ニュース

吉田稔Facebook顔画像判明か!「俺のカツオは俺がいただく」焼津冷凍カツオ窃盗30年

ニュース

静岡県焼津市にある漁港の「焼津港」で水揚げされた冷凍カツオを窃盗し一連して7人も逮捕されました。

主犯格の1人は吉田稔(よしだみのる)焼津漁業協同組合職員です。

吉田稔はどのような人物なのか!

吉田みのるのFacebookで顔画像特定なるか?

フェイスブックからカツオ泥棒、吉田稔を調べていきます。

吉田稔Facebook顔画像判明か!

水産加工会社「カネシンJKS」の元社長の進藤一男、部下の奥山善行と焼津漁業協同組合員の外港売場係長の吉田稔が主犯格とされています。

Facebookで「吉田稔」を検索していきます。

結果、フェイスブック「吉田稔」は100件でした。

フェイスブック吉田みのるは、かなり多いですが順にFacebook吉田稔の静岡在住をみていきます。


上記10人、Facebook「吉田稔」で、勤務先が焼津漁業協同組合で静岡県焼津市在住の吉田みのるがヒットしました。

全員の吉田稔のフェイスブック確認後に見てみます。

以下、フェイスブック吉田みのるを調べていきます。


上記11人、フェイスブックよしだみのるでは、静岡市在住が1人です。

Facebook確認しましたが静岡市在住だけで顔画像もなく、友達関係も調べましたが該当しませんでした。


上記11人、Facebookよしだ稔では、静岡在住はいませんでした。


上記11人、Facebookよしだ稔では、静岡在住はいませんでした。


上記11人、Facebook吉田稔では、伊豆市在住が1人です。

フェイスブック確認しましたが、20○○年に伊豆市に在住されたので該当しません。


上記11人、フェイスブック吉田稔では、静岡市在住が1人です。

フェイスブック確認しましたが職業が違うので該当しません。


上記11人、フェイスブック吉田稔では、静岡在住はいませんでした。


上記11人、フェイスブック吉田稔では、静岡在住はいませんでした。


上記13人、フェイスブック吉田稔では、静岡在住はいませんでした。

Facebook吉田稔の検索では静岡県在住が4人でしたが、最初の10名の中の1人、フェイスブック吉田みのるが職業と居住地が一致しています。

カツオ泥棒のFacebook吉田稔なのか確認していきます。

静岡県焼津市在住のフェイスブック吉田稔の勤務先は「焼津漁業協同組合」。

高校卒業が2000年でその後、焼津市漁業協同組合に努めています。

高校卒業2000年ということは1981年生まれですから、40歳です。
Facebook吉田稔の投稿内容に、「81年仲良し三人組」とありますので、1981年生まれであることが分かります。
吉田稔は40歳ですから年齢が該当します。
2012年にアップされたFacebook吉田稔顔画像
2011年にアップされたフェイスブック吉田みのる顔写真
市場で働くFacebook吉田稔顔画像
Facebook顔画像よしだみのるのヘルメットには「魚○○」と書いてあります。
Facebook吉田稔の職場、年齢は一致ですが、吉田稔の顔画像が公開されていないため顔画像はまだ出せないところです。

吉田稔「俺のカツオは俺がいただく」

カツオ泥棒は30年も代替わりして続いていました。
吉田稔が焼津漁業協同組合に就職して20年。
当初、吉田稔は指示されてカツオ泥棒に染まっていったことがわかります。
吉田稔はカツオの荷さばきや計量責任者、外港売場係長と偉くなって支配できる立場になり、主犯格と同様にいつしか取り仕切る立場になっていきます。
「俺が!俺の!俺のカツオ!なんだから、俺がカツオを取り仕切る」だから「カツオは俺がいただく」と悪の行為は指示されながら日常化してしまいました。
吉田稔は計量業務担当の帳付人(ちょうつけにん:帳簿に記入する人)。
正規に計量して水揚げされた冷凍カツオをトラックに積み込むはずが、計量を通さず
カツオを運び去るという代々続いてきた組織的な犯行。
よしだみのるは計量責任者ですから、計量せずにトラックに積み込むのはたやすいことで、対価として報酬を得ることに慣れて甘んじていきます。
「Facebook吉田稔」が該当している吉田稔なら、その見返りの金で海外旅行もしていたようです。
グアム旅行です。
吉田稔の漁協や運送会社も当然避難されてます。

命懸けで漁をした魚をどうどうと盗んで売り上げて、デカイ顔して商売のイロハのこうしゃくたれて、我が物顔した運送会社が独占した港で泥棒鰹運び、保管も経費がかかると値上げした冷蔵庫が泥棒鰹でお腹一杯でもう入らないと断る。

真面目に商売してる地元の企業さんを裏切る漁協。全て潰せ。
新しい風を入れろ。かなり大変だけど、必ず何とかなる。
真面目に商売している方々が焼津を生まれかわらせる。
下等な下品な奴らは全て潰せ。

吉田稔は真面目に商売してる地元の企業さん、漁師さんを裏切った行為でした。
漁師たちは
安い給与で真面目に魚を取って来た自分が馬鹿みたいだ
カツオ窃盗事件が公になり、自ら出頭した吉田稔の性格があらわれるコメントがありました。

吉田稔は気の弱い性格だった

カツオ泥棒は指示されていた代々の窃盗ですから、吉田稔が焼津漁業協同組合に就職した当時は、窃盗が行われていてその手伝いをしていました。
吉田稔は断ることができない本来気の弱い性格だったことがわかりました。

知り合いの投稿がありました。

東京新聞では
逮捕された吉田容疑者を知る関係者は、「気が弱い性格。窃盗を指示していたとは思えない」と話す。別の関係者は「本人は(業者の)補助をしてお金をもらったという思いが強いと思う」と話した。

テレビ静岡では
本来、計量は漁協の職員が行いますが、職員の人出不足で日常的に運送会社が代行していました。

こうした状況を悪用する手口を手引きしたのが、漁協職員の吉田容疑者とみられています。

これじゃ印象が全く違う
前も書いたけど吉田容疑者の同級生だった家族は気弱で主導的な役割は絶対してないと思うと言ってた

友達もみんなそう言ってるんだって東京新聞は30年ほど前から窃盗の噂があったとも書いている
どんどん調べてほしい

身内が今日逮捕された人の同級生だったんだけどおとなしくてこんな事やるような人じゃないと思うって言ってた

脅されたんじゃないかと思うくらい、ありえないって言ってたな

中学校の同級生だから、20年以上前の記憶だし、人の性格も変わっちゃうのかもしれないけど

上記の投稿にあるように、吉田みのるは「気の弱い性格」だから主犯格ではない、だまされていたという話です。
吉田稔は気が弱いから断れなかったということですが、気の弱い性格、騙されていたにせよ、代替わりしながら30年続く窃盗は受け継がれてきました。
吉田稔の性格を知って利用され続けてきた果てに、吉田稔も長年の歳月で味をしめて一端を担う漁協職員に成り下がったのも間違いありません。
しかし吉田稔は見返りに報酬をもらっていたカツオ泥棒。
トラック運転手に対するコメントでは
逮捕されたトラック運転手もそんな感じらしいな。
仕事として常習化して断れない奴にやらせてたのか?
としたら警察で全てぶちまけそうだなw

トラック運転手も仕事がなくならないよう断れなかった人もいるでしょう。

焼津冷凍カツオ窃盗30年

冷凍カツオの泥棒30年事件概要

逮捕された人物を整理すると

  • 水産加工会社「カネシンJKS」(焼津市浜当目)
    1.元社長:進藤一男(60歳)
    2.元常務取締役:奥山善行(47歳)
  • 焼津漁協職員(焼津市栄町)
    3.吉田稔(40歳)
    4.青野友成(31歳)
    5.山本雅基(30歳)
  • 運送会社「焼津港湾」(焼津市野秋)
    6.白鳥賢(さとし)(47歳)
    7.杉山智良(43歳)

まとめると

  • 水産加工会社「カネシンJKS」の進藤一男が窃盗指示
  • カネシン部下の奥山善行も加わり窃盗指示
  • 漁協職員計量責任者の吉田稔に冷凍カツオの抜き取りをさせる
  • 吉田稔は他会社の水揚げカツオの計量を誤魔化す
  • 吉田みのるは見返りに金銭授受
  • 漁協内職員、運送会社にまでに及ぶ組織的な犯行となる
  • 「カネシンJKS」にカツオが届けられる
  • 30年に及ぶ代々からの冷凍カツオ窃盗事件

カツオ泥棒の構図

出典:中日新聞

他会社では「命がけで捕ってきたカツオを奪うとは許せない」と証言しています。

一番の悪党?

本当の黒幕と呼ばれていた焼津水産関係のドンは歳でとっくに死んじまったからなあ。
あの人が逮捕されりゃ業界ひっくり返っただろうなあ

 

黒幕はカネシン社長ではないのか?引き続き調べていきます。

【追記】吉田稔の主張

【追記】11月16日
吉田稔の自供では、3年前にカネシンJKS元社長の進藤一男から話を持ち掛けられ、カツオの抜き取りをしましたがトラック運転手に指示はしていないし、事件も主導していないと主張しています。

20年あまり前の時点で、すでに漁港ではカツオの抜き取りが行われていて、上司の指示で吉田稔自分も手伝い、後日、現金をもらっていたのは事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました