【和田アキ子】紅白出場落選!世代交代の言い訳がNHKを変える

公開日: : 最終更新日:2016/12/31 人物

SPONSORED LINK

 

皆様ご存知の大御所

「和田 アキ子(66歳)」さん。


2016年の

紅白歌合戦のテーマは

「夢を歌おう」です。



年末の紅白歌合戦と言えば

紅組の和田アキ子さんは

紅組司会を通算3度務めるなど

「取り」とも言うべき存在であり

1986年から

女性歌手歴代単独1位となる

31年連続の出場を目指していたのに落選。



なぜ

「第67回NHK紅白歌合戦」で

落選したのか?



和田アキ子さんが

紅白歌合戦に

多大な貢献をしてきたにも拘わらず

落選した事により

注目度があがったものの

ここ数年、

大物歌手の卒業や落選が

続いているのも事実で

紅白の一幕が終わったように思う。


紅白落選の理由


表向きの理由は

そろそろ払拭する時ではないかと

世代交代の流れとして

NHKは、和田さんを

出場見送りと決定しました。




では、

裏と言えば

「あの鐘を鳴らすのはあなた」

「笑って許して」

「古い日記」

「もう一度ふたりで歌いたい」など

近年のヒット曲が無いのが事実。



実績も歌唱力もさることながら

裏方約にまわり

場を盛り上げてきた事には

間違いないが

「それでいいの?」と

疑問符が残る。



それだけではない。

選ばれし人、落とされし人

プロダクションやNHKの

利害関係に伴う選考も実はある。


今回の落選劇は

紅白が生まれ変わるための

苦渋の選択でもあり

先を見据えた

当然の結果とも言えます。



ここ数年の

「紅白歌合戦」を振り返ってみよう。



和田さんに限らず

大御所や長年活躍している歌手など

数年前の「歌」を披露している。


毎年、

同じ歌で良いのですか?

歌唱面だけで良いのですか?

連続出場〇〇回の快挙が必要ですか?



ひと時前は

その年、

「ヒットした歌」が選ばれた紅白歌合戦で

年を閉めくくる人気の年末歌合戦でした。


紅白が生まれ変わるために


考えてみれば

時代と共に

変わりゆく姿でなくては、ならないものが

蔓延と繰り返すかのような内容に

なりつつある事に気付いた。

いや、気付いていた。



紅白歌合戦を数年、

何とか続けてきた些細な重い理由があり

一旦、閉めるのは

原点に戻ることであって

一時代の終わりを告げた意味は

今後の糧になる。



年末、

欠かせない歌番組であったはずなのに

人気が無くなった理由は

何かあるはずです。


その理由には

ノミネートもなく

連続出場だから、大御所だからと言い

毎年、

同じ歌で良いのですか?


出場させたくても出せない、

そんな

圧力、癒着、ゴマすりの

裏事情は、封印しませんか?

と、言う事です。




世代交代の流れは綺麗ごとで

その年

「ブレイクした歌手が選考される」のが

昔ながらの基本であることを

誤魔化してはいけない。



音楽活動で活躍した

アーティストに出場してもらいたい。


NHKと絡む暗闇の

影響力など、無くしてもらいたい。




ですから

「和田アキ子」さんだからと言う事でなく

遅ればせながら、

NHKさんやプロダクション側も

見直す時代に突入したのです。



随分前から

分かっていたと思いますが

そろそろ

タイムリミットだったのでしょう。



いつの世も

綺麗な世代交代は必要で

それがあって

さらに発展してゆくのです。




演歌の大御所である

北島三郎さんは2013年に、

森進一さんも2015年に

紅白の舞台を降りています。


和田アキ子さんと同い年の

細川たかしさんも

出場者発表前に自ら卒業を発表。





こうして

大御所たちが、紅白から去る一方では

新顔が登場するのは当たり前ですが

演歌歌手や、新人にとって

紅白出場はビッグチャンスなのです。


大物・新人、利害関係なく

国民が納得するような

選考をしてもらいたいと思います。




一応、

今年からオリンピックイヤー目前の

2019年「第70回」まで

「夢を歌おう」と言うテーマで

以後4年間、

同じテーマでいくとのことです。



今年解散とされている

SMAPの出場が期待されてますが

残念ですが無い様ですね。





和田アキ子さんは

1970年に紅白歌合戦に初出場、

1978年まで連続出場。


その後、

1986年に再出場し、

その以降は

2015年まで30年連続で出場。


今年出場すれば40回目ともなる

記念すべき節目を飾ることは

奇しくも叶わなかった・・・


本人は、

残念で悔しい一方で、

紅白への感謝も表明した様ですが

ファンの方にとっても

とても残念なことでした。


益々のご活躍を願っています。





和田 アキ子
(わだ アキこ、1950年4月10日 )

 本名:飯塚 現子(いいづか あきこ)。


  株式会社ホリプロ 所属、

  テイチクエンタテインメント /

  ユニオンレコード所属。


 活動内容:歌手、タレント、女優、司会者、

      ラジオパーソナリティ、実業家


 在日韓国人として出生し、

 その後、日本へ帰化(きか)。

   帰化とは

   本人の希望により他国の国籍を取得し

   その国の国民となること。


   帰化前の名:金 福子、通名:金海 福子。



 1968年(昭和43年)10月25日、

 「星空の孤独」で歌手デビュー。



 発展途上国の

 恵まれない子供たちの支援団体である

 里親制度に登録・支援している。

SPONSORED LINK

関連記事

夏目 雄大、侮辱ツイート炎上の社会問題を克服し未来を担う人になって欲しい!

夏目 雄大(なつめ ゆうだい)は 現在無所属になってしまった若手モデル、俳優です。

記事を読む

松本伊代と早見優が書類送検!鉄道営業法違反で夫のヒロミも謝罪

歌手、タレントの 松本伊代(51)と早見優(50)が 2月10日夜、 鉄道営業法違

記事を読む

喝采 ちあきなおみの名曲は悲しい実話か!?伝説の歌姫デビュー50周年!喝采の誕生秘話

喝采(かっさい) という、楽曲。 「ちあきなおみ」の代表作で 亡くなってしまっ

記事を読む

「水曜日のカンパネラ」人気のコムアイは嫌い?キテレツパフォーマンスに目が離せない

「水曜日のカンパネラ」は 新感覚を確立する音楽ユニットで 人気急上昇中です。

記事を読む

村上茉愛、体操・新ヒロインがゴムまりの筋肉で東京五輪金メダルを目指す

村上茉愛(むらかみ まい) 女子体操競技選手。 女子体操界において日本人選手では

記事を読む

夏井いつき組長!?加根光夫が支える波乱万丈な俳句人生

夏井いつきさんは 日本の俳人・エッセイストで 人気テレビ番組の「プレバト!!」では

記事を読む

TOKIO、幻の魚「オオカミウオ」を釣り上げた!鉄腕DASH伝説

「オオカミウオ」と言う 「神の魚」「幻の魚」として知られる貴重生物を TOKIOの城島茂

記事を読む

【ボヘミアン・ラプソディ】クイーンとフレディの伝説の感動物語が今蘇る!

ボヘミアン・ラプソディは 世界中の誰もが知る スーパーロックバンド「クイーン」の楽曲で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



女子大生の日は8月16日、日本初の女子大生が誕生し道を切り拓いた深い意味のある日

女子大生の日は 1913年(大正2年)の8月16日 東北帝

共創する未来の日は8月3日。共創?新時代の消費スタイルはなぜ共創なのか?

8月3日は「共創する未来」の日です。 最近、 「共創(きょ

日本標準時制定記念日は7月13日-子午線.本初子午線.135度?世界時.原子時.協定時.閏秒とは?

7月13日は 日本標準時制定記念日です。 1886(明

7月3日はソフトクリームの日、ソフトクリームって?由来や日本に伝わった歴史は?

7月3日は 「ソフトクリームの日」です。 日本ソフトク

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 20

→もっと見る

PAGE TOP ↑