あるバッタの話、ガンバッタ中学生のものスゴイいい話し

公開日: : 最終更新日:2017/01/02

SPONSORED LINK

 

感動しました。

「あるバッタの話」って、ご存知ですか?

とても面白い話で、素敵だと思いました。


中学生が書いた

ストーリーという事で、大変驚きました。



とあるラジオを聴いていましたら

童謡風のナレーションで語り、

シミジミ聴き入ってしまいました。


そんな、

あるバッタの話を、ご紹介したいと思います。


「あるバッタの話」


ある町に一匹のバッタがいました。

名前を「行き当たりバッタり」と言いました。

毎日そのバッタは気ままに生きていました。

ある日気がつくと体中にシミが出ていました。

お医者様は「苦シミ」と「悲シミ」のシミだと言いました。                

果物を食べなさいと言われました。

柿を食べました。

しかし、治りません。

お医者様は「あなたの食べた柿の名前が悪い」と言われました。

それは「モガキ」と「アガキ」という柿だと言うのです。

もうバッタリいかんということで、
               
「それではどうすれば良いか」と尋ねると

「この裏山の崖を登りなさい」と言われました。

その崖の名前は「命崖」(いのちがけ)と言います。

苦労してやっとの思いで登ると

すばらしい景色が見えて、

気持ちが爽やかになりました。

すると、不思議にその時から、

体のシミがすーっと消えました。

そのバッタの名前は「ガンバッタ」という名前に変わりました。

           「作者:不詳の中学生」


と言う、お話しです。

感想

どう、お感じですか?

良く出来てますね。

りっぱな、童謡ですよね。


まず、

中学生が書いたものとは思えません。

その中学生は、とても豊かな心の持ち主で、

また、とても聡明な子だと思います。

感銘を受けます。


一読すれば、

「なるほどー」って、

機知に富んだ内容に感動しますし、

読めば読むほど、

深く考えさせられるものがあり、

読む側に、

「如何に生きるか。」という問いを

投げかけてくれるものでもあると思います。



命懸け、一生懸命、

力を出せたら後悔はありません。


「頑張る」でも、

我を張っては、苦しくなってしまうから、

その頑張るではなく

人に認められようが、認められまいが、

見ていようが見ていまいが、

一心まことをこめる、

そういう意味での頑張りが

出来たらいいな~・・・



この、あるバッタの話を

読ませてもらったということは、

「これをよーく心に置いて、

 あなたも身に行じていって、

 自分のものとしていくのだよ。」と

神さまが

私に言ってくださっているかのようにも感じました。



すでに今の瞬間が

過去であり未来であり

同じ時間というものは、二度と来ることはありません。



時には

気ままも必要かもしれませんが

人間も

行き当たりばったりではなく

何事においても事前に準備が出来ている方が

悔いのない人生を歩んでゆく一歩だと思います。



人生においても、

最後にガンバッタで終えるためにも、

日々の積み重ね。


今日も一日、クタバッタにならないよう

ガンバッタと思えるような一日を送りたいですね。



素敵な

「あるバッタの話」でした。

SPONSORED LINK

関連記事

【プリンセス駅伝】前代未聞ハプニングの賛否、飯田怜の四つん這い走行編

プリンセス駅伝は クイーンズ駅伝の予選会です。 【目次】 プリンセス駅伝とは アクシデント

記事を読む

読んだ人の9割が涙した感動実話.人生の鏡の法則は自分に問題があった

読んでみたら9割の人が涙したという物語で 実話に基づくお話です。   本当のタイトル

記事を読む

五木の子守唄は子守唄ではない!?五木村の守り子唄の悲しいルーツ話

五木の子守唄(いつきのこもりうた)は 熊本県球磨郡(くまぐん)五木村に伝わる子守唄です。 &nb

記事を読む

幸せの「はひふへほ」の話。心癒す知恵ある人生の言葉は幸福への入口

幸せの「はひふへほ」を ご存じでしょうか? 幸せって何だろう? 幸せって人それ

記事を読む

取り付く島もない?暇もない?意味や語源.この慣用句は間違えやすいので注意です

「取り付く暇もない」とか「つっけんどんで取り付く暇もない」とか・・・仕事などの場面や状況で、よく耳

記事を読む

一杯のかけそば、幸せのテーブルに置かれた善意、幻の童話は色褪せない話

一杯のかけそば 一大ブームを巻き起こして 消えていった話ですので ご存じの方はたく

記事を読む

【プリンセス駅伝】クイーンズ駅伝を逃したハプニング、岡本春美の脱水症蛇行編

プリンセス駅伝とは 愛称「プリンセス駅伝in宗像・福津」と呼ばれ 実業団女子日本一決定戦への出場

記事を読む

童謡「赤い靴」はいてた女の子は実話だった?本当は異国に行っていない悲しい歌!

「赤い靴(あかいくつ)」の 童謡(どうよう)は、ご存知でしょうか?   ある少女が 天国へ

記事を読む

【親父の小言】の由来.常識な小言は心の琴線に触れる.それは江戸時代に存在していた!

親父の小言は 処世訓を短い言葉で連ねた 全45ヶ条の小言を記した格言集です。 居酒屋の壁やトイ

記事を読む

水金地火木土天海冥の9惑星だったのに冥王星が準惑星になり8惑星になった話

「水金地火木(すいきんちかもく)……」って 太陽系の惑星の並び順、覚えていますか? 太陽系の惑星名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



水金地火木土天海冥の9惑星だったのに冥王星が準惑星になり8惑星になった話

「水金地火木(すいきんちかもく)……」って 太陽系の惑星の並び順、覚

入梅の意味も奥が深い.入梅と梅雨.梅雨入りとどう違うのか?語源は?

「入梅」と 暦に書かれているのを目にしたことはありますか? 入梅(に

時の記念日は6月10日.時間の大切さを尊重する日.由来は?

時の記念日(ときのきねんび)は6月10日です。 日本で初めて 時計装

取り付く島もない?暇もない?意味や語源.この慣用句は間違えやすいので注意です

「取り付く暇もない」とか「つっけんどんで取り付く暇もない」とか・・・

新型コロナの「3つの顔」.コロナ禍とは.ウイルス病気.不安.差別.緊急事態宣言

「コロナ禍によって・・・」「コロナ禍で自粛が続く・・・」など、 新型コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑