読んだ人の9割が涙した感動実話.人生の鏡の法則は自分に問題があった

公開日: :

SPONSORED LINK

 

読んでみたら9割の人が涙したという物語で

実話に基づくお話です。


本当のタイトルは

「人生のどんな問題も解決する知恵 鏡の法則」です。


心理カウンセラー、作家である

野口嘉則(のぐちよしのり)さんが

ブログの記事として紹介した実話です。


彼は

高校時代に対人恐怖症で悩まされますが

大学入学後、

心理学と東洋哲学の研究や実践によって克服し

その後、各種心理療法を学び、

1999年に

心理カウンセラーとしての活動を始め

心理学の手法を使ったコーチングの第一人者です。

9割が涙した鏡の法則とは

その実話の物語とは

自分の回りに問題があるとすれば

それは

自分自身に問題があるのかもしれないという事です。


これが

「鏡の法則」の原点です。


「親と子の関係」を見つめ直し

幸せな人間関係を築いていけるようになる為には

いかに

「感謝」「信頼」が大切であるかを教えてくれる話で

私達の心の奥深くに訴えかけて来るものがあります。


今、

何か家族に問題を持っている方や

親として夫として妻として悩んでいる方、

親と疎遠になっている方、

すでに親が他界されている方でも

それに係わらず

すべての皆様に一読して頂き、お役に立つことを願っています。

ストーリー概要

終盤に「9割が涙した話」の「URL」を載せています。


ブログの構成上、あえて

かいつまんで内容をお話しさせて頂いておりますので

スルーして終盤のURLにて感動実話をお読み下さい。




では、ストーリー概要です。


主婦のA子さんは

小学校5年生になる息子が

いじめられていて

何年も悩んでいたのです。


その息子は

辛い思いをしているのに

決してA子に辛さ、寂しさを打ち明けてくれず

なぜ?

母親である自分に何も言ってくれないのか?と悲しく

自分が何もしてやれないことにも情けなく

無力感に陥って胸の内を痛めていました。



夫との関係もかみ合わず

すでに限界にきていたA子は

すがるような気持ちで

紹介された

心理学にも詳しい経営コンサルタントの「Y氏」に

息子が学校に出かけてから、相談の電話をかけました。



息子が

いじめや、仲間はずれにされていることを話します。


Y氏
「親として、こんなに辛い事はないですよね。」


・・・そう言われると、積もり積もった気持ちから

   A子の目から涙があふれ出し・・・


Y氏
「なんとか解決する為の糸口が見つかるかもしれません。」


・・・えっ!?

   自分が何年も悩んで解決できなかった問題が

   「糸口が見つかるかもしれない」とは信じられない事であり

   何とか叶って欲しいと、願う気持ちになりました・・・


Y氏
「自分の大事な息子さんが

 人から責められて、その事で自分が悩んでいる。

 という結果から

 考えられる原因の一つとして

 あなたが、誰か感謝すべき人、大切にする必要がある人を

 あなたが責めてしまっているのではないか?」


・・・A子は

   子どものいじめと、私の個人的なことが、

   なぜ関係があるのか?と戸惑います・・・


Y氏
「ご主人を尊敬しておられますか?」


・・・A子から見て夫は、

   「思慮の浅い人」、「教養のない人」にも見え

   息子には

   「夫のようになってほしくない」という思いがあり・・・


A子
「私にとって主人は、

 一番受け入れられないタイプなんだと思います。」


Y氏
「ご主人を受け入れることができないの前に

 根本的な原因があります。

 それは

 ご自分のお父様に感謝しておられますか?」


A子
「そりゃもちろん感謝してますが・・・」


Y氏
「お父様に対して『許せない』という思いを、

 心のどこかに持っていませんか?」


・・・A子は

   親として育ててくれた事に感謝しているつもりでしたが、

   高校生のころから他人行儀的な付き合いでしかなく

   父のことは好きになれませんでした・・・


A子
「父を許していないと思います。」


Y氏
「きっと色々あったのでしょうが

 お父様を許すための作業がありますが

 やってみますか?」


A子
「もしも父のことを許せるものなら、

 許して楽になりたいです。」


Y氏
「お父様をゆるすのは、他でもない、

 あなた自身の自由の為に許すんです。」


・・・A子は

   主人のことや父のことが、

   本当に私の悩みと関係があるのか

   いじめの問題の解決に役立つのかと疑問でしたが

   今の悩みをなんとかできるならと

   言われる通り従いました・・・

そして、

   問答や作業が続き、Y氏から提案が出されます。


   父様に電話をかけて

   「感謝の言葉」と「謝る言葉」を伝えるという提案ですが

A子は

   悪いのは父親のほうだ

   自分が謝るのは筋違いだと葛藤します・・・




これで

ストーリーの約半分の要約ですが

本来は

ストーリーを転載することはできないので

下記URLから、ゆっくりとお読み下さい。

涙の 思わぬ 結末が、待っています。


こちらが感動実話のURLです。
      ↓
http://coaching-m.co.jp/payforward.htm
『鏡の法則』ストーリー編の
ここをクリックをクリックしてご覧になれます。

または  ↓
http://coaching-m.co.jp/reportaaa.pdf
直のpdfページです。


最後に

お読みいただけましたか?

たった一日で

複雑な色々な気持ちが表れ、次第に心が変わっていきました。


A子
 「いつもありがとう。

 あなたには本当に感謝しています。」

・・・A子は泣きながら謝った・・・



人生という世界で

もう一つ

人生という鏡の世界があるとするならば

鏡に映ってない自分の姿と

鏡に映った自分の姿の違いに気づき、

自分を変えるきっかけとなるものが

映し出されるかもしれません。

SPONSORED LINK

関連記事

【親父の小言】の由来.常識な小言は心の琴線に触れる.それは江戸時代に存在していた!

親父の小言は 処世訓を短い言葉で連ねた 全45ヶ条の小言を記した格言集です。

記事を読む

幸せの「はひふへほ」の話。心癒す知恵ある人生の言葉は幸福への入口

幸せの「はひふへほ」を ご存じでしょうか? 幸せって何だろう? 幸せって人それ

記事を読む

【プリンセス駅伝】クイーンズ駅伝を逃したハプニング、岡本春美の脱水症蛇行編

プリンセス駅伝とは 愛称「プリンセス駅伝in宗像・福津」と呼ばれ 実業団女子日本一決定戦

記事を読む

日本酒の素敵な温度表現!日本酒は温度で味が変わる、世界に誇れる日本のSake

日本酒の味わい、愉しみ方は様々ですが ひとつに、日本酒の温度があります。 冷酒から燗

記事を読む

一粒の種でいいから生きていたい、遺言から生まれた命の唄の話

一粒の種とは ある、がん患者の 亡くなる3日前に残した最期の言葉を 心を動かされた

記事を読む

青い眼の人形の童謡と青い目の人形の友情人形は違う!?

「青い眼の人形(あおいめのにんぎょう)」は、 1921年(大正10)年12月 「金の船」

記事を読む

五木の子守唄は子守唄ではない!?五木村の守り子唄の悲しいルーツ話

五木の子守唄(いつきのこもりうた)は 熊本県球磨郡(くまぐん)五木村に伝わる子守唄です。

記事を読む

一杯のかけそば、幸せのテーブルに置かれた善意、幻の童話は色褪せない話

一杯のかけそば 一大ブームを巻き起こして 消えていった話ですので ご存じの方はたく

記事を読む

童謡「赤い靴」はいてた女の子は実話だった?本当は異国に行っていない悲しい歌!

「赤い靴(あかいくつ)」の 童謡(どうよう)は、ご存知でしょうか? ある少女が

記事を読む

あるバッタの話、ガンバッタ中学生のものスゴイいい話し

感動しました。 「あるバッタの話」って、ご存知ですか? とても面白い話で、素敵だと思いま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 20

5月13日、メイストームデーってどんな日?八十八夜の別れ話

5月13日は メイストームデー(May Storm Day)です

【令和】初春の令月にして気淑く風和ぎ…元号改元にまつわる話と時系列

「令和(れいわ)」と 新しい元号が4月1日午前11時40分頃発表

【2-6-2の法則】人間関係にもう悩まない!自分らしく生きるために

2-6-2の法則、 これは世の中の一種の摂理を表している数字です

4月1日はエイプリルフール、起源は諸説あり過ぎて謎多き嘘っぽい由来、まさか新元号発表の日になるとは!

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、 毎年

→もっと見る

PAGE TOP ↑