師走の意味や語源由来は?今現在でも師走は謎の語源不詳

公開日: : 最終更新日:2016/12/31 行事

SPONSORED LINK

 

12月、何かと

気忙しく慌ただしさを感じる、

師走。

 

12月は

別名・異名として

師走(しわす・しはす)と言ってますが

日本では

旧暦(太陰太陽暦)12月を

「師走、師馳」(しわす・しはす)

 

または

「極月」
(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と

呼んできました。

 

今でも

新暦(太陽暦のグレゴリオ暦)12月の

別名として

「師走」及び「極月」と呼んでいます。


何故「師走」というのか?


「師走」は当て字で

語源については

いろいろな説があるものの

すでに平安時代に

「しはす」の語源は

分からなくなっていますので

現在でも

正確な語源は不詳とされています。

 

12月の異名には

 師走(しわす)

 極月(ごくげつ)

 四極(しわす・しはつ)

 年果つる月(としはつるつき)

 歳極(としはつ・さいきょく)

 師馳月(しはせづき)

 趨走月(すうそうづき)

など、師走に係わる異名があります。

 

語源俗解、 民間語源、通俗語源など

連想からこじつけられた解釈として

根拠がないものとしていまが

正に「師走」は

昔の人が思いついた

連想や理屈やこじつけで

「師走」という「字」にしてしまった。

 

そんな

先人の「師走」に寄せた

奥深い思いの伝わってくる説が

数多くありますので

当て字である、師走(しわす・しはす)の

諸説を挙げてみましょう。

師が走る説



 平安時代末期の古辞書では

 「師(し)」は、僧侶のことで、

 お経を上げるのに西東へ

 「馳せる(はせる)」月と言う事から

 「師馳す(しはす)」と言う説。



 前説の「師馳す」に関しては

 民間語源(言語学的な根拠がない)で

 この説を元に、後から

 「師走」の当て字となったかも?説。



 「師」は、学校の先生

 年末で日ごろよりも

 忙しく「走り」まわる月だからと言う説。



 「師団(しだん)」は、

 軍隊の単位の一つですが

 年末になると

 兵隊さんがバタバタ「走る」と言う説。



 みんな忙しく、この時期ばかりは

 「師匠」でさえも急いで「走って」

 「趨走(すうそう)」することから

 「師趨(しすう)」が世間に広まって

 師走になった説。



 「御師(おし・おんし)」は

 神社の参詣の世話をする

 日本最古の旅行業者ともいわれる人たちで

 伊勢神宮など、お参りするための準備に

 1年で最も忙しく「御師が走り回った」説。


終わる意味での当て字説


 「仕事が終わる」


 1年の最後の月であることから、

 仕事を終わらせる

 仕事が果てるの意味で

 総仕舞いを表す

 「仕極つ(しはつ)」が変化した説。

 「極」は「果てる」という意味があります。



 「年が終わる」


 「年が果てる」と言う意味で

 「年果つ(としはつ)」が変化した説。



 「日時が終わる」


 貝原益軒が唱えた

 「しはつる月」は「日時が果てる月」で、

 これがなまって

 「しはす月」となったという説。


10
 「季節が終わる」


 「日本歳時記」という貝原益軒の書物では

 「しわすというは四時の訛り音なり、

 四極月(しはつづき)なるべし」と記載。

 四時(春夏秋冬)が果てる意味の

 「四極月(しはつづき)」の

 「四極(しはつ)」が変化した説。

 しかし

 「師走」との表記はありません。


11
 「物事をなし終える」


 「年の終わりに為し終える」と言う意味で

 「為果つ(しはつ)」が変化した説。


当て字説

12
 日本書紀に書かれていた

 「十有二月(シハス)」。

 万葉集では

 「十二月(シハス)」。


 シハスと読んでいた事は間違いないが

 「師走」との表記はありません。


13
 国語辞典によると

 当て字と書かれています。

 

以上、諸説でした。

 

まとめ


「師走」という

漢字を当てて書くようになったのは

元禄時代より後世であると思われます。

 

「しわす」の由来は

辞書でも不詳となっているし

全く一切の証がないので

推測の域を出ませんが

日本書紀や万葉集の書物から

十二月と書いて「シハス」と読んでいたが

「師走」との表記がないことから

発音に類似する「師走」の「文字」を

当てたのは察しが付きます。

 

しかしながら

どの諸説により「師走」となったのか?

もしかしたら、違う説があるのか?

 

「後世の当て字」という事実しか

わかっていません。

 

「師走」の一語だけでも

たくさんの説がありましたが

残念ですね。

謎で語源不詳だなんて・・・

 

こじつけでも

言葉の変容に日本語特有の

難しさも感じます。

 


そんな

年の瀬の12月、

1年の区切りをつける月で

日本の大事な習慣である師走。

 

慌ただしいだけで終わらず

師走という時期を見直し

家族みんなで、

1年が無事に終えることに感謝しつつ、

新しい年を迎える心の準備を

していきたいと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

6月だけ祝日がない理由は?祝日が増えると仕事も増える?

祝日がない6月。 夏本番前の初夏であり ジメジメと梅雨の季節でもあり 憂鬱さを感じるのに祝日が

記事を読む

妻の日は12月3日「妻・嫁・女房・奥さん・家内・かみさん」パートナーを何と呼ぶ?

妻の日は12月3日です。 1年間の妻の労をねぎらい 感謝する日とされています。 【

記事を読む

精霊馬とは?お盆のキュウリとナス?置き方や由来や意味も地域で違う

精霊馬(しょうりょううま)とは お盆(おぼん)にお供えする物のひとつです。 お盆の行

記事を読む

7月3日はソフトクリームの日、ソフトクリームって?由来や日本に伝わった歴史は?

7月3日は 「ソフトクリームの日」です。   日本ソフトクリーム協議会が 1990

記事を読む

7月25日は最高気温記念日。由来は?日本一暑い町は山形市の高温記録だった!?

7月25日は 「最高気温記念日」の日です。 日々、何気なく過ごしていますが こ

記事を読む

台風の通り道日本なぜ?台風のメカニズムは?9月26日は台風襲来の日

台風襲来の日は9月26日です。   1954年(昭和29年) 「洞爺丸台風」で青函連

記事を読む

敬老の日は9月第3月曜、老人の日は9月15日、違いや意味と由来、敬老の日は「としよりの日」だった!?

敬老の日(けいろうのひ)は 9月の第3月曜日で 日本の国民の祝日の一つです。 2002年(平成

記事を読む

電気記念日は3月25日。日本で初めて電灯が点灯された日。

3月25日は電気記念日(でんききねんび)です。 日本で初めて電灯が点灯されたことにちなみ1927年

記事を読む

1月7日初めて爪を切る日。七草爪は病除けになる?七草との風習

1月7日は 爪切りの日です。 正月7日と言えば 人日(じんじつ)の節句と言われ 七草粥を食べ

記事を読む

【父の日】由来・意味があった!バラを贈る理由とは?父の日はいつなの?

父の日(ちちのひ)は、 父に感謝を表す日で、正式な祝日ではありませんが 6月の第3日曜日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



入梅の意味も奥が深い.入梅と梅雨.梅雨入りとどう違うのか?語源は?

「入梅」と 暦に書かれているのを目にしたことはありますか? 入梅(に

時の記念日は6月10日.時間の大切さを尊重する日.由来は?

時の記念日(ときのきねんび)は6月10日です。 日本で初めて 時計装

取り付く島もない?暇もない?意味や語源.この慣用句は間違えやすいので注意です

「取り付く暇もない」とか「つっけんどんで取り付く暇もない」とか・・・

新型コロナの「3つの顔」.コロナ禍とは.ウイルス病気.不安.差別.緊急事態宣言

「コロナ禍によって・・・」「コロナ禍で自粛が続く・・・」など、 新型コ

電気記念日は3月25日。日本で初めて電灯が点灯された日。

3月25日は電気記念日(でんききねんび)です。 日本で初めて電灯が点

→もっと見る

PAGE TOP ↑