【主婦休みの日】は.1月25日.5月25日.9月25日。家事を休んでリフレッシュする日

スポンサーリンク

主婦休みの日は

日本初、

主婦が主役の記念日として認定され

企業からも注目が集まり

様々なイベントやプロジェクトを展開しています。

主婦休みの日とは

「主婦」とは、

 一般に家庭の運営の責任者であり

 普段から家事を主に担当している人をいい、

「主夫」も含みます。

主婦休みの日

主婦休みの日は

1月25日、

5月25日、

9月25日の年3回です。

2009年4月に

サンケイリビング新聞社が

「主婦休みの日」と日本記念日協会に申請し認定されました。

提唱趣旨

・家事という仕事を夫婦(家族)で一緒に考える日

・夫や子どもが家事にチャレンジする日

・主婦が元気になって、ニッポンも元気になる日

家事は365日休みのない仕事ですから

「休日のない家事を休もう」ということです。

家事を主に担当している「主婦」が、

家事を休むには

家族の理解と協力が必要不可欠ですから

「家事について」家族で考えてみましょう。

そこで「主婦」は

自分磨きやリフレッシュなどして

有意義な時間を過ごす事ができる様にと

主婦が休みを楽しむための

ランチプランやツアーなど

応援プロジェクトが展開されています。

主婦休み応援プロジェクト

お金に換算したらいくらになる?

エンドレスな毎日の家事を

お金に換算したらいくらになるでしょう?

内閣府では5年おきに

家事労働等の評価の推計を算出しています。

機会費用法

2013年(平成25年)に算出された

2011年のデータによるものですが

(近々、最新情報が算出されると思います。)

例えば

「外で働いたら得られたであろう利益」を

評価して算出する方法を「機会費用法」といいます。

その機会費用法で

「無償労働となる家事労働の 

 給料はいくらになるか?」を換算すると

「専業主婦」は

 年間無償労働時間 2199時間(1日平均6時間)の

 年齢平均で 304.1万円、

「兼業主婦」が

 223.4万円となっています。

本来の機会費用法

本来、機会費用法は

「市場に労働を提供することを見合わせたことによって

 失った賃金」で評価する方法です。

誰が

無償労働を行ったかで評価は変わりますが

つまり、

ここで計算されている

「年304.1万円」は

「人に頼むことができる」という

あくまでも外部に委任した場合の算出です。

ですから

家事代行業なるものが流行っているのではないでしょうか。

主婦の活動

1.家事(炊事、掃除、洗濯、縫物・編物、家庭雑事)

2.介護・看護

3.育児

4.買物

5.社会的活動(地域の道路清掃、施設の慰問、

       災害地等への援助物資の調達、献血、点訳、

       婦人活動、消費者活動、住民運動等)

上記、1~5が無償労働の評価対象ですが

実際には

家庭生活に必要な主婦の活動は、上記だけではありません。

お金のこと、家のこと、それ以外のこと等

夫婦の会話や営み、子どもに関する会合、

親族やその他の人間関係、健康管理、

役割と両立などジレンマと戦いながら

本人でなければ出来ないことがたくさんあります。

そのたくさんある主婦の活動でも

上記、1~5以外は外部委託できないものとして

金銭的評価の対象にはないっていません。

いずれにしても

無償労働(=家事労働)が

社会的に必要な労働として

金銭的に反映される形で

保障制度を確立して頂きたいと思います。

最後に

普通は

たくさん問題を抱えて生活していると思われますが

親、夫婦、子どもなどが生活を共にするのが家庭。

朝、笑顔で見送ってくれた人が

家に帰れば

笑顔で出迎えてくれる。

安心して仕事ができるのも

「主婦」という人が、家に居てくれるお蔭。

休息、愛情、自由、団欒があって

快適と感じる空間がつくられ

心身が豊かになれるのも

「主婦」の限りない貢献によるものです。

年にたった3回しかない「主婦休みの日」

家族みんなで笑顔を引き出すと共に

感謝の気持ちを伝える素晴らしき

「主婦休みの日」となりますように・・・

年中、

無償労働を負ってくれている主婦に

(あなたのパートナーに)

(あなたの親に)

あなたは

何を与えてあげることができるでしょう?・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする