【冬の恋人の日】2月27日、恋人同士の絆を深め、愛情を育む日

公開日: : 最終更新日:2018/03/04 行事

SPONSORED LINK

 

「冬の恋人の日」は、2月27日です。


冬の恋人って

とてもロマンチックな感じで

素敵なネーミングですね。


恋人同士に向けられた記念日、

「冬の恋人の日」についてのお話です。

冬の恋人の日の由来

まず

2月14日のバレンタインデーが過ぎて

次は

3月14日のホワイトデーを迎えるわけですが

ホワイトデーまでに

「恋人同士の絆を深める日」を設けようと

結婚カウンセラーの人達などが制定した日が

2月27日であり 「冬の恋人の日」 となりました。


2月27日は

寒さが厳しくとも

愛情を育んでほしいという冬の2月と

2人の強い結びつきを表す 「絆(きずな)」 の

ず(づ)→ 2 ・ な → 7 という語呂合わせから

2月27日が選ばれたわけです。


ちょうど

バレンタインデーとホワイトデーの中間の日にあたり

恋人たちがお互いを思い合い、絆を深める日として

2人の絆をしっかり確かめましょう!

2人の愛をもっと深めましょう!と言う事です。


別名 「絆の日」 とも言われていて

語呂的に無理やり感はありますが

結婚カウンセラーの人達が

恋人同士の愛の結び付きに願いを込めた

「結婚」 を応援する記念日です。

絆とは

「絆(きずな)」と聞けば、響きが良く

今でこそ

前向きなイメージのポジティブな言葉で

人と人との断つ事のできない結びつきを意味しますが

本来は

犬・牛・馬・鷹などの動物を、

「繋いでおくための綱(つな)」 の事を指し

動物をつなぎとめる、縛り付けるの意味を持ちます。


また

「絆(ほだし)」 とも読み

情に引きつけられて、

人の心や行動の自由を縛ると言う意味や

自由をさまたげる意味であり

そして

手かせ、足かせという

馬の足をつなぎとめる縄の意味でもあり

束縛という意味合いが強くなります。



「絆(きずな・ほだし)」は、

どちらも 「結びつける」 という意味を持ちますが

自分は 「きずな(繋ぐ)」 と思って一生懸命でも

相手は 「ほだし(束縛)」 と思っているかもしれないと言う

表裏一体の漢字が 「絆」 です。



時を経て

「絆(きずな)」 は、「つなぐ」 の意味を

人に当てはめて使うようになった結果、

「動物・他人を束縛し動けなくして

 離れないように繋ぎとめる事」 から

それが転じて

「人と人との強い結びつきや

 人と人との信頼を繋ぐ離れがたい結びつき」 という

意味になり、

モノではなく 「人の繋がり」 を示す言葉になりました。



「絆が深まる」 という表現が

語源的(動物をつなぎとめる綱)に

「綱」 だから 「深まる・深める」 は適切ではなく

「強める」 が正しいとする物議も見受けられますが

もはや

人とのつながりの意味に転じた事から

現代語として

誤用ではないという理解のもと使われています。



ちなみに

つなぎとめる 「絆創膏(ばんそうこう)」 も

「絆」 ですね。

最後に

人肌恋しくなる寒い冬

切ないほどに胸が熱く焦がれる、愛おしい人。


他愛の無い会話の中にも

いつも見慣れた景色の中にも

今まで気付かなかった自分や相手、気持ち、

いつもと違う何かが見えてくる。


またひとつ、またひとつ

あなたの愛を感じる。



少しずつ2人の思い出を重ねよう、

今日しか、今しかできないこと、

愛を感じた相手を、大切に思う気持ち。


いつも

そばにいるよ。



そばにいれるだけで幸せ

それだけでいい。


あなたが隣にいるだけ

それだけでいい。


2人だけの世界・・・


寒さが厳しい冬に

暖かく育んできた愛情というつぼみが

春には永遠の花が咲く・・・


2人の絆、結び付きを更に強める日のお話でした。

SPONSORED LINK

関連記事

【2016】 山・鉾・屋台行事、ユネスコ無形文化遺産の33件祭り登録が決定!

 ユネスコ無形文化遺産の登録を目指して 「山・鉾・屋台行事」である 日本各地の

記事を読む

猫の日は2月22日と8月8日。日本は猫の国、猫の歴史を探る

2月22日は 「猫の日」です。 「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、 猫とともにこの

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

彼岸とは何?日本だけの行事だった!?彼岸の由来となる様々な話

お彼岸といわれる時期が 年に2回、春と秋にあります。 「春彼岸」 「秋彼岸」と呼

記事を読む

姫始め(ひめはじめ)は1月2日の行事。由来は年初めに姫を食べる日だった!?

姫始め(ひめはじめ)とは 1月2日のりっぱな行事であり 新年の「季語」でもあります。

記事を読む

6月だけ祝日がない理由は?祝日が増えると仕事も増える?

祝日がない6月。 夏本番前の初夏であり ジメジメと梅雨の季節でもあり 憂鬱さを

記事を読む

4月1日生まれと4月2日生まれでは学年が違う理由!早生まれと遅生まれや歳の数え方の話

4月1日から新年度となり 学校や会社で新たな年度が始まる日です。 学年でいうと

記事を読む

【しぶんぎ座流星群】年始めおすすめ流星群、流れ星が無数に広がる

流星群の1つである 「しぶんぎ座流星群」ご存知ですか? しぶんぎ座流星群は ペ

記事を読む

天使の日は10月4日、天使は「天使のブラ」のブラジャーだった!クーパー靭帯とバストの関係

天使の日は10月4日で 「てん(10)し(4)」の語呂合わせです。 神話・伝承に登場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は

1月27日は求婚の日でプロポーズするきっかけの日、求婚広告で結婚に結びついた話

1月27日は 「求婚の日」という記念日です。 時代は遡

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国

1月7日初めて爪を切る日。七草爪は病除けになる?七草との風習

1月7日は 爪切りの日です。 正月7日と言えば

眠れない時!478呼吸法で簡単に眠れる睡眠法はストレス軽減リラックス効果があった!?

478呼吸法が入眠を誘うかもしれません。 翌日の朝、早いから

→もっと見る

PAGE TOP ↑