ニュース

田中友理容疑者のFacebook顔画像「痛恨の一刺し女」ブルグリンコート難波タワー大阪市浪速区大国1丁目刺殺事件

ニュース

田中友理容疑者(33歳)は大阪市浪速区のマンションで、同居の松井響さん(24歳)を刃物で刺し、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕。

事件現場は調べたところ、大阪市浪速区大国1丁目の「ブルグリンコート難波タワー」マンション。

痛恨の一刺し女、田中友理とはどのような人物なのか、Facebookやインスタグラム顔画像、動機、事件内容を調べました。

田中友理のFacebo顔画像

田中友理容疑者(33歳)のFacebookアカウントはあるのか調べました。



「田中友理」でのフェイスブック検索結果は100件ほどです。

殺害された松井響さんのFacebookと共に

田中友理容疑者との友達繋がりも含め調べましたが、田中友理容疑者のフェイスブックと思われるアカウントは、今のところ見つかりません。

ただ気になる、松井響さんのFacebookがありましたが、現時点では判断できません。

Twitter、Instagramでも「田中友理」を検索しましたが、判明するには至りませんでしたが、気になる松井響さんのインスタグラムがありました。

しかし、このInstagramも松井響さんのインスタグラムと、今のところ断定できません。

5ちゃんねるスレッドにあった書き込みによると、松井響さんのInstagramだとする投稿があり田中友理と松井響さんの顔画像がありました。

田中友理のインスタグラム顔画像

5ちゃんねるスレッドにあった、松井響さんインスタグラムによる、田中友理と松井響さんの顔画像。

インスタこれな。
犯人と被害者
https://○○○○○○○○.jpg
被害者と犯人
https://○○○○○○○○.jpg

田中友理と松井響さんだという、2ショットが投稿されていました。

事件現場はブルグリンコート難波タワー

事件があった場所の情報は「阪市浪速区大国のマンション」。

報道された画像から探します。

日テレNEWS

上記画像の右下の門柱のような黒い部分を拡大してみると

「フルクリンコート??」と見えるので「大阪市浪速区大国 マンション フルクリンコート」で検索。


「ブルグリンコート難波タワー」が正式名称でした。

住所は「大阪府大阪市浪速区大国1丁目11-7」。

Googleマップで確認。

Googleストリートビューで更に確認してみました。

この「ブルグリンコート難波タワー」マンションが報道画像と同じ建物です。

ブルグリンコート難波タワー裏側のマップ画像

裏側のマンション画像も報道と一致しています。
事件があったのは4階。


日テレNEWS

田中友理の住んでいた事件現場は、大阪府大阪市浪速区大国1丁目11-7のブルグリンコート難波タワーです。

田中友理の「痛恨の一刺し女」

田中友理は松井響さんの背中を包丁で刺し、結果、松井響さんは病院に搬送されましたが、死亡してしまいました。

田中友理は「殺意を持っていなかった。こんなに刺さると思っていなかった」と供述しています。

「こんなに刺さるとは思わなかった」って、今までに聞きいいたことが無いのではないでしょうか?・・・

殺意無ければ持たない、包丁を持った時点で「死なない程度に刺す」なんて考えられません。

松井響さんの刺し傷は一ヶ所のみで背中かた肺にまで達し、田中友理の痛恨の一撃ならぬ、痛恨の一刺し!

「本当に死ぬとは思ってなかった」のだろうか?


犯人の女は「殺意は持っていない。
こんなに刺さると思わなかった」と言ってるが、殺意がなければ腕や足などに行ってるはず。
背中に行ってりゃ「未必の故意」で殺人が妥当かと思います。
カッとなって衝動的に刺してしまったんだろうな。
恋愛感情のもつれか?
あくまで予想でしかないけど、年の差から考えて遊ばれていた感は否めないし、女性の方は結婚とか考えていてもおかしくない歳だからなぁ。
まぁ何にしてもどんな理由があったにしても、殺してしまってはダメだし一生背負っていくしかない。
最近こういった交際相手や夫婦間での殺人事件が多いけど、一時の感情で、それなりの時間一緒に過ごした相手を傷つけられる、殺められる神経が自分には理解できません。

田中友理はアルバイト、松井響(きょう)さんは職業不詳(現時点)、このあたりも一因しているかもしれません。

送検時の報道もその後の報道もありませんし、これもお蔵入りの可能性がありますが、動機等、分かり次第掲載していきます。

大阪市浪速区大国1丁目刺殺事件

2022年10月16日午前2時ごろ

田中友理容疑者(33歳)は、大阪市浪速区大国1丁目のブルグリンコート難波タワーマンションで、同居する職業不詳の松井響(きょう)さん(24歳)を刃渡り約15センチの包丁で刺しました。

田中友理自ら「彼氏の背中を包丁で刺した」と消防に通報。

通報を受けた警察官が、田中友理を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕。

松井響さんは背中に包丁が刺さったまま倒れていて、病院に搬送されましたが、午前4時26分死亡が確認。

骨の間をすり抜けて肺にまで到達し、松井響さんの死因は動脈が損傷したことによる出血性ショック。

田中友理は取り調べに対し「殺意を持っていなかった。こんなに刺さると思っていなかった」と供述。

容疑を殺人に切り替えて、詳しい動機などを調べています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました