祭り[鹿沼春の彫刻屋台まつり]4月29日.いちごとコラボ特別公開2018

公開日: : 最終更新日:2020/02/24 行事

SPONSORED LINK

 


この項は

2018年の特別公開祭りの話ですが

「ユネスコ無形文化遺産」認定の

鹿沼市「彫刻屋台まつり」は

毎年10月に開催されています。

 

鹿沼秋まつりがユネスコに

登録された詳しい経緯はこちら

    ↓

山・鉾・屋台行事

 

 

栃木県鹿沼市(かぬまし)で

「鹿沼 春の彫刻屋台まつり」が特別公開!!

 

ユネスコ無形文化遺産に登録された

「鹿沼秋まつり」は

普段では

10月の秋にしか開催されませんが

そのダイジェスト版として、

今春

鹿沼が世界に誇る絢爛豪華な彫刻屋台が

秋まつりさながらの規模となり特別公開です。

鹿沼 春の彫刻屋台まつり

昭和23年10月10日、

鹿沼町が市制を施行し、

県内5番目の市「鹿沼市」が誕生しました。

 

鹿沼市の

市制70周年記念事業として

また

4月1日から6月30日にJRが中心となって開催する

「本物の出会い栃木」デスティネーションキャンペーンの

スペシャルイベントとして開催されます。

 デスティネーションキャンペーンとは

 デスティネーション(目的地・行き先)と

 キャンペーン(宣伝戦)の合成語で

 JRグループ旅客社と

 指定された自治体や地元の観光事業者等が

 共同で実施する大型観光キャンペーンの事で

 「DC」「デスキャン」などとも略されます。

「いちご屋台」「いちごみこし」

 内容ですが

 秋まつりさながらの、

 24台の彫刻屋台が繰り出し、

 主な見どころをギュッとまとめてご堪能いただけます。

 

 鹿沼市では

 2016年11月に「いちご市」を宣言し、

 市役所に大きな懸垂幕を掲げてアピールしていて

 なんと!?

 いちご市かぬまをPRする

 「いちご屋台」?

 「いちごみこし」?なるものが登場するとの事で

 この機会をぜひ、お見逃しなく!

「いちごフェア」

 メイン会場となる、まちの駅新・鹿沼宿の芝生広場で

 自慢のスイーツが・・・

「かぬまブランドフェア」

 屋台のまち中央公園では

 「かぬま和牛」「にら」「鹿沼こんにゃく」等、

 かぬまブランドを食材にして出店。

「市内各店おもてなし」

 市内約20店舗で

 この日だけの特別メニューや特典を用意。

 

鹿沼今宮神社祭の屋台行事

平成15年2月20日に

華美な趣向を凝らした屋台行事のひとつとし

全国的な比較の観点からも貴重な行事であるとして

国の重要無形民俗文化財に指定されました。

鹿沼の屋台が記録に初めて見られるのは

1780年(安永9年)です。

 

屋台本来の機能は

氏神へ奉納する芝居や踊りのための移動舞台ですが

江戸時代からの系統を引く

「踊り屋台」が発展したものが、鹿沼の屋台です。

 

1789年(寛政元年)以降、付け祭りは盛大となり

踊り屋台としての機能は引き継がれたものの

屋台は造りかえられ

黒漆塗(くろうるしぬり)や

一部、彩色彫刻(さいしきちょうこく)で飾られ、

彫刻屋台の祖形ができあがりました。

 

後に

すべて彩色された全面彫刻の屋台が完成しますが

幕末の華美の禁止令により

白木造(しらきづくり)屋台の出現となり

彩色彫刻黒漆塗屋台から

白木彫刻白木造屋台にかわり

神社にはお囃子を奉納する形へと変化しました。

 

全面が「豪壮な彫刻」と

「緻密な彫刻」によって飾られていて点や

骨組みの部分に

筋交い等を有しない構造に特徴があり

四輪一層形式の囃子屋台で

華麗な彫刻を施した屋台の中に

囃子方が乗り巡行します。

 

「鹿沼の魅力」を

存分に味わっていただきたいと思います。

山・鉾・屋台行事


山・鉾・屋台行事(やま・ほこ・やたいぎょうじ)とは

各地独特の様々な祭り行事のことで

平成28年11月30日20時02分

日本時間12月1日2時02分に

エチオピアの首都アディスアベバで開かれた

ユネスコの第11回無形文化遺産委員会において

「山・鉾・屋台行事」の日本の祭り33件が

ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

鹿沼秋まつりがユネスコに

登録された詳しい経緯はこちら

    ↓

山・鉾・屋台行事

 

この登録対象のひとつが

「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」の

「鹿沼秋まつり」です。




SPONSORED LINK

関連記事

【節分と豆まき】由来と意味、厄除け。節分の日は年によって変わる。立春を迎える心構え

「鬼は外、福は内」といえば 節分(せつぶん、せちぶん)です。 地方よって異なりま

記事を読む

紅葉するのはなぜ?紅葉して落葉する仕組みや色の違いは?モミジとの違いは?

紅葉(こうよう)とは 秋に一斉に葉の色が、赤や黄に変する様子であり 日本の秋のイベント、

記事を読む

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国民の祝日の一つですが 「

記事を読む

妻の日は12月3日「妻・嫁・女房・奥さん・家内・かみさん」パートナーを何と呼ぶ?

妻の日は12月3日です。 1年間の妻の労をねぎらい 感謝する日とされています。 【

記事を読む

夏の大三角は七夕と天の川にまつわる3つ星、1万年先には北極星になる星の話

夏の大三角(なつのだいさんかく) あるいは 夏の大三角形(なつのだいさんかくけい)は こと座α

記事を読む

共創する未来の日は8月3日。共創?新時代の消費スタイルはなぜ共創なのか?

8月3日は「共創する未来」の日です。 最近、 「共創(きょうそう)」という言葉を

記事を読む

7月3日はソフトクリームの日、ソフトクリームって?由来や日本に伝わった歴史は?

7月3日は 「ソフトクリームの日」です。   日本ソフトクリーム協議会が 1990

記事を読む

勤労感謝の日 本当は意味があった 新嘗祭との関係

勤労感謝の日は 11月23日、日本の国民の祝日です。 今年も来年も再来年も 同じ1

記事を読む

姫始め(ひめはじめ)は1月2日の行事。由来は年初めに姫を食べる日だった!?

姫始め(ひめはじめ)とは 1月2日のりっぱな行事であり 新年の「季語」でもあります。

記事を読む

たすけあいの日.10月15日.助け合う.協力することで生き延びてきた人類

10月15日は「たすけあいの日」。 1965年(昭和40年)に 全国社会福祉協議会が制定

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



入梅の意味も奥が深い.入梅と梅雨.梅雨入りとどう違うのか?語源は?

「入梅」と 暦に書かれているのを目にしたことはありますか? 入梅(に

時の記念日は6月10日.時間の大切さを尊重する日.由来は?

時の記念日(ときのきねんび)は6月10日です。 日本で初めて 時計装

取り付く島もない?暇もない?意味や語源.この慣用句は間違えやすいので注意です

「取り付く暇もない」とか「つっけんどんで取り付く暇もない」とか・・・

新型コロナの「3つの顔」.コロナ禍とは.ウイルス病気.不安.差別.緊急事態宣言

「コロナ禍によって・・・」「コロナ禍で自粛が続く・・・」など、 新型コ

電気記念日は3月25日。日本で初めて電灯が点灯された日。

3月25日は電気記念日(でんききねんび)です。 日本で初めて電灯が点

→もっと見る

PAGE TOP ↑