ニュース

榎本一のFacebook顔画像「母親を恨んでたファザコン議員」東京都北区議が覚醒剤で逮捕

ニュース

東京北区の区議会議員・榎本一(えのもとはじめ:53歳)が、覚醒剤を使用した疑いで警視庁に逮捕されました。

現職の区議会議員が53歳にもなって、覚醒剤を使用した驚きの事件です。

議員が「覚醒剤使用」というのは、余り聞かない事件なので、逮捕された榎本一はどのような人物なのか調べていきます。

榎本一のFacebook顔画像

榎本一(えのもとはじめ:53歳)は、区議会議員ですから、「榎本一」で検索すれば顔画像はすぐに出てきますし、ご存じの方は頭の片隅以上に浮かぶでしょう。

榎本一の顔画像です。

ただ、榎本一は議員として世間にどのようなことをアピールしているのか知りたく、Facebookを確認してみました。

Facebook「榎本一」で検索。

フェイスブック検索結果は9件でしたが、該当した「榎本一」はありませんでした。

 

次にフェイスブック「Hajime Enomoto」で検索。

10件ヒットしましたが、ここでも該当人物はいませんでした。

 

更にフェイスブック「榎本○○」で検索しました。

1件ヒットしまして、画像が投稿してあり、かなり顔画像が似ています。

このFacebook「榎本○○」のアカウント顔画像は、議員榎本一の眉毛から鼻筋、ほほ、口元、アゴが非常によく似ている顔画像です。

もう一つは、その榎本一フェイスブック友達に

2名の議員さんがいましたので、かなり近い榎本一のFacebookですが、地域も政治的な内容も無いだけにもう一歩進めず、確定には悩めるところです。

ツイッター「榎本一」検索では

該当者なしです。

 

ツイッター「榎本○○」検索でも

榎本一は特定できませんでした。

 

インスタグラムでも検索しました。

榎本一はInstagramでも確認できませんでした。

榎本一は、議員として公にSNSを活用していないことになります。

そういった議員さんもいらっしゃいますが、確かに面倒なことではありますが、どれだけ都民寄りの人なのかをアピール出来るチャンスを活用しないということは、自身があるか、闇があるかしかありません。

SNSでのメッセージ発信を期待し興味がありましたが、オープンにしないことからしても、「今だから言える」都合が悪い何かがあるのかと、逆に勘ぐってしまいます。

ともあれ、顔画像はわかっていますし、ホームページで確認できます。

榎本一「母親を恨んでたファザコン議員」

榎本一の父親は、榎本敏夫(えのもと としお)
田中角栄(たなかかくえい)元総理大臣の筆頭秘書官です。

榎本一の母親は、榎本 三恵子(えのもと みえこ)
榎本敏夫(えのもと としお)の元妻です。

当時のロッキード事件で細かいことはさておき、榎本家のことを簡単に言うと、
榎本三恵子は長男の榎本一、次男、三男をおいて榎本家を出ていきます。
後に夫・榎本敏夫の悪事を法廷で証言し汚職を追いつめたました。

この榎本一(えのもとはじめ)の生い立ちは、意外と有名な話です。

 

榎本一は、母親の愛情を知らずに、父親が育てたファザコン議員で、母親の悪口は存分に聞かされていたため、母親のことは良く思っていませんでした。

妻として夫を守るべき存在が、子供を置いて出て行き、あげくに夫の罪を証言した母親だったというレッテルを背負って成長した榎本一です。

彼は父親に育てられたファザコンです。
母親の裏切り行為がトラウマになっています。
父親の土台で議員になりましたが、
父親を超えられない弱さからヤクで堕ちました。
彼の日頃の様子がだいぶ変わってきていたことから
敵陣のリークもありえますね。

 

市区町村レベルだと
半グレ見たいな輩でも当選して議員になれてしまうんだよね。

 

榎本一は、当時の状況を知らず「母親は子どもを置いて出て行って父親が育ててくれた」と植え付けられて育ちましたから、父親が正しいと「母親を恨んで育つファザコン男」になってしまいました。

榎本一は、平成22年5月26日~平成23年4月27日の「副議長」くらいで、議員になっても目立つことなく、父親を超える大物にもなれずにいた時に「覚醒剤」使用が発覚。

いつ頃から始めたかはわかりませんが、発覚は確かに「榎本一は様子が変だ」と噂になってましたから、リークされて警察は狙っていたと考えられます。

 

その証拠に榎本一は最近、議会中でも兆候があらわれていました。


「テレビ会社が議会を撮影する」と言われたにも関わらず、18分間の居眠り。


テレビ会社は「居眠り」について、榎本一に電話して対面での取材を申し込みます。


榎本一はコロナ化を理由に、対面取材ではなく書面で対応したいと求め、人と会うのをかたくなに拒んでいました。

この居眠りで「態度悪すぎ」と評判になりました。

 

覚醒剤には神経を興奮させる作用があり、乱用すると眠気や疲労感がなくなり、頭が冴えたような感覚になります。
しかし、そのような効果も数時間で切れ、その後は激しい脱力感、疲労感、倦怠感に襲われます。
影響で疲労感に襲われますから、だいぶ効いているのか、かなりお疲れのようです。

榎本一の家族は

奥さんの名前は見つかりませんでしたが、結婚していて子供が2人。

榎本一に対しては、家族や区民、日本を大切にしてほしいです。

榎本一東京都北区議が覚醒剤で逮捕

東京都北区議員榎本一(53歳)の覚醒剤使用逮捕の報道では

覚醒剤を使用したとして、警視庁上野署が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都北区議の榎本一容疑者(53)を逮捕していたことが、同署への取材で分かった。
逮捕は10日。

逮捕容疑では、11月上旬、都内またはその周辺で覚醒剤を使用したとされる。
署は認否を明らかにしていない。
署によると、9日午後10時すぎ、JR上野駅(台東区)近くで、停車中の乗用車の運転席にいた榎本容疑者に署員が職務質問した際、車内からガラス製のパイプが見つかった。
その後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出た。
北区議会事務局によると、榎本容疑者は1999年に初当選し6期目
TOKYO Web

東京都北区議の榎本一容疑者(53歳)

  • 榎本一の停車中の乗用車からガラス製のパイプが見つる
  • 上野署が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕
  • 尿検査で覚醒剤の陽性反応が検出

「倫理」とは人として守り行うべき道
「道徳」とは人のふみ行うべき道

 

榎本はじめの政治信条

私は「誰が正しいかではなく、何が正しいか」をモットーに
「人と環境にやさしいまちづくり」を推進しています。

議会では、特に投票権のない子どもたちや次世代の声を
区政に活かしたいと日々考えています。

 

榎本一が言っていることと、やっていることは真逆ですね。

 

【地元有権者憤りの声】

東京都北区に住んでいて、これ程騙された事は無いですよ。
議会見れば不誠実なのはわかります。
他党の質問中に寝てるし。態度悪過ぎだよ。
北区議会全員尿検査すべき。
自民党北区議会議員には念入りにして欲しい。

 

榎本一(はじめ)53歳、また名乗りを上げると思いますが、今回のことで区民のみなさんは、今後の未来を「榎本一」に託すのか、どのように考えるのでしょう・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました