取り付く島もない?暇もない?意味や語源.この慣用句は間違えやすいので注意です

スポンサーリンク

「取り付く暇もない」とか
「つっけんどんで取り付く暇もない」とか・・・
仕事などの場面や状況で、よく耳にしませんか?
 
「取り付く暇もない」の
「暇(ひま)」は、本来誤った言い方とされています。

正しくは「島(しま)」で
「取り付く島もない」が正解です。

取り付く島もないの意味

「暇」と「島」の発音が似ているためと
使用上のニュアンスが「暇」を連想させるため
誤用されて(誤解して)間違って覚えてきたと考えられます。

文化庁が発表した
平成24年度「国語に関する世論調査」では
本来の言い方とされる
「取り付く島(しま)がない」を使う人が47.8%

本来の言い方ではない
「取り付く暇(ひま)がない」を使う人が41.6%という
結果が出ています。

「し」と「ひ」の混同などではなく、
正しくは「島」であるのに、
これを「暇」だと誤解して使用してきたのです。

なぜ「島」なのか?は
語源を知れば
そういう意味なのかと理解できると思いますが
goo国語辞書の「島/嶋」の解説のひとつに
「島/嶋」には
「手がかり・助けとなる物事」の意味があるとして
「取りつく島もない」を用例として挙げています。

「島」の「本字」となる
本来の字形は、山の上に鳥がのっています。

海に浮かぶ山の上で、鳥が休んでいる、
それが「シマ」です。

「灬(れんが)」が省略され
現代の「島」に成り立ちましたが
鳥がよりどころとして休む海の小さな山を意味する
「島」は、
「頼れるもの・よりどころ」を表しています。


「取る」は
 自分のものにするや
 しっかり手に持つなどの意味
 
「付く」は
 ある物・人と触れるや
 離れない状態になるなどの意味
 
それらの合わさった
「取り付く」は
「すがりつく」「とりすがる」「しがみつく」という
 意味になります。

「取り付く島」は  「頼りとしてすがる所、頼るべき所、取り付き所」です。

打消表現の「ない」が付いて
「取り付く島もない」の慣用句の意味となると

① 頼りにする手かがりが何もないこと。

②何かを頼んだり相談しようとしても、
 相手の態度が冷たくて(相手がつっけんどんで)
 話を進めるきっかけがみつからないこと。

「取り付く島もない」は  「頼みとする事柄」や「助けとなるよすが」を例えたもので  「頼りにしてすがる島(所)さえない」  「頼れる所がない」という意味になります。


「つっけんどん(突っ慳貪)」は
 態度や言葉がとげとげしていて
 不親切なさま、冷淡なさまなどを意味する表現です。

慣用句

「取り付く島もない」は「慣用句」で
多くの場合、それぞれの句の意味が異なり
句全体では決められた意味を表しているため
間違った使い方をすると
慣用的ではない違った表現になりますので注意が必要です。

「慣用句」は、
 一種の比喩(たとえ)的表現であり
 習慣として長い間広く使いなれてきた言葉で
 2つ以上の言葉が結びついて、
 元の言葉とは違う特別な意味を表す言葉のことです。
 
 句全体で固定した意味を表しているため
 言い誤ると意味をなさなくなり
 本来の意味や用法を正しく理解していないと
 すじ違いな使用をしてしまったり
 使用した相手に対して文意がまったく伝わらなくなります。

したがって、現在では
慣用句の中の語を置き換えたら
もうそれは慣用句ではなくなり
「慣用句」と成り立っている以上
「島」を「暇」に変えることはできないのです。


それ以上に浸透した場合は、
間違った表現でも「正しい日本語」になる言葉もあり
未来には
変わっている可能性があるかもしれませんが・・・

語源

「航海に出たものの、立ち寄れるような島が近くになく、  手掛かりもなく休息すら取れない」といった状況のことで、
 「困り果てる様子」に例えたと言われています。

どこかの島に船をつけたい。
しかし、島が見つからない
ということから生まれた言葉です。

「島」本来の意味は
大陸以外の周囲が水で囲まれた陸地のことですが
この「島」が
なぜ頼るべき場所という意味になったかというと
航海の際、
現在のような性能のない船で海上に浮かぶ船人とって
休息もあるでしょうけど
難・緊急時に
安穏な状況になれる最も頼りとなる場所は
上陸できる「島」だからです。

江戸期の航海時代の話があり
「町人物」ジャンルの代表作といわれている
1688年(貞享5年)刊の
江戸時代の浮世草子作者、井原西鶴の
「日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)」の巻四に
 博多に住む貿易商人が
 海難によって何度か積荷を失い
 落ちぶれてしまった話で

「俄に何に取付嶋もなく、なみの音さへ恐しく、
 孫子に伝て舟には乗りまじきと・・・」とあり、
 
「海に出るにも頼る島もないから
 船には乗らない方がいい」という話から
 成り立ったという説もあるようで
 すくなくとも江戸時代には
 使われていたようです。 
 
 江戸期の航海時代
 四方から見える島もない
 とりつく島もない「海」こそ
 船人にとって
 航海の困難さを物語ってるようです。

類語

・ 背を向ける
  そむく。後ろ向きに。 相手の意志に従わない。
  
・ そっぽを向く」
  見るべき方向を見ない。 無視している。相手にしない。
  
・ にべもない
  そっけない。ひどく無愛想なこと。
  
・ けんもホロロ
  人の頼み・相談を、無愛想に拒絶する。
  
・ 目もくれない
   見向きもしない。気にもしない。
  
・ 鼻にも(ひっ)かけない
  全く相手にしない。まともに取り合わない 。
  
・ 聞く耳を持たない
  相手の助言や意見を聞くつもりがない。
  頑固で素直でない。
  
・ 木で鼻をくくる
  きわめてそっけない態度。冷淡な態度。
  
・ 歯牙にもかけない
  無視して相手にしない。全く問題にしない。
  
・ 塵も灰も付かぬ
  そっけない。きっぱりと言い放つ。
  これこそ取り付く島がまったくない。
  
・ 一顧だにしない
  振り返ってみる価値もない。まったく顧みない。
  
・ 無愛想な
   愛想がないこと。そっけないこと。
  
・ 冷淡な
  同情や熱意を持たない態度。

など
無愛想な ・ 冷淡なといった
まともに取り合わない態度をとる様が挙げられます。

対義語は
これといったものがありません。

本来、無愛想な意味ですから
親切・快い対応・愛想がよいということでは
・ 懐が深い
  人の考えを受け入れる心の広さや理解力がある。
  度量が広く包容力がある。
  
・ 人当たりがいい
  人に与える感じや印象がいいことを意味し
   他人に与える印象がいい。物腰が柔らか。態度が柔らか。
  
・ 如才(じょさい)ない
   手抜かりがない。 愛想がいい。 気がきく。
などではないでしょうか・・・


例文

「借金の申し込みに行ったが、取り付く島もなかった 」

「取り付く島もないほど事務的な声だ」

まとめ

「取り付く暇もない」ではなく
「取り付く島もない」が正しい


「取り付く島もない」は
 直接的には
「すがりつく島(所)さえない」という意味になり
「人にすがりつく暇(時間)もない」という
 意味ではないのです。
 
「相手が忙しい=暇ではない」ということから
「取り付く暇もない」と広まった誤用であり
 あくまでも時間ではなく
 不愛想な態度や言葉遣いがトゲトゲしい際に使うのが
「取り付く島もない」です。

多くは打消しの表現の「ない」がくっついて慣用表現になり
「取り付く島」が「ある」という言い方はしません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする