ニュース

小野真由美の顔は孫を熱中症死させたネグレクト「ゆうはちゃんを溺愛していた父親はDV」2歳児放置大阪府富田林市小金台4丁目

ニュース

小野真由美(46歳)と同居していた桃田貴徳(50歳)は、大阪府富田林市小金台の集合住宅で一緒に住んでいた孫の小野優陽(ゆうは:2歳)ちゃんを、約11時間自宅に放置したままUSJに遊びに出かけていました。

このウソがバレ、約57時間放置していたネグレクト。

置き去りにされたゆうはちゃんは熱中症で死亡し、小野真由美と桃田貴徳は保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

小野真由美の本性の顔はネグレクト、ゆうはちゃんの実の父親は溺愛していたのにDV、複雑家族の小野真由美の大阪府富田林市小金台4丁目放置事件を調べました。

小野真由美の顔は孫を熱中症死させたネグレク

小野真由美にとって小野優陽(ゆうは:2歳)ちゃんは孫です。

ゆうはちゃんを自宅に置き去りにして熱中症で死亡させたネグレクトです。

祖母の小野真由美(46)と内縁の夫・桃田貴徳(50)は自宅に小野ゆうはちゃんを11時間も放置したまま「育児ストレス発散のためにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に遊びに行っていた」ということです。

祖母の小野真由美顔画像

MBSニュース

ANNnewsCH

内縁の夫、桃田貴徳顔画像

ANNnewsCH

自宅に置き去りにされた、ゆうはちゃんは2歳にして大人の都合で熱中症で亡くなりました。

小野真由美と桃田貴徳は、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行っていたことを認めています。

出だすことも出来ない板張りのベビーサークルに入れられ、サークル内には飲食物もありませんでした。

エアコンは28度、扇風機1台を稼働していたと言ってますが、四方板張りでなぜか窓が開いていたということですから、通気性が悪くエアコンや扇風機の意味がありません。

2020年6月、優陽ちゃんが入浴中に溺れて一時意識不明となる事態が起きていることなどから、日常的に「虐待があったのではないか」という点も視野に取り調べられています。

ユーチューブコメントでは



お前らがUSJに行くより、大きくなるまでのこの子にUSJ行かせたいと思わなかったのか?
女の子も本当にこんなところに産まれずもっとまともな人の家に産まれてきたかっただろうな
生まれてから2年、ただただ不遇な環境のまま亡くなってしまったんだろうな
幼児を平気で放置できる無神経さが信じられない
祖母の内縁の夫がというパターンとは。
孫よりも男、祖母より一人の女を優先したのか。
無理なら施設に預けることをなぜしなかった。?
世間体?
せっかく生まれた命を優先に考えることは出来なかった悲しい事件。
親にはもっと反省してほしい。
慢性的に育児放棄(ネグレクト)状態だった可能性があります。

自宅は富田林市小金台4丁目のUR都市機構小金台団地

小野真由美の自宅は報道の画像から検索しました。

ABCニュース

TBS NEWS

Googleで「大阪府富田林市小金 集合住宅」と検索。

画像と似たような集合住宅の「UR都市機構小金台団地」が検索されましたので調べると、小野真由美の自宅住所は「UR都市機構小金台団地」の「〒584-0083 大阪府富田林市小金台4丁目2-1」の3階です。



Googleストリートビューでは入り込めませんでした。

小野真由美の自宅からUSJまでのマップ

車で約1時間ほどです。

【追記】小野真由が泊っていたいたホテル判明

小野真由美と桃田貴徳がUSJ周辺のホテルに宿泊していた、ホテルがわかりました。


日テレNEWS
ただ報道で「このホテルに泊まっていた」との解説はなく、このホテルが映されたことから、小野真由美と桃田貴徳が泊まったホテルと判断しています。

アイボリー系のようなクリーム系のようなベージュ系のような外壁、そして黒系の外壁と渡り廊下のようなものが特徴的なホテルです。

「USJ周辺のホテル」で画像検索。

赤丸のホテルの色合いが似ているので、Googleマップストリートビューで確認しました。

ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンです。
大阪府大阪市此花区島屋6丁目2-25

このホテルと報道画像は一致していると思います。

後の報道で「連泊している」とのことが明らかになりましたが、このザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに連泊したのかはわかりません。

一泊ずつ違うホテルを利用していた可能性もあります。

小野真由美の複雑な家族関係

小野真由美は、大阪府富田林市小金台4丁目2-1のUR都市機構小金台団に内縁の夫の桃田貴徳と他に3人の子どもたちと5人で住んでいました。

小野真由美
内縁の夫の桃田貴徳
小野真由美と桃田貴徳との子どもの五男(5歳)
小野真由美と前の夫との四男(15歳)
小野真由美と前の夫との三男の娘(ゆうはちゃん)


日テレNEWS


MBSニュース

前夫と間に出来た別居の三男の娘となる小野真由美の孫「ゆうはちゃん」は、なぜ小野真由美と暮らしていたのでしょう・・・

ゆうはちゃんを溺愛していた父親はDV、母親は

ある報道のキッカケにより、ゆうはちゃんの父親と母親がわかりました。

ある報道のキッカケというのは、ゆうはちゃんの父親にSNSで連絡を入れたのです。

その情報を調べてゆうはちゃんの父親のツイッターが特定できました。

優陽ちゃんパパです 優陽ちゃんが大好きです ただの親バカです
報道で公開された優陽ちゃんの画像です。

「2021年2月13日投稿」
最近ほんま全然SNS使わへんから
全然投稿してないww
ゆうはかわちかわちすぎて
ちんちんたってきたし 仕事終わったし今から迎えに行こ😻

この写真お気に入り🤩
自分で立って歩いて走って
カピバラさんの写真みて指差した
瞬間鬼にやけたってゆー俺以外どうでもいい話🤣

 

「2019年7月13日投稿」
令和元年7月12日
元気な赤ちゃん 誕生しました。
名前は優陽ちゃん
ゆうはって読みます
もーまじでかわいいし、俺にクッソ似てるねん笑
○○ちゃん、ほんまにお疲れ様
元気な女の子を産んでくれてほんまにありがとう
これからも一生君たち2人を守り続けます
もーかわいすぎて、かわいすぎて。

ゆうはちゃんは令和元年7月12日生まれ。
「○○ちゃん、ほんまにお疲れ様」の「○○ちゃん」は奥さんの名前です。

「2019年10月○○日投稿」
おめでとう自分。
とりあえず18歳

父親、小野○○さんの誕生日は2019年10月で18歳ですから、17歳の7月にゆうはちゃんが誕生しました。

マメに更新していたツイッターは2021年2月13日以来更新がされていませんが、ツイッターを見る限り、限りなく溺愛過ぎるほど「ゆうはちゃん」のことや奥さんのことは愛していた様子がわかります。

投稿もゆうはちゃんの話題がほとんどです。

ではなぜ、ゆうはちゃんは小野真由美のところに居たのか?

2020年1月、優陽ちゃんの目前で奥さんに対するDVがあり、警察はゆうはちゃんに対しても「心理的虐待」と判断したため、祖母の小野真由美に預けられたようです。

ゆうはちゃん誕生前の父親は、少しだか大部分だか結構ワルな部分が感じ取れましたが、ゆうはちゃんが誕生してからは、真面目にこよなく溺愛していたのに残念です。

でも、結局は面倒を見切れなかったことになります。

定かではありませんがゆうはちゃんの父親と母親は、離婚か別居されていると思われます。

小野真由美のゆうはちゃん放置事件大阪府

6月29日(追記:出かけていた日付に関しては、ほとんどがウソであることがわかりました。)

孫の小野優陽(ゆうは:2歳)ちゃんを、約11時間自宅に置き去りにしたまま、小野真由美(46歳)と内縁の夫の桃田貴徳(50歳)は5歳の息子と3人で午前5時に外出し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに遊びに行っていました。

ゆうはちゃんは
四方が板で覆われた縦1m24cm、横9cm、高さ88cmの隙間のないベビーサークルに入れられたままで、サークル内には飲食物はありませんでした。

エアコンは28度、扇風機1台稼働していて、なぜか窓は開いていました。

一緒に住む四男(15歳)は午前7時40分ごろに自宅を出て、学校から午後4時過ぎ帰宅し、ぐったりしているゆうはちゃんの異常を見つけ、小野真由美らに連絡したところ、水をかけるよう指示されたということです。

午後5時過ぎ桃田貴徳が119番通報。

その後、消防が駆けつけましたが、すでにゆうはちゃん死亡が確認されました。

ゆうはちゃんの死因は熱中症で脱水症状を起こして吐血していました。

6月30日
小野真由美と桃田貴徳は保護責任者遺棄で逮捕。

7月1日
送検。小野真由美と桃田貴徳は「育児ストレスがあった」などと話しています。

今回、水をかけるよう指示したということで、熱中症になるおそれを認識していながら外出した疑いがあるとして、保護責任者遺棄致死容疑も含め詳しく調べています。

また、日常的に「虐待があったのではないか」ということも視野に取り調べています。

【追記】小野真由美は2日間放置!虐待は明白

小野真由美のゆうはちゃんに対する動向は完全なる虐待です。

小野真由美と桃田貴徳の11時間放置は全くの嘘で、当日の早朝午前5時ごろに自宅を出て「USJに行った」と話していましたが、虚偽の供述でした。

ゆうはちゃんが亡くなったのは6月29日。

驚くことに、小野真由美らはゆうはちゃんが亡くなる2日前から「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の近くのホテルに6月27日から連泊していたことがわかりました。
(追記:この日付もウソでした。)

警察がカーナビや宿泊の履歴を捜査した結果
6月27日夕方から外出し28日と29日の両日連泊してはUSJで遊び、2日間放置の実態がわかり、常識では考えられない計画的な殺人です。

事件発生当日の29日も、USJ周辺のホテルに予約を入れていたことが判明し、事件が起きなければ3日間外泊の予定だったことになります。

【追記】小野真由美はゆうはちゃんの手足を縛って外出

新たに7月8日
「ゆうはちゃんの両手を縛って外出した」と供述。

7月9日には
「ゆうはちゃんの手足を粘着テープで縛って外出した」と、供述しました。

小野真由美の自宅からは捨てられた粘着テープが見つかっており、過去にも縛っていたことがわかりました。

ヤフコメ投稿でも非難が殺到しています。

この祖母の長男、次男はどのような大人になったのでしょう?
三男はDVをして奥さんは子どもを置いて逃げて、残された我が子を祖母に押し付けて自分は面倒をみず。
四男は2歳の姪がひどい仕打ちにあっても、助けず周りの大人に相談することに気付けなかった。
彼もネグレクトを受けていると思われるので、気の毒ですが。
機能不全家族には、地域の保健師や相談員の丁寧な見守りが必要だと思います。
要観察になっていただけに残念です。
だんだんだんだん……内容に吐き気が増す。
ベビーサークルだけでも腹立ったのに、ベビーサークルに四方八方板がされてた。
もうその時点でクーラーも窓の開けっぱも意味をなさない。
板の中に風なんか来ない。
11時間、のはずが丸一日…しかも二日目も突入する予定だった。
しかも本来翌日には優陽ちゃんのための予定があったのに『体調不良』でキャンセル。
息をしてない、との連絡で『水をかけろ』との指示を出した。
極めつけは手足を縛った……?そこまで非道なことってある?!
しかも最初は『手』だった。気づけば足も増えてた。
小さなベビーサークルの中で身動きもまともに取れない。
暑くて汚物で臭かっただろう、お腹も空いたし喉もかわいただろう…、
周りは暗くて怖かっただろう…。
これはもう『熱中症死』じゃない、殺人です!!

実の孫に2日間も手足を縛って身動き出来ないよう拘束し、飲み物や食べ物も与えず、暑い室内に閉じ込めたら、どういう結果になるのかわかるハズで、そういった行為をする思考がわかりません。

【追記】優陽(ゆうは)ちゃん2日間で水1回だけ

2021年7月22日時点の情報優陽ちゃんが死亡したのは6月29日
小野真由美と桃田貴徳は死亡前日の6月28日に食事を与え、翌29日に外出したと供述していましたが、6月27日から連泊していたことがわかりましたが、実はこれもウソで、24日から外出していたことがわかりました。

小野真由美(46)と、同居する桃田貴徳(50)は、57時間にわたり優陽(ゆうは)ちゃんの手足を縛って、ベビーサークルの中に閉じ込めた逮捕監禁の疑いで再逮捕され、7月22日送検されました。

小野真由美の孫、優陽(ゆうは)ちゃんのことで新たなことがわかりました。

小野真由美の15歳の息子の話によると「スティックパンを二つあげた」と言っていましたが、食べ物をあげておらず、ゆうはちゃんには「2日間で水を1回だけ飲ませた。」と証言していて、小野真由美と桃田貴徳のネグレクト(育児放棄)が日常化していたとみています。

桃田貴徳はゆうはちゃんに対し2年前から「食事や風呂以外で遊ぶ相手がいないときは、ベビーサークルの中に入れていた」と話しています。

また、小野真由美は2021年の年末ごろから「ゆうはちゃんの手足を縛り外出していた」と話しています。

ヤフコメ投稿では桃田貴徳のコメントが出ていました。

決して15歳息子を責めるなよ。
桃田は職場ではひどいパワハラモラハラ野郎らしい。
そんな血の繋がらない野生の雄ライオンがわずか8歳の人生に突然入り込んできた。
少年の7年間は推して知るべし。
優陽ちゃん見てたら他人の子なんて桃田がまともに育てるわけが無いことくらい想像がつく。
この少年はたまたま運良く今まで死ななかっただけかと。
今回も5日も食事も用意されず放置されてる。
桃田が5歳の実の子供以外にお金を使う事を許さなかったと思われる。
桃田に精神的にも支配下に置かれていた可能性が高い。
桃田が餌をやるなと命令していたとしたら少年に抗う術はないでしょう。
次々出てくる情報から私にはそう感じられてならない。

【追記】小野真由美と内縁の夫・桃田貴徳は追送検

小野真由美と内縁の夫・桃田貴徳は、優陽ちゃんの手足を粘着テープで縛り、自宅のベビーサークル内に閉じ込めて外出連泊したわけですが、小野真由美は黙秘。

内縁の夫・桃田貴徳は「6月27日は私は縛ってない」などと言い逃れ、ふたりして罪を認めようとしていません。

6月29日に優陽ちゃんが死亡した朝、四男は小野真由美に「暑いけど優陽は大丈夫か!」というメッセージを送りましたが、小野真由美から返事がなかったといいます。

その後、四男は午前7時40分ごろに家を出て学校に向かいました。

2022年8月8日
そのような2人の状況から、女児の手足を縛って2日間ほど放置して死なせたとして、小野真由美(46)と、内縁の夫の桃田貴徳(50)は逮捕監禁致死容疑で追送検されました。

【追記】ゆうはちゃんの経緯

小野優陽ちゃん
2019年7月12日生まれ。

2020年
1月
ゆうはちゃんの父親が奥さんに対して暴力行為があり祖母の小野真由美に預けられました。

2020年
6月
小野真由美と入浴中、優陽ちゃんが溺れて一時意識不明となる事態が起きています。
育児放棄と判断し虐待リスク「最重度」の要保護児童と認定。
家庭訪問や面談を実施。

10月
児相から富田林市が引き継ぎ見守り開始。

11月
虐待最重度から中度に引き下げ。

小野真由美と話すのみで、家庭訪問をすることは一度もありません。

2021年
6月
小野真由美は優陽ちゃんが保育園に通うのをやめさせていました。

12月
要支援児童に緩和されました。

2022年
6月
富田林市がゆうはちゃんの状況確認。

6月29日
ゆうはちゃん、57時間放置で死亡。

この子の見てきた世界は、ほとんどがベビーサークルの壁だったのかな。
世界にはもっとたくさん色んなものがあるんだよと、教えてあげたかったな。
遠く離れた自分が助けることは不可能に近かったけど、それでも、この子の境遇を考えると胸が苦しくて仕方ない。
次生まれ変わるときは幸せになってほしい。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました