ニュース

都庁舎内でセックスしていた男女職員は誰?あそこは元気な いい歳こいたイケオジ・イケオバ判明か!

ニュース

西新宿の高層ビル群にそびえ立つといえば、東京都庁が浮かびますす。

東京ど真ん中の都庁舎内でも、勤務時間中にそびえ立って受け入れた男女職員によるワイセツ行為で、2人は停職3カ月という東京都懲戒処分になりました。

都庁内でセックスしていた男女職員は誰?

都庁舎内でワイセツ行為をしていた男女職員とは!

わいせつな行為って聞くと、ニュアンス的に悪く響きますが、男女職員が行っていたワイセツとは都庁舎内でセックスしていたっていうことです。

都庁舎内の職員ですからわいせつ行為を追求されるのはやむを得ないところで、都庁内でセックスしていた職員は誰かと言うと、オリパラ準備局に所属する52歳の男性職員と、新型コロナウイルス対策を担う福祉保健局の49歳の女性職員です。

ワイセツ行為が発覚し9月28日、3カ月の懲戒処分となりました。

わいせつ行為、つまりセックスをしていた都庁職員は、仲の良い同僚同士で、2012年8月から2017年3月にの約4年半にも渡って、281件にも及ぶ私的メールで都庁舎内の業務用パソコンを使って2人は連絡を取り合い、行為に及んだり行為後の感想までもメールでやりとりしていました。

後に、都庁舎内の業務用パソコンを使用していたことがアダになり2人の秘密メールの履歴が残ってバレてしまうわけです。

男性のオリパラ準備局員は、メールのやり取りは認めていますが性行為については否認しています。

女性の福祉保健局員は「肉体関係を迫られ断れなかった」と言っていますが、仲の良い同僚同士なら「断る」のはできたハズで「断れなかった」というのは求めていたということです。

都庁内でセックス行為は前代未聞でとにかく大胆で、まして都庁内のセックス場所は、だいたいが偉い人用の「執務室」のフロア付近。

東京都庁で見学できる場所はありますが、執務室スペースは見学できないので2人の男女職員にしては穴場だったわけです。

それが都庁第一本庁舎の執務室で、目立たないような人影のない場所ですから、見ている人は見てる、知っている人は知っているということで、2人の「関係」は正義者か悪徳者か内部告発の匿名で通報され2019年から調査が始まり、8年前となる2013年2月と9月の2回、都庁内での性行為があったことが今更ながらに確認されました。

あそこは元気な いい歳こいたイケオジ・イケオバ判明か!

あそこは元気ないい歳こいたイケオジ・イケオバは!

オリパラ準備局に所属する52歳のイケオジ職員。

新型コロナウイルス対策を担う福祉保健局の49歳のイケオバ職員。

 

9月28日の東京新聞WEBによると

28日、勤務時間中に業務用パソコンで使用メールを送り合い、都庁舎内でワイセツ行為をしていたとして、オリンピック・パラリンピック準備局の男性副参事(52)と、福祉保健局の女性主事(49)をいずれも停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

都によると2人は2012年8月から13年3月にかけ、私用メール計281通を送り合った。13年には副参事が主事を誘い、庁舎内で2度、わいせつ行為をしたとされる。19年、都の公益通報窓口にメールのコピーが送られて発覚。副参事は「記憶にない」、主事は「ずるずると求めに応じてしまった」と話しているという。

 

この東京新聞WEBで新しい情報が入りました。

イケオジ男性はオリパラ準備局の副参事(52)、イケオバ女性は福祉保健局の主事(49)。

いい歳こいたイケオジは副参事ということ、イケオバは主事ということがわかりました。

 

東京都では階級的呼称が存在します。
・理事、専門理事(局長)
・参事、専門参事(特定職部長及び部長)
・副参事、専門副参事(統括課長及び課長)
・主事(課長補佐以下)

イケオジ(52)はオリンピック・パラリンピック準備局の副参事、つまり課長級であることがわかりました。

イケオジとイケオバが性行為をした当時、イケオジは他の部署に所属する主事でしたが、オリパラ準備局副参事(課長)としての責務を果たしオリパラが無事に終わったのと同時に出世コースの道から飛ばされてしまいまい、あそこ共々元気に立ち上がれるのか。

 

日付のない「東京都作業部会 委員名簿」によると


赤字は変更や追加の人事異動です。

副参事は課長ですから
・総務部調整担当課長「川田 正敏」

・総務部調整担当課長「右島 賢光」

・計画推進部運営課長「原 陽一郎」

・計画推進部セキュリティ担当課長「鑓水 博哉」

・大会施設部施設調整担当課長「臼井 万寿雄」

果たしてこの中に元気なあそこのいい歳こいたイケオジはいるのか!

もう一つ、気になったのはネットの匿名投稿にあった「柏木」という人物名、次の日には削除されてしまいましたが「柏木」という人物もいるのか調べていきたいと思います。

 

イケオバは福祉保健局の女性主事(49)。

主事は、「主」と付くのでリーダー的な職と思われがちですが、入都してはじめに付く肩書きで、課長補佐以下のいわゆるヒラ職員で女性職員が働く福祉保健局では、様々な職場で様々な職種がありました。

総務部
指導監査部
医療政策部
保健政策部
生活福祉部
高齢社会対策部
少子社会対策部
障害者施策推進部
健康安全部
感染症対策部

 

2chに掲載されていた投稿によると

オリンピック・パラリンピック準備局及び福祉保健局職員の服務規律違反事故
(1)懲戒処分の内容等
事故者 区分 職層 年齢 性別 内容
事故者A 副参事 52 男性 停職3月
事故者B 主事  49 女性 停職3月
(2)事故の概要 事故者A及びBは、平成24年8月から平成29年3月までの間、業務に使用する端末を不適正に使用し、勤務時間中に私用メールの送受信を行った。また、平成25年2月及び同年9月事故者Aはメールで事故者Bを誘い出し、庁舎内でわいせつな行為を行った。 なお、事故者のBは、過去にも業務に使用する端末を不適正に使用し、懲戒処分を受けている。

 

驚くことに、イケオバの福祉保健局49歳の女性職員は、過去にも懲戒処分を受けています。いつまでたってもあそこは元気に課長補佐以下でイケオジと性行為をした当時から福祉保健局主事として働いています。

続けていい歳こいたイケオジ・イケオバ調べていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました