建国記念の日は2月11日、由来や意味は日本が建国された日ではない!日本神話だった!

公開日: : 最終更新日:2019/02/10 行事

SPONSORED LINK

 

建国記念の日(けんこくきねんのひ)は

2月11日です。


「建国をしのび、国を愛する心を養う」という

趣旨のもと、日本の建国を祝う日として

1966年(昭和41年)に制定された

日本の「国民の祝日」の一つです。


意外なことに

「建国記念日」ではなく

正式名称は

「建国記念日」なのです。


また、2月11日は「万歳三唱の日」です。
     ↓
◇「万歳三唱の日」の由来


建国記念の日の成り立ち

建国とは

一言で申しますと

新たに国家をつくりあげることです。


建国神話とは

国家の起源についての神話です。


「建国記念の日」は

実は、

建国神話(日本神話)から誕生したのです。

建国神話

時は

天皇中心の近代国家を築く、明治時代。


日本の起源を

祝日にしようという動きがあり

神話上の人物とされる

初代天皇による日本の紀元から話が始まります。


旧暦紀元節

日本に伝存する最古の歴史書である

「日本書紀」の記述によると

初代天皇とされる神武天皇の即位日が

紀元前660年1月1日 とあることから

明治政府は

1872年(明治5年)11月、

日本国の建国の日として

「紀元節(きげんせつ)」と命名し

神武天皇即位日である旧暦元旦は、

当時「1月29日」にあたり

その日を、祭日として制定しました。

新暦紀元節

翌1873年(明治6年)1月29日に

「紀元節」の諸式典が行われましたが

明治6年から「新暦」採用に伴い

神武天皇の即位日である旧暦元旦を算出し

「2月11日」と特定し

同年10月に

「2月11日」が「紀元節」の日付と改められ

翌1874年(明治7年)2月11日から適用されました。

建国記念日案

しかし

第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)、

天皇や神道を中心とする日本を懸念し

GHQ(連合国軍最高司令部)の意向で廃止されます。


その後

1951年(昭和26年)頃から

「紀元節」復活の動きが活発になり

1957年(昭和32年)

建国を記念するため「建国記念日」と名前を変え

衆議院議員らによる

「建国記念日」制定に関する法案が提出されましたが

成立には至らず、提出と廃案を何回も繰り返します。

建国記念の日

何月何日を「記念日」とするかについても、

議論がなされていたことから

「2月11日」でなかった可能性もあったわけですが

ようやく

1966年(昭和41年)

「建国記念日」を定める祝日法改正案が成立し

国民の祝日として

翌年2月11日からから適用されました。


野党等からの相次ぐ反発や

歴史学において

神武天皇の存在に確証がないことなどから

神話人物である神武天皇の即位日を

「建国」とすべきかの議論が生まれ

成立までにかなり時間がかかった背景があります。

まとめ

日本では、

実際の建国日が明確ではないため

建国神話(日本神話)が基となり

建国を祝う日として「建国記念日」が成立しました。


結局

」を入れることによって

「日本が建国された記念日」ではなく、

「日本が建国されたという史実そのものを記念する日」と

解釈することで、ようやく成立したのです。


つまり

「現実に日本が存在するので

 建国された事に対して記念して祝いましょう。

 建国された日ではないないけれど

 2月11日を記念する日とします。」という

建国されたこと自体を記念する日が

国民の祝日である「建国記念の日」です。


逆に言えば

日本はいつ

建国されたかわからない国であるということです。


「国民の祝日」が

祝日法で日付を定めているのに対し、

「建国記念の日」のみが

「政令で定める日」と定められていて

趣旨である

「建国をしのび、国を愛する心を養う。」を

正確にいうと

「建国記念の日 政令で定める日

 建国をしのび、国を愛する心を養う。」と定められています。


「建国の日」は、確固たる明確のないものであり

曖昧的な「」の意味がおわかり頂けたでしょうか・・・

SPONSORED LINK

関連記事

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

7月25日は最高気温記念日。由来は?日本一暑い町は山形市の高温記録だった!?

7月25日は 「最高気温記念日」の日です。 日々、何気なく過ごしていますが こ

記事を読む

夏の大三角は七夕と天の川にまつわる3つ星、1万年先には北極星になる星の話

夏の大三角(なつのだいさんかく) あるいは 夏の大三角形(なつのだいさんかくけい)は

記事を読む

4月1日はエイプリルフール、起源は諸説あり過ぎて謎多き嘘っぽい由来、まさか新元号発表の日になるとは!

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、 毎年4月1日には「嘘をついても良い

記事を読む

猫の日は2月22日と8月8日。日本は猫の国、猫の歴史を探る

2月22日は 「猫の日」です。 「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、 猫とともにこの

記事を読む

【父の日】由来・意味があった!バラを贈る理由とは?父の日はいつなの?

父の日(ちちのひ)は、 父に感謝を表す日で、正式な祝日ではありませんが 6月の第3日曜日

記事を読む

4月4日はトランスジェンダーの日。オカマの日でもあるのか?

4月4日は 「トランスジェンダーの日」です。 「TSとTGを支える人々の会」が制定しまし

記事を読む

平成が終わる4月30日!新たな時代の幕開け5月1日!なぜこの日になったのか?

「平成」という一つの時代が 2019年4月30日に終わり、 平成は、 30年と4ヶ

記事を読む

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国民の祝日の一つですが 「

記事を読む

【節分と豆まき】由来と意味、厄除け。節分の日は年によって変わる。立春を迎える心構え

「鬼は外、福は内」といえば 節分(せつぶん、せちぶん)です。 地方よって異なりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



PAGE TOP ↑