大学ノートと呼ぶ理由や大学ってどこ?フールスにこだわりなぜ横書きなの?

スポンサーリンク

大学ノート(だいがくのーと)といえば

誰もが一度は

使ったことがあると思われる

多目的に利用できるノート。

学生が勉強で使うだけでなく

社会人が仕事で使ったり

生活の中でも様々な用途で使用され

一般的に

B5サイズやA4サイズが多く

B5より少し小さい

セミB5が一番普及しているようです。

罫線も豊富で、綴じ方にも種類があり

目的によって選べば

効率よく使う事ができます。

そんな

「大学ノート」が

「大学」だからといって、

大学生専用というわけではありません。

なぜ「大学ノート」というのでしょうか。

大学ってどこかの大学なのでしょうか。

大学ノートの大学やフールスとは?

なぜ横書きノートなのか?など

探っていきたいと思います。

スポンサーリンク




大学ノートの大学ってどこ?

筆記用紙といえは
和紙を綴じた雑記帳が主流のさなか
今から130年以上も前
洋紙を使ったノートブックが
わが国で初めて製造・販売されたのが
「大学ノート」のルーツ。

1884年(明治17年)に
紙製品の製造販売を目的として創業した
文具・洋書店の本郷赤門前の「松屋」、
つまり
本郷赤門前とは
「東京大学」の前に
店舗を構えた「松屋」が
外国から帰った大学教授に勧められて
イギリスから洋紙を輸入して製造し
ノートブックが販売されたのです。

手造りで綴じ合わせた
洋式ノートブックを作成、販売し
通称「松屋ノート」と呼ばれ
大学前の松屋は
ノートブック屋として
人気になったといいます。

大学ノートの大学って
「東京大学」です。

ちなみに
1877年(明治10年)4月
 東京開成学校と
 東京医学校が合併し
「東京大学」を設立。

1886年(明治19年)3月
「帝国大学」と改称。

1897年(明治30年)6月
「東京帝国大学」と改称。

1947年(昭和22年)9月
「東京大学」に改称。

大学ノートと呼ぶ理由

「大学ノート」と呼ばれる
 説については数説あり

・製本されたノートが
 大学前で販売され、
 学生の間で人気となり
 大学生がよく使っていたノートだから
 これを学生が「大学ノート」と呼んだ。

・松屋が「大学ノート」という名前で
 売り出した。

・松屋で販売された少し後
 神田の書店「丸善」が評判を聞きつけて
 イギリス製筆記用紙を大量に輸入生産し
「大学ノート」の名で売り出した。

・当時、
 洋紙ノートは高価なものであったため
 庶民にはとても手が出せず、
「東京大学に入れるほどの人しか
(優秀な学生でなければ)
 使えないノートである」という意味で、
「大学ノート」と呼ばれるようになった。

などの諸説があり
当時は
他の学生や子供だちのほとんどは
「大学ノート」の存在を
しらなかったわけですが
一説に
「帝国大学の学生が
 よく使っていたノート」だとう話もあり
販売されたのは「東京大学」時代で
「帝国大学」となると
松屋が発売してから2年後の話となり
時間差がかなりあります。

「大学ノート」いう名称が
「いつ」
「誰によって」付けられたのかは
実のところ不明なのです。

スポンサーリンク




大学ノートのフールスにこだわる

当時の大学ノートの輸入洋紙は
高価なものであったといわれますが
明治期の物価を考え
あくまで推測ですが
発売時一冊、
7~8銭程で
今で言うと
1400円~1600円位。

明治45年あたりで75銭程、
今で言うと
700円~800円ではないかと思いますが
あくまで推測です。

イギリスから輸入した洋紙は
特別な漉(す)き方をした
「フールス紙」と呼ばれる
紙の種類の名称で
イギリスにおいても
「フールスキャップ」と呼ばれ
正式名称は
「フールスキャップ」。

書くために作られた品質の高い紙で
「フールスキャップ」とは
「道化師帽(fool’s cap)」の意味で
紙に道化師帽の透かしが入っていました。

松屋が
イギリスから輸入した
クリーム色のフールス紙は
滑らかで書き心地のよい紙質で
この頃
万年筆や鉛筆が普及し
「フールスキャップ」は
万年筆との相性がよい
素晴らしい筆記性を持っていた用紙です。

消しゴムも使え
水性のインクも滲みることがなく
罫紙の印刷
(後に、松屋は
 独自の手法で透かしに成功)
断裁、
糸綴り、
表紙付け、
製本まで
すべて手造りで丁寧に作業し
製造したものですから
当時は値が張ったようです。

大学ノートは後に
丸善は勿論
文房堂(ぶんぽうどう)
ツバメノートなどが
名を連ねていきますが

※音が出ますので音量に注意して下さい
 文房堂の復刻版大學ノート制作風景


  出展:bumpodomovie

 
松屋は
「紙屋で家風の実直、商品の総てが優良」
とまで認められていましたが
1955年(昭和30年)
創業69年で「松屋」は解散しました。

大学ノートはなんで横書きなの?

横書きに関してはと言うより
日本は先進国から出遅れていて
幕末から明治初期に
欧米の文化や技術を取り入れなければ
独立国として日本が
認められなかった時で
横書き文字列との接触は必然的な事でした。

まして
明治期の大学の先生は
情報、技術収集のため
呼び寄せられたお雇い外国人でしたから
授業も外国語で行われていたので
欧字にならって
横書きになるのは当然でした。

現在
縦書き、方眼、無地のものと
豊富にラインナップされていますが
大学ノートが誕生した時点に関しては
イギリスから大量輸入された洋紙に
印刷されている罫線は
欧文の文字を
記入するために引かれた
欧米文化に習っての「横罫線」でしたから
今でも横のままなのです。

スポンサーリンク




大学ノートのまとめ

大学ノート(だいがくのーと)の
大学とは「東京大学」です。

松屋というお店が
高級なフールスキャップを輸入し
最初にノートブックを作り
丸善というお店が大量生産して
広まっていきましたが
「大学ノート」の名付親は
定かではありませんでした。

横書きは欧米の文化を
ならったものです。

そんな、大学ノートのお話でした。

国産洋紙は、
明治後半(1900年頃)から生産が急上昇し
今は
フールス紙に限らず殆どの用紙が
保存耐久性の良い中性紙が使用されています。

中性紙のため酸化せず、
100年たっても
劣化しないと言われています。

「大学ノート」にも
時代における意味があり
今でも
パソコンに劣らず
「大学ノート」として進化しています。

最後に
メーカーによって異なりますが
ご参考までに
種類をあげてみます。

大  学  ノ  ー  ト
サイズ  (mm)
A4 297 × 210
B5 257 × 182
B5ノビ 266 × 198
セミB5 252 × 179
スリムB5 252 × 146
A5 210 × 148
B6 182 × 128
A6 148 × 105
B7 128 × 91
A7変形 102 × 72
罫 線 (mm)
A罫 普通横罫 7mm
B罫 中横罫 6mm
C罫 細横罫 5mm
U罫 太横罫 8~9mm
UL罫 極太横罫 10mm
ドット入り罫線
文系線 罫幅 7.7mm
罫幅 6.8mm
理系線 罫幅 7mm
罫幅 6mm
そ の 他
方眼罫
罫幅 3㎜・5㎜・7㎜・10㎜
縦罫
単語罫
音楽罫
無地
綴 じ 方
糸かがり綴じ
無線綴じ
リング綴じ


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする