルは違ってきますが
なぜか勘が働き
読みたいと思う本が決まるという
玉城 ティナさんらしい本とのめぐり合い。
 
 
そんな玉城 ティナさんにも
悩んだり迷ったりする事はあるわけで
そういう時は「寝る」「泣く」です。

 
  提供:instagramより引用


凄く落ち込んだら
寝て「まあいっか」となって
泣いて「スッキリ」して
嫌なことを忘れていきます。


玉城ティナさんの
女優として活躍が止まらない人気は
今後も見逃せないですね。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする