【暑さ寒さも彼岸まで】の意味や由来、日本だけの古来独自の風習の話

公開日: : 最終更新日:2020/02/24 生活

SPONSORED LINK

 

暑さ寒さも彼岸まで

(あつささむさもひがんまで)


「冬の寒さは、春分の頃まで

 夏の暑さは、秋分の頃までには和らいで、

 凌ぎ(しのぎ)やすくなる」という意味で

日本人の季節に対する感覚を表現した慣用句です。


彼岸(ひがん)にあたる

「春分の日」や「秋分の日」を境に、

それまでの寒さや暑さが次第に落ち着き

過ごしやすい日々になるということです。


「暑さ寒さも彼岸まで」は

日本独自の風習でした。

言語由来

「暑い寒いも彼岸まで」

「暑い寒いも彼岸ぎり 」

「暑さの果ても彼岸ぎり寒さの果ても彼岸ぎり 」など

同様の句もあります。


1年のうち、

特別な日が2回あります。


「春分の日」と「秋分の日」で

太陽が丁度赤道上になり

昼と夜の長さがほぼ同じになり

太陽が真東から昇り、真西に沈む日です。


春分以降は

太陽の出ている時間(昼間)が長くなって

寒さが和らぎ暖かくなり

秋分以降は

太陽の出ている時間(昼間)が短くなって

暑さが和らぎ涼しくなります。


春分の日、秋分の日を境に季節が折り返され

1年中でもっともよい季節となり

冬の寒さや夏の暑さの目処(めど)がつき

この時期が「彼岸」にあたりますから

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようになったようです。


彼岸の行事は

聖徳太子の時代に始まったと言われていますが

明確なものがありません。


彼岸のはじまりを示す

記録に残っている初出は

平安時代初期に編纂された歴史書の

「日本後記」(にほんこうき)」に

西暦806年(大同元年)3月

「奉爲崇道天皇。令諸国国分寺僧春秋二仲月別七日。讀金剛般若經。」

とあり

「崩御した崇道天皇の供養の為に 諸国の国分寺の僧を集め命じて

 春秋二季の7日間 金剛般若経を読ませる」と

朝廷で法要をしたことが記されています。


少なくとも平安時代の初期から

すでに彼岸が年中行事になっていたと言えます。



「暑さ寒さも彼岸まで」の

ことわざとしての文献上の初出は

江戸時代後期の儒学者である

太田全斎(おおたぜんさい)の

「諺苑(げんえん)」(1797年)という

江戸時代の国語辞書に記述があることから

平安時代の貴族の文化が徐々に

江戸時代になって一般庶民の文化として

彼岸の仏事が広まった事を伺い知る事ができます。



もう一つには

農耕民族である日本人の「春」と「秋」は、

春分の頃に豊作を祈り種をまき

秋分の頃に感謝を捧げ収穫するという

季節の区切りとしての農耕の目安でもあり

収穫は生きるために欠かせないものです。


お日様に願い、

自然に対する感謝の気持ちや祈りを大切にし

太陽を始め、様々な「神」を崇拝し

祈りが最も通じやすくなる日と考えた

重要な日でもありました。

もう一つの意味

「暑さ寒さも彼岸まで」の

彼岸という言葉を仏教的に考えると

もう少し違った深い意味になります。


仏教でいう彼岸は、

「悟りの境地に達した世界」「向こう岸」ですから

暑さも寒さも苦しみもすべてこの世まで、

この世に生きている間だけのものであり

向こう岸である悟りの境地に達すれば

暑さも寒さも苦しみも悩みも

一切なくなるという意味にもなるわけです・・・

彼岸

「お盆」は、ご先祖様をお迎えしてお送りますが

「お彼岸」は、こちらからご先祖様へ歩み寄る行為で

年に2回、春彼岸と秋彼岸があります。


春分の日(3月21日頃)、

秋分の日(9月23日頃)を中日(ちゅうにち)として

その前後の3日を合わせた7日間が彼岸の時期です。


地球が太陽のまわりを回る日数の誤差により

その年によって日付が変化します。


【春彼岸】

 春分の日が3月21日の場合

  3月18日:彼岸入り

  3月21日:彼岸の中日(春分の日)

  3月24日:彼岸明け


【秋彼岸】

 秋分の日が9月23日の場合

  9月20日:彼岸入り

  9月23日:彼岸の中日(秋分の日)

  9月26日:彼岸明け


【代表的なお供え】

 春の彼岸・・・春に咲く牡丹にちなんで

  牡丹餅(ぼたもち)のこしあん


 秋の彼岸・・・秋に咲く萩にちなんで

  お萩(おはぎ)の粒あん



「彼岸」という言葉は仏教用語ですが

本来は

仏の教えを実践する期間です。


やがて彼岸の行事は、

お墓参りをする祖先供養の行事へと

今でこそ、趣旨が変わって定着していますが

実は

日本で生まれた習慣で日本にしかない独自のものです。


仏教の行事であるものの

他の仏教国では「彼岸」という風習はありませんので

「暑さ寒さも彼岸まで」という言い方も、日本ならではです。

最後に

「暑さ寒さも彼岸まで」の

意味を転じて、

「辛いこともいずれ時期が来れば去っていく」という

意味で用いられることもあります。


「厳しい自然を耐え忍んでいれば徐々に和らいでくるから

 暑さ寒さも、もう少しだから我慢しよう」のように

「どんなに困難なつらい事でも、時が経てば、

 乗り越えることができる」という

自然には太刀打ちできない、切なさが

自然に寄り添う暮らしの中で希望を見い出した

「先人の励まし」のように感じる言葉です。


自然をたたえ

自然の恵みに感謝する気持ちから

ご先祖様を大切に敬う行為に繋がってきた

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉だと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

かき氷やアイスでキーンと頭痛の予防.対処法.なぜ頭が痛くなる?アイスクリーム頭痛とは?

かき氷やアイスなど 冷たいものを食べたとき 頭がキーン!という 「頭痛」を経験した

記事を読む

ハラスメント対策、一人で悩まないで解決しよう!私は大切な社員なのだから!

ハラスメントとは いろいろな場面での 嫌がらせやいじめ、人を不快にし困らせることで 個人の尊厳

記事を読む

【DIY】人気のDIYでよりよい暮らし!自分らしく快適な生活をつくろう

DIY(ディー・アイ・ワイ) ホームセンターやネット上でも よく見かける文字となりました

記事を読む

ハラスメントが増え続ける!ハラスメント50種超えの過剰増加の時代

ハラスメントは 人を困らせること、嫌がらせです。 もくじ 「ハラスメントの種類」 1. セクシ

記事を読む

【30秒見つめて】ビックリ画像、ネガがポジになる残像現象

再び話題の ビックリ画像です。 ひと時前にもありましたね。 ネガ画像を見て

記事を読む

休日は短く、仕事は長く感じるのはなぜ?楽しい時間はなぜ短い?体感時間のズレ

休日はアッと言う間に過ぎ去り 仕事日は「エーッ!まだこんな時間!!」と 時計につぶやき・

記事を読む

眠れない時!478呼吸法で簡単に眠れる睡眠法はストレス軽減リラックス効果があった!?

478呼吸法が入眠を誘うかもしれません。 翌日の朝、早いから早く眠りたいのに いくら

記事を読む

グランピング流行中!豪華で贅沢キャンプ、女子会にも大人気の新感覚キャンプ

グランピングってご存知でしょうか? 自然と一体となり 日々の生活では過ごすことの出来ない

記事を読む

ノンアルコール飲料はアルコールが入っている?気になる本当の事実は!

ノンアルコール飲料と言えば アルコール独特の味を再現し 飲酒の気分を楽しめるというスグレ

記事を読む

【イケメン付箋】大人気、職場や学校で癒される話題の付箋とは

付箋(ふせん)と言えば 「イケメン付箋」が 今、 コミュニケーションツールとして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



電気記念日は3月25日。日本で初めて電灯が点灯された日。

3月25日は電気記念日(でんききねんび)です。 日本で初めて電灯が点

2月だけ日数が少ないのは?閏年は4年に1度ではない!?暦の話

閏年は 必ず4年ごとではありません。 暦は 400年に3回、閏

除夜の鐘の由来.始まった歴史は近代だった!?

除夜の鐘は 12月31日、大晦日恒例の 年越しの風物詩で年

妻の日は12月3日「妻・嫁・女房・奥さん・家内・かみさん」パートナーを何と呼ぶ?

妻の日は12月3日です。 1年間の妻の労をねぎらい 感

OLの日は11月25日.OL誕生は東京オリンピックに由来していたエピソード

OLの日は11月25日。 働く女性の異業種間交流サークルの

→もっと見る

PAGE TOP ↑