建国記念の日は2月11日、由来や意味は日本が建国された日ではない!日本神話だった!

公開日: : 最終更新日:2019/02/10 行事

SPONSORED LINK

 

建国記念の日(けんこくきねんのひ)は

2月11日です。


「建国をしのび、国を愛する心を養う」という

趣旨のもと、日本の建国を祝う日として

1966年(昭和41年)に制定された

日本の「国民の祝日」の一つです。


意外なことに

「建国記念日」ではなく

正式名称は

「建国記念日」なのです。


また、2月11日は「万歳三唱の日」です。
     ↓
◇「万歳三唱の日」の由来


建国記念の日の成り立ち

建国とは

一言で申しますと

新たに国家をつくりあげることです。


建国神話とは

国家の起源についての神話です。


「建国記念の日」は

実は、

建国神話(日本神話)から誕生したのです。

建国神話

時は

天皇中心の近代国家を築く、明治時代。


日本の起源を

祝日にしようという動きがあり

神話上の人物とされる

初代天皇による日本の紀元から話が始まります。


旧暦紀元節

日本に伝存する最古の歴史書である

「日本書紀」の記述によると

初代天皇とされる神武天皇の即位日が

紀元前660年1月1日 とあることから

明治政府は

1872年(明治5年)11月、

日本国の建国の日として

「紀元節(きげんせつ)」と命名し

神武天皇即位日である旧暦元旦は、

当時「1月29日」にあたり

その日を、祭日として制定しました。

新暦紀元節

翌1873年(明治6年)1月29日に

「紀元節」の諸式典が行われましたが

明治6年から「新暦」採用に伴い

神武天皇の即位日である旧暦元旦を算出し

「2月11日」と特定し

同年10月に

「2月11日」が「紀元節」の日付と改められ

翌1874年(明治7年)2月11日から適用されました。

建国記念日案

しかし

第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)、

天皇や神道を中心とする日本を懸念し

GHQ(連合国軍最高司令部)の意向で廃止されます。


その後

1951年(昭和26年)頃から

「紀元節」復活の動きが活発になり

1957年(昭和32年)

建国を記念するため「建国記念日」と名前を変え

衆議院議員らによる

「建国記念日」制定に関する法案が提出されましたが

成立には至らず、提出と廃案を何回も繰り返します。

建国記念の日

何月何日を「記念日」とするかについても、

議論がなされていたことから

「2月11日」でなかった可能性もあったわけですが

ようやく

1966年(昭和41年)

「建国記念日」を定める祝日法改正案が成立し

国民の祝日として

翌年2月11日からから適用されました。


野党等からの相次ぐ反発や

歴史学において

神武天皇の存在に確証がないことなどから

神話人物である神武天皇の即位日を

「建国」とすべきかの議論が生まれ

成立までにかなり時間がかかった背景があります。

まとめ

日本では、

実際の建国日が明確ではないため

建国神話(日本神話)が基となり

建国を祝う日として「建国記念日」が成立しました。


結局

」を入れることによって

「日本が建国された記念日」ではなく、

「日本が建国されたという史実そのものを記念する日」と

解釈することで、ようやく成立したのです。


つまり

「現実に日本が存在するので

 建国された事に対して記念して祝いましょう。

 建国された日ではないないけれど

 2月11日を記念する日とします。」という

建国されたこと自体を記念する日が

国民の祝日である「建国記念の日」です。


逆に言えば

日本はいつ

建国されたかわからない国であるということです。


「国民の祝日」が

祝日法で日付を定めているのに対し、

「建国記念の日」のみが

「政令で定める日」と定められていて

趣旨である

「建国をしのび、国を愛する心を養う。」を

正確にいうと

「建国記念の日 政令で定める日

 建国をしのび、国を愛する心を養う。」と定められています。


「建国の日」は、確固たる明確のないものであり

曖昧的な「」の意味がおわかり頂けたでしょうか・・・

SPONSORED LINK

関連記事

【しぶんぎ座流星群】年始めおすすめ流星群、流れ星が無数に広がる

流星群の1つである 「しぶんぎ座流星群」ご存知ですか? しぶんぎ座流星群は ペ

記事を読む

【節分と豆まき】由来と意味、厄除け。節分の日は年によって変わる。立春を迎える心構え

「鬼は外、福は内」といえば 節分(せつぶん、せちぶん)です。 地方よって異なりま

記事を読む

夏の大三角は七夕と天の川にまつわる3つ星、1万年先には北極星になる星の話

夏の大三角(なつのだいさんかく) あるいは 夏の大三角形(なつのだいさんかくけい)は

記事を読む

共創する未来の日は8月3日。共創?新時代の消費スタイルはなぜ共創なのか?

8月3日は「共創する未来」の日です。 最近、 「共創(きょうそう)」という言葉を

記事を読む

【冬の恋人の日】2月27日、恋人同士の絆を深め、愛情を育む日

「冬の恋人の日」は、2月27日です。 冬の恋人って とてもロマンチックな感じで

記事を読む

天使の日は10月4日、天使は「天使のブラ」のブラジャーだった!クーパー靭帯とバストの関係

天使の日は10月4日で 「てん(10)し(4)」の語呂合わせです。 神話・伝承に登場

記事を読む

5月13日、メイストームデーってどんな日?八十八夜の別れ話

5月13日は メイストームデー(May Storm Day)です。 直訳すると「5月

記事を読む

紅葉するのはなぜ?紅葉して落葉する仕組みや色の違いは?モミジとの違いは?

紅葉(こうよう)とは 秋に一斉に葉の色が、赤や黄に変する様子であり 日本の秋のイベント、

記事を読む

4月1日はエイプリルフール、起源は諸説あり過ぎて謎多き嘘っぽい由来、まさか新元号発表の日になるとは!

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、 毎年4月1日には「嘘をついても良い

記事を読む

勤労感謝の日 本当は意味があった 新嘗祭との関係

勤労感謝の日は 11月23日、日本の国民の祝日です。 今年も来年も再来年も 同じ1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



妻の日は12月3日「妻・嫁・女房・奥さん・家内・かみさん」パートナーを何と呼ぶ?

妻の日は12月3日です。 1年間の妻の労をねぎらい 感

OLの日は11月25日.OL誕生は東京オリンピックに由来していたエピソード

OLの日は11月25日。 働く女性の異業種間交流サークルの

たすけあいの日.10月15日.助け合う.協力することで生き延びてきた人類

10月15日は「たすけあいの日」。 1965年(昭和40年)に

台風の通り道日本なぜ?台風のメカニズムは?9月26日は台風襲来の日

台風襲来の日は9月26日です。 1954年(昭和29年)

かき氷やアイスでキーンと頭痛の予防.対処法.なぜ頭が痛くなる?アイスクリーム頭痛とは?

かき氷やアイスなど 冷たいものを食べたとき 頭がキーン!と

→もっと見る

PAGE TOP ↑