大村雪乃のマル秘シールアートや顔画像!DV経歴や彼氏は?悩みはおならだった!?

スポンサーリンク

こんにちは(こんばんは)!
 
管理人の hiroro@ です。
 
 
今回ご紹介するのは
 
文房具の一つに
 
既製品のカラフルな「丸シール」がありますね。
 
 
その丸シール貼って絵画を制作し
 
不思議な魅力を醸し出す作品を手掛け
 
現代アーティストとして活躍している
 
丸シールアーティストの
 
大村 雪乃(おおむら ゆきの)さんです。
 
 
芸術家、美術家などを「アーティスト」と呼び
 
職人的な技術を持つ人全般を意味しています。
 
 
現代美術アーティストとなる
 
大村 雪乃さんの丸シールアートが気になったので
 
そんな
 
丸シールアートのマル秘制作や
 
家族の凄まじい経歴、
 
悩んでいる「おなら」や旦那様の事など
 
探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




大村 雪乃さんの経歴

大村 雪乃さんは
1988年 
 中国、吉林省(きつりんしょう)生まれ。
 
 
2歳のときから神奈川県横浜市に移住し
東京女子学園中学校から
東京女子学園高等学校に進級し
高校生まで横浜在住にて2007年卒業。
 
 
高校生の時にアーティストを志し、
2年間の浪人生期間を経て
2009年
多摩美術大学美術学部絵画学科油画に入学。
 
 
油画専攻でありながら
「筆で描くことが苦手」だったことから
芸術的感性に縛られることなく
絵画などにおいて線ではなく点の集合で表現する
点描画に興味を持ちます。
 
 
2010年より
点描への興味から始めた
シールという素材を見出し夜景を表現する作品を制作。
 
 
2012年、
日本の価値・感性・才能を伝える場となる
「東京ミッドタウンアワード
 (Tokyo Midtown Award)」のアート部門にて入選
 オーディエンス(観客が選ぶ)賞を受賞。
 
 
2013年3月に卒業し
丸シールが絵画の画材になるなんて
誰もが想像しがたい世界に踏み出します。

卒業制作優秀作品
Beautiful Midnight

 技法・素材:シール、パネル
 寸法:H2890×W3880mm
 提供:大村 雪乃さんTwitterり引用

職歴
 芸術分野の総合商社に勤務経験があります。

 Kaikai Kiki 2010年1月~2011年1月

 カイカイキキは
 アート作品制作、映画やアニメーション制作、
 アーティストマネージメントなどを展開する
 アーティスト「村上隆」さん率いる
 アートの総合商社です。
 
 
受賞歴
 2010 年 多摩美術大学奨学金 授与
 2010 年 PBL プレゼンテーション企画審査、入選
 2010 年 thesix2010 web 審査入選
 2010 年 via art2010 入選
 2012 年 東京ミッドタウンアワード2012 入選、
      オーディエンス賞受賞
 2013 年  多摩美術大学卒業制作展 福沢一郎賞 受賞
 など
 
 
個展
 初の個展は
 2013年 
  大村雪乃- Wonderful Night – ギャラリーQ 銀座

 毎年各所にわたり個展、グループ展を開催し
 
 2018年 1月、
  観光庁の要請によりフランスで海外初の個展
  「Tokyo Story」Atelier Blancs Manteauxを開催

 2019年 
  「アートへの感動を可視化する実験展」
   Yahoo!LODGE、東京

 2020年 11月
  調布市で大規模な個展を行います。
  2013年から2020年まで制作した作品を
  一挙に展示、大村雪乃展「Happiness」
 
 
活動 
 現在、東京豊洲在住。
 
 六本木ヒルズアートナイト2019
 オープンコールプロジェクト 2019など
 観客参加型ワークショップ監修や
 商業施設のディスプレイ設置
 書籍の書籍装丁&監修
 誰でも完成できるシールアートのグッズ制作
 執筆活動や講演、TV出演など
 様々な分野で活動の場を広げ
 多くの人に表現する楽しさを伝えています。

スポンサーリンク




 

大村 雪乃さんのDV受けてた荒れた経歴

大村 雪乃さんは
母親に愛されて
特別な家庭であるかのように感じて育ちましたが
母の美貌がうらやましく
自分は、母のように美しくないのかと
母の美しさにいつも打ちのめされ
幼いながらに劣等感を抱くほど悩みます。
 
 
大村 雪乃さんが幼少期の頃
その母の美貌を周囲でほっとくはずもなく
母親は不倫を繰り返して家庭は狂い
父親と家庭内別居をするようになります。
 
 
父親にも問題はあったようですが
予備校の講師で、
長年古文漢文を教えていました。
 
 
大村 雪乃さんが思春期を迎えたころは
母親から暴力を振るわれるという
DV(ドメスティック・バイオレンス)を受けながら
母親をなだめなければ
家に居る場所がありませんでした。
 
 
15歳から深夜までバイトをして
バイト代でコスプレなどをして
互いに境遇を舐め合ったのは
自傷癖や統合失調症の人たちでした。
 
 
大村 雪乃さんに
暴走族の落ちこぼれのような彼氏が出来た頃
両親の離婚が成立し、
雪乃さんと妹と母の三人暮らしになりましたが
母親からのDV生活が続いていました。
 
 
そして
母親から離れるように
結婚して新しい家族を作り現在に至りますが
今でも母が恐いというトラウマは消えず
母親を憎いと感じるのに30年かかったそうです。
 
 
大村 雪乃さんは
母親の愛情が欲しいためだけに尽くしてきた
数十年の時の流れは、母の行為を許し続け
母親との共依存関係は切れずに成立していますが
母親の悪夢をみては葛藤しているようです。

大村 雪乃さんの旦那様とおなら関係

大村 雪乃さんは
高校生の時にアーティストを志し
アルバイトができるようになってから
画材をアルバイトで捻出します。
 
 
仙台のお爺様に頼み込んで
美大の入学金を払ってもらい
授業料は全て返済型の奨学金です。
 
 
大学に入ってからも
画材が常に必要になってくるので
アルバイトを掛け持ちしながら勉強していました。
 
 
大村 雪乃さんが
現在の旦那様と出会ったのは大学三年生の頃。
 
 
2回目に会った時
「この人と結婚する」という直感を感じ
気を許せる安心感がずっと心に強く深く残りました。
 
 
大村 雪乃さん
実は
幼少の頃から悩んでいたのが「おなら」です。
 
「おならを我慢できない」
「無意識におならが出てしまう」などの
「過敏性腸症候群」で
おなかの調子が悪く腹痛が続いたり
便秘や下痢などの症状が繰り返したりするなど
常にお腹の調子が気になり、トイレに行けない場所では
プレッシャーを感じてしまう深刻な症状です。
 
 
大村 雪乃さんは
人よりガスが溜まりやすい体質で
おならをしたいとき時に出さないと
お腹にガスが溜まってしまって、
猛烈な腹痛に襲われるという
学生時代から
物陰やトイレに行って「屁こき」していました。
 
 
将来会社勤務を諦めるほど
「おならを我慢できない」人だったのです。
 
 
通勤・通学中、勤務中・授業中、大事な会議や試験など
日常生活に支障をきたし転職される方などもいて
そんな
自分の体質に悩まされていた時、
今の旦那様の堀 智幸さんに出会いました。
 
 
親以外の誰の前でも「おなら」ができなかったのに、
なぜか
彼の前なら安心できる空気があって
大村 雪乃さん曰く革命の出会いで
2014年10月に結婚されました。


 提供:大村 雪乃さんTwitterり引用

 
自分の弱点をさらけ出すことができる
夫婦関係が生まれたのです。
 
 
2015年
胎児トラブルにより、第一子を中期中絶という
人生の中で
経験したくない事を経験してしまい
ショックでPTSD(心的外傷後ストレス障害)に
陥ってしまいましたが
現在は
2人のお子様がいらっしゃいます。

スポンサーリンク




大村 雪乃さんの丸シールアートの秘密

大村 雪乃さんが
美術を志した理由としては
勉強が出来なかったという自説によるもので
唯一選択肢に上がったのが芸術家の道でした。
 
 
「夜景」を表現する絵画作品が多く
幼い頃から「横浜の夜景」が身近にあったことで
雪乃さんの「美」の根底には
夜景が魅力でもありキーワードです。
 
 
今や、
現代美術「丸シールア-ト」と絶賛され
意外性を感じる素材の丸シールに驚きは隠ませんが
最終的に
丸シールで夜景を描く手法にたどり着きました。
 
 
夜景を撮影してパソコンで
特化したソフトウェアを使用して制作しますが
パソコン上に
夜景写真を挿入し画像処理をします。
 
夜景の画面に
方眼のように縦のラインと横のラインを作成し
建物や橋の光源を1つの点(丸)として捉え
デジタル化された「丸(正円)」をマウスで
1つ1つずつ光の位置に
「光の点(丸)」を貼り付けていき
作品がパソコン上で完成します。
 
そして
実際のキャンバス(パネル)上に
縦、横と糸を張って方眼を作り
パソコン上で仕上げた配置に合わせ
市販されている丸シールを貼って完成させます。
 
 
大村 雪乃さんが
大学時代に始めたオリジナルの制作方法だったため、
丸シールアートの特許を取得されてます。
 
 
値段は
コンセプト、サイズ、制作時間、知名度、
作家の活動期間、市場価格などを考慮し
所属ギャラリーによって決まるようで
数万~数百万円の値段です。


 提供:大村 雪乃さんTwitterり引用

遠目から見ると夜景写真のように見えますが
近づくと明暗、灯りのひとつひとつが、
「風景でもなくただの文具の丸シール」だったと
安価でありふれた素材であるとことに気付き
真実なのかあいまいなのかと
目を疑う瞬間がやってきます。
 
 
大村 雪乃さんに
仕掛けられた、真実と虚偽ワールドは
写真だと思い込んでいた人の目には、心には
どのような印象で映り
「美しい」とは何か?
「真実は暗闇の中にある」のか?
ということを
丸シールア-トの夜景は訴えていると思います。
 
 
芸術という力を借りて夜景を魅了させ
「現実の世界に引き戻されるのか?」
「魅力に酔いしれるのか?」
ともあれ
根気のいる作業の作品です。
 
 
ただ一枚のパネルに、
シールが並んでいるだけ?
どう、とらえますか?
時間が経てば色褪せし、剥がれていきます。
 
それは当然で
安価な消費物なので劣化が早いに違いはありません。
 
 
そして
どんなにきれいな写真でも色褪せ
どのような作品でも建物でも劣化、修復しますし
在るもの、
形あるものはいつかいつか無くなるものです。

もっと知りたい大村 雪乃さんの事

大村 雪乃さんの
凄まじい経歴やおなら話、
丸シールアートの秘密などについて
気になりまとめてみました。
 
 
「筆で描くことが苦手」という
コンプレックスがあったため
点描画に興味を持ち
シールという安価な素材で
豪華な夜景を表現していますが
既製品の素材に置き換わっても
芸術的感性や概念にとらわれず
誰もが自由に楽しめる
アートの普及を目標にしています。
 
 
丸シールは
数種類の大きさと限られた色しかありませんので
ほぼ原色の少ない色数で
数千、数万枚位、使用して生み出された作品で
境目のぼかしの作業が見せ所となると思われます。
 
 
ちなみに
大学の成績優秀者に贈られた
無償奨学金をもらった時
嬉しさのあまり母親に報告したら
家庭が苦しいから
半額請求されたという話も実話です。
 
 
不思議なのは
2017年
「両親が料理屋をオープンし
 二人三脚で父を支えてきました。」という発信で
復縁?とか考えて悩みますが
他人には分からない家族の関係ですね。
 
 
大村 雪乃さんは
映画や編み物も好きなようで
今後は
編み物ニットサロンを開きたいという思いもあり
益々、活躍の場が広がっていきそうです。
 
 
大村 雪乃さんのTV出演も多くなり
これからの活躍が楽しみです。
 
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする