ニュース

大木場慎一の顔画像や真相「本当は事故っていた」ひき逃げで転落死事件大阪府守口市大日町2丁目

ニュース

大木場慎一(おおこばしんいち:46歳)は、守口市大日町2丁目の大阪中央環状線の高架道路で大型トレーラーを運転中、自転車に乗っていた宮城勇さん(68歳)と接触し高架道路から転落して間もなく宮城さんは死亡。

大木場慎一は、そのまま逃走したとして転過失致死とひき逃げの疑いで逮捕されました。

大木場慎一の顔画像や事故現場、本当は事故っていたのに否認している事故の真相を調べました。

大木場慎一の顔画像

大木場慎一の顔画像を調べました。

名前:大木場慎一(おおこばしんいち)
年齢:46歳
住所:大阪府摂津市
職業:トラック運転手

Facebookで大木場慎一を検索しました。


大木場慎一のフェイスブックで「摂津市在住」のアカウントが見つかりました。

摂津市在住のみが一致しているだけで、基本データは何もなく、顔画像もありませんでした。

Facebookからは、大木場慎一容疑者と判断できる顔画像はありませんでした。

あらたな情報が入り次第掲載していきます。

ひき逃げの守口市大日町2丁目事故現場

7月16日午前3時ごろ
大木場慎一は大型トレーラーを運転中、自転車に乗っていた宮城勇さんをはねてそのまま逃げた疑いがもたれています。

事故現場は
守口市大日(だいにち)町2丁目の大阪中央環状線高架道路。

読売テレビニュース

左側の標識を拡大して「大日町2丁目」と確認できます。

Googleマップで「大阪府守口市大日町2丁目」と検索したところ、天理吹出線(近畿自動車道)と大きな道路が2箇所交差しているのが確認できました。

事故現場の高架下は大きい道路ですから、大日町2丁目地図の上部「守口ジャンクション」手前辺りか、下部の「イオンモール大日」辺り、いずれも大日町2丁目の隣町境を確認していきます。

Googleマップストリートビューで確認すると、大阪中央環状線の高架道路の下は府道155号線(国道1号)でした。

大木場慎一が守口市大日町2丁目の大阪中央環状線で大型トレーラーを運転中、自転車の宮城勇さんと接触し、転落したのは府道155線。

大阪府守口市大日町2丁目26付近です。

宮城勇さんは自転車の走行禁止場所を走っていた

自転車に乗ってひき逃げされ転落した富田林市(とんだばやし)の宮城勇(みやぎいさむ:68歳)さんは、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

ご冥福をお祈りいたします。

7月16日午前2時40分すぎに事故が起きています。

宮城勇(68歳)さんは警備員で、仕事に行く途中だったのか、真夜中に自転車に乗っていた事自体が謎です。

更に宮城勇さんの住む富田林市から事故現場までは自転車で来るのはかなり無理があります。

自動車で50分ほど、自転車で2時間以上かかりますから「仕事の都合で事故現場付近に仮住まい」、「何かの都合で近くに来ていた」などが考えられます。

ただ、なぜ高架道路を自転車で走ってしまったのか?
高架道路入り口の大阪府守口市大日町4丁目付近のストリートビューです。

自動車と逆走でなければ、高架道路の入り口となる、右側の道路の坂を自転車でのぼっていったことになります。

【追記】
「後ろから走って来た車にはねられた」という報道がありましたので、自転車は車と同じ方向を進行していました。

この府道2号高架道路は「自転車走行禁止」になっていますので、宮城勇さんは承知していたのかも謎ですし、マップでもわかるように自転車が走れるような道路ではありません。

高架道路入口付近から接触事故まで

大木場慎一の真相「本当は事故っていた」のか?

大木場慎一は容疑を否認しています。

事故っていないならもっと騒ぐと思うわけで、事故っているから否認しているとも考えられるのです。

果たして大木場慎一は本当に事故に気付かなかったのか、本当は事故ったのを気付いていてウソをついて否認しているのか、真相は!どちらかしかないのですが・・・

ヤフコメ投稿では



事故直後にその高架を走りました。
自転車も脇にありました。
そもそもあの高架を、自転車で渡ろうと思うと 歩道、①側道、②側道、③本線、③本線 のうち、③〜を自転車で走る必要があるので間違えて侵入するのも難しい。
また②から③へ合流する車もいるのでそんなところ走ってる時点でかなり危なです。
しかも昨日は夜中なのに軽い渋滞で40-60キロで流れてました。
その高架は道幅も狭くトレーラーだと車幅ギリギリなのですり抜けも難しいレベル。
そもそも禁止されているところでも、そんなところ自転車で走ってる方が悪いし、トレーラーのドライバーさんがかわいそうです。
逃げたのは悪いですが、かなり暗い所で、右に他の車がいてたら避けることもできません。
最近、自転車禁止にもかかわらず走ってる人を昼夜問わず見かけます。取り締まってほしいです。
大型車のドライバーは不運としか思えないです。
そもそも何故自転車がそんな場所を走行するのか理解出来ないです。
つい先日も信号無視してぶつかりそうになった自転車を何度も見ています。
自転車に対する取締りをしっかりして欲しいです
あの道路は自転車で侵入しようと言う発想にはならない。
ひき逃げってあんまりですね。
亡くなった方には悪いですが故意に飛び込んだ可能性すらあると感じてしまいます。
又は認知症を患っておられたか。
それくらい自転車が進入するのはあり得ない場所です
大型トラック運転手の方も不運で気の毒ですね。
逃げたのではなく自転車に気が付かなかったのかもしれない。
軽い自転車なら当たっても音もショックも感じないこともあると思う。
自分勝手な自転車 もっと厳重に取り締まってほしい。

宮城勇さんが自転車で走っていた場所は「自転車通行禁止」ですから、過失はあると思います。

トラックには自転車に「ぶつかったような跡」があったということで、調べています。

大型のトレーラーということで、大木場慎一が接触したことに気付いていないなら、やはり皆さんの様なご意見が多いと思います。

しかし、大木場慎一が当たったことに気付いていて逃げたなら、「自転車通行禁止区間」とはいえ、ひき逃げを世間は許さないハズです!

自転車通行禁止の場所での事故だから、逃げずにすぐ警察に通報してれば、良かったのに何故逃げたのかな?
人が亡くなってるのだからきちんと罪は償って下さいね。
防犯カメラの映像、トレーラー、亡くなられた宮城勇さんを調べれば事実真相は明らかになるハズです。

大木場慎一のひき逃げ事件概要

大木場慎一(おおこばしんいち:46歳)が、自転車に乗っていた警備員の宮城勇さん(68歳)をひき逃げした事件概要。

7月16日午前2時40分すぎ
大木場慎一は守口市大日町2丁目の大阪中央環状線高架道路で大型トレーラーを運転。

その高架道路で大木場慎一の運転する大型トレーラーが、自転車に乗っていた宮城勇(68歳)さんに接触し大木場慎一はその場から逃走。

宮城勇さんは、はねられた勢いで10mほど下の道路に自転車転落し、病院に搬送後死亡。

防犯カメラの映像から大木場慎一を転過失致死とひき逃げの疑いで逮捕。

ひき逃げとされてる事故があった場所は自転車の走行が禁止の区間でした。

防犯カメラの映像には大木場慎一のトレーラーが自転車を追い抜いた後、宮城勇さんが道路の側壁(高さ約90cm)を越えて転落する様子が残されていました。

大木場慎一は容疑を否認。

今の段階では「接触した」と完全なる報道や警察の発表はありませんが、自転車にぶつかったような跡がトレーラーにあったということです。

コメント

  1. とも より:

    必要以上に加害者の方の画像など探す必要がありますか?大型のトレーラー、トラックなら
    避けたにしろ風圧で被害者の方々がよろけて後方でトラックに当たった可能性もありますよね。それに気付が付かない可能性も。自転車では通ってはいけないのです。トラックと自転車がどの方向で接触したのか私たちは解らないですよね。面白がるのはやめましょう。逆に加害者方の無罪か罪の軽減を願います。わたしの知識では何をどうすれば良いのか分かりません。何かご存知の方ご教授願います。

    • hiiromomoa より:

      貴重なご意見として重く受け止めております。
      色々なご意見はそれぞれあると思います。
      だだ、面白がっているわけではございません。
      それ以上はこの場では申せません。
      ご意見ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました