冬将軍の意味・由来とは!?将軍は誰でしょう?ナポレオンと関係があった意外な出来事

公開日: : 最終更新日:2020/02/24 生活

SPONSORED LINK

 

冬将軍(ふゆしょうぐん)とは

冬季に周期的に南下する

北極気団(シベリア寒気団)のことで

よく、

お天気情報で耳にしますが何故、将軍なのでしょう?

 

「冬将軍到来」

「冬将軍来たる」

「冬将軍の訪れ」などと表現されてますが

冬将軍の由来って

日本には関係のない話しだったのです。

冬将軍の歴史と語源

語源は

やはり過去の歴史から名付けられたもので

天気のことを擬人化した言葉で

厳しい冬の寒さの様子を表しています。

 

言葉の由来となった人物とは、

あの有名な、フランス革命時代の皇帝・軍人の

「ナポレオン・ボナパルト」です。

歴史

日本では幕末の江戸時代の頃

1812年(文化9年)、

ナポレオンはロシア開戦を決意し

27万人のフランス軍と

同盟諸国軍を加え総勢、60万人の大軍で

ロシアに侵攻を始めました。

 

ロシア軍は、

戦えば確実に負けると判断していたようで

広大なロシアの国土をうまく活用し

戦わずして、ひたすら後退します。

 

そしてロシア軍は

フランス軍の進路にある物、

物資や食糧、家屋や田畑はおろか、

町そのものや自然の山林まで、全て焼き払います。

 

つまり

自国領土に侵攻する敵軍に対し

焼け野原にしてしまえば

食料の調達や燃料の補給、休養など出来なくなり

敵軍の

戦闘の構築や維持などを不可能にさせる戦術をとり

フランス軍の勢力が弱まるのを待ち続けます。

 

フランス軍は

既に、兵力が3分の1以下になっていたものの

モスクワへ入城しました。

 

ナポレオンは

モスクワを制圧すればロシアが降伏すると

考えていたわけです。

 

また

必要な物資や食糧が手に入ると・・・

ところが

フランス軍がモスクワへ入城したその夜

ロシア軍は放火し、モスクワも焼け野原と化します。

 

ナポレオンは

この時点で断念、退却を開始しますが

逆に、ロシア軍が追撃し襲撃されます。

 

その時に重なったのが

夏装備のナポレオン軍に襲い掛かった

冬将軍となるシベリア寒気団の猛烈な寒さです。

 

そして

ロシア国境まで生還したフランス兵は

60万人の1%以下となる、わずか5千人でした。

 

語源

イギリスの新聞で

ロシアの「厳しい冬」にナポレオン軍は敗れたと

「General Frost(霜将軍)」と表現したのが語源、

または

イギリスの風刺画家が


「General Frost Shaveing Little Boney」と題して

絵を描いたのが語源です。

(リトル・ボニーは

ナポレオンの愛称)

 

この報が日本に入ると、

「General Frost」は「冬将軍」と訳されたようで

もとの語から別の語に生じて

日本に「ジェネラル・ウインター」と紹介された例もあり

「General WInter」と定着し

「冬将軍」という翻訳言葉になったわけす。

 

また

別な話しで、トルストイの小説「戦争と平和」に

「general frost」という単語があり

日本人作家の森鴎外が

「general frost」を「冬将軍」と翻訳したようです。

 

「ロシアには負けなかったが冬の寒さに負けた」として

「冬将軍」とは

ナポレオンをも打ち負かすほどの

ロシアの酷寒は想像を絶するもので

「猛烈な寒さ」という意味合いがあります。

まとめ

「冬将軍」は

正式な気象用語ではありません。

 

気象でいう「冬将軍が来る」とは、

「真冬の寒波到来」という意味で、

「すごく強い寒波が来る」事の喩えを指します。

 

日本では冬将軍が到来すると

日本海側では、強い降雪をもたらし、

太平洋側では、乾燥した北西風が吹き荒れますから

天気予報で「冬将軍が来る」と発言していたら

「冬型の気圧配置が強まる」と考えてよいわけです。

 

「西」に高気圧、「東」に低気圧があることから

そこでよく耳にする

「西高東低の冬型の気圧配置」 という

発言を聞く機会が増えると思いますが

中国大陸の北側に

優勢な高気圧が姿を現したら、

それが

いちだんと寒さが厳しくなる

「冬将軍到来」の合図です。

SPONSORED LINK

関連記事

【イケメン付箋】大人気、職場や学校で癒される話題の付箋とは

付箋(ふせん)と言えば 「イケメン付箋」が 今、 コミュニケーションツールとして

記事を読む

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 2017年の新語・流行語大賞になり

記事を読む

【ものすごい図鑑】は、本当にものすごい!チームラボが制作した、NHK for School

ネット上にある 「ものすごい図鑑」とは ぐるっと見渡せる天球撮影された 高画質の昆

記事を読む

ハラスメント対策、一人で悩まないで解決しよう!私は大切な社員なのだから!

ハラスメントとは いろいろな場面での 嫌がらせやいじめ、人を不快にし困らせることで 個人の尊厳

記事を読む

冬の重ね着術。温めるポイントは!?寒い冬を快適におしゃれに過ごす基本

寒いと服をたくさん着ます。 ただの「重ね着」だけでは暖かさを保てず 重いだげで、何枚

記事を読む

グランピング流行中!豪華で贅沢キャンプ、女子会にも大人気の新感覚キャンプ

グランピングってご存知でしょうか? 自然と一体となり 日々の生活では過ごすことの出来ない

記事を読む

【30秒見つめて】ビックリ画像、ネガがポジになる残像現象

再び話題の ビックリ画像です。 ひと時前にもありましたね。 ネガ画像を見て

記事を読む

眠れない時!478呼吸法で簡単に眠れる睡眠法はストレス軽減リラックス効果があった!?

478呼吸法が入眠を誘うかもしれません。 翌日の朝、早いから早く眠りたいのに いくら

記事を読む

「西向く侍」の意味とは?こぶしで簡単に覚える大小月数と暦

暦(こよみ) いわゆる「カレンダー」には 大の月(日数が多い月)、小の月(日数が少ない月

記事を読む

【2-6-2の法則】人間関係にもう悩まない!自分らしく生きるために

2-6-2の法則、 これは世の中の一種の摂理を表している数字です。 悩んでばかりいら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



電気記念日は3月25日。日本で初めて電灯が点灯された日。

3月25日は電気記念日(でんききねんび)です。 日本で初めて電灯が点

2月だけ日数が少ないのは?閏年は4年に1度ではない!?暦の話

閏年は 必ず4年ごとではありません。 暦は 400年に3回、閏

除夜の鐘の由来.始まった歴史は近代だった!?

除夜の鐘は 12月31日、大晦日恒例の 年越しの風物詩で年

妻の日は12月3日「妻・嫁・女房・奥さん・家内・かみさん」パートナーを何と呼ぶ?

妻の日は12月3日です。 1年間の妻の労をねぎらい 感

OLの日は11月25日.OL誕生は東京オリンピックに由来していたエピソード

OLの日は11月25日。 働く女性の異業種間交流サークルの

→もっと見る

PAGE TOP ↑