7月25日は最高気温記念日。由来は?日本一暑い町は山形市の高温記録だった!?

スポンサーリンク

7月25日は

「最高気温記念日」の日です。

日々、何気なく過ごしていますが

こんな記念日もあるのかと関心を持つ次第です。

夏の暑さに負けないよう

生活習慣の工夫や対策が必要ですね。

気温とは、

地上の大気の温度のことですが

最高気温という

文字を見ただけでも暑さを感じます・・・

最高気温記念日の由来

1933年(昭和8年)7月25日に

山形県山形市で日本の最高気温40.8℃が

記録されたことを記念して制定されました。

山形市と言えば、寒いイメージの東北地方。

東北で最高気温とは驚きですね。

しかし

その日本の最高記温の記録は

2007年8月16日に

埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で

40.9℃を観測し

74年ぶりに記録が更新されました。

その後

2013年8月12日

高知県四万十市で

41.0℃を記録しました。

高知県四万十市西土佐用井にある

江川崎アメダスにより観測されたわけですが

「江川崎アメダスは条件を満たしていない」などの

疑問視もありましたが、測器の不具合も確認されず

この高温記録は正式発表となり

日本国内における観測史上最高気温となる

高知県四万十市の41.0℃です。

記録更新はされてはいますが

記念日は変更されていません。

saikouFile

気温上昇の理由

山形県山形市や埼玉県熊谷市、

岐阜県多治見市、高知県四万十市など

いずれも

内陸の山地の近くや盆地に位置していることが共通し

もともとあたたかい空気がたまりやすい地形で

気温が上がりやすい条件を備えた地形であると言えます。

また多治見市や熊谷市のように

都市部が近くにある場合は

「ヒートアイランド(熱の島)現象」も

影響していると考えられます。

コンクリートのビルやアスファルト等の放射熱や

エアコンや自動車や情報機器等の排熱など

人工的な熱のために気温が高くなる現象で

人間がつくりだした気候とも言えます。

更に一因とされる

いずれも「フェーン現象」が起きやすい地形であり

湿った空気が

山の斜面にあたったのちに山を越え、

吹き降りる際

暖かい風が流れ込み、気温が上昇する現象です。

fe

         提供:gooニュース

内陸部の山地の近くや盆地である特有の地形に加え      

フェーン現象やヒートアイランド現象、

また、

盆地の地形で顕在化しやすいとされる

日射によって地面や大気が過熱される影響など

気温の上昇には複合的な要因があるようです。

まとめ

日本一暑い町とは、

暑さ日本一を記録した自治体等に

与えられる称号だそうで

「暑い」という言葉に明確な定義がないため

各地の様々な基準で「日本一暑い場所」と

主張することが出来るそうです。

全国各地で「日本一暑い町」をPRして

町おこし、観光誘致活動をする自治体があり

名乗りを挙げ、夏のバトルが繰り広げられていますね。

ちなみに

文献など参照すると

世界最高気温は

アフリカ北東部のジブチ共和国で

時期不明の71.5℃を記録したと

ある日本政府のサイトに記載がありますが

信憑性は、いかがなものか・・・

イラク南東のバスラで

1921年7月8日の58.8℃で

世界最高記録とされていましたが

記録は出所に疑問があり

53.8℃だった可能性が高いようです。

公式の世界記録は

1913年7月10日、

アメリカ・カリフォルニア州のデス・バレーの

56.7℃です。

いずれにしても

身も心もとろけそうです・・・

町おこしもさることながら

フェーン現象が起きやすい地域は、

急に気温が上がるので、体調管理に十分注意し

暑さ対策は重要な課題となりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする