姫始め(ひめはじめ)は1月2日の行事。由来は年初めに姫を食べる日だった!?

公開日: : 行事

SPONSORED LINK

 

姫始め(ひめはじめ)とは

1月2日のりっぱな行事であり

新年の「季語」でもあります。



「姫始め」と言えば

年始最初の夫妻など男女間の営みだと

一番に連想するのではないでしょうか?



近世以降、一般には

「男女の秘め事」を指した言葉としての認識が強く

いつの時代も男女に関連付けしてしまうようです。


ところが

史実は違っていましたので

「姫始め」の由来を探っていきたいと思います。

前置き

「姫始め」については

由来やその内容などは諸説あって

いつの時代に起源を持つのか?

本来は

何をする行事であったのかも、定かではないようで

様々な解釈がなされています。


古くは天皇によって

朝廷の機関内に「暦」を作成する部署があって

その暦の正月2日のところに

「姫始め」だか「ひめ始め」と記載されていたとか

または、

民間で作成された暦が、初出という説もあり

平仮名で「ひめはじめ」と記載されている物や

「ひめはしめ」と記載されている物もあり

様々な解釈や当て字を含め、多くの説が生じました。

姫始めの諸説

では、

様々な諸説を紐解いていきたいと思います。


姫飯(ひめいい)始め

 平安時代中期に作られた辞書の

 「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」では

 「飯」のことであると解しています。


 最も有力だと言われている説で

 正月の強飯(こわいい)から

 次に、初めて姫飯(ひめいい)を食べる日。



 強飯は、蒸した硬い飯(おこわ)で

 姫飯とは、柔らかく炊いた飯の事で

 今で言う、普通のご飯に該当します。

 

 昔は、祭の時に強飯を食べてまして

 強飯を食する祭りの期間が終わると

 日常の食事に復するのが「姫飯」であって

 姫飯(ひめいい)始めが

 転じて「姫始め」となったと考えられます。



 現在で言えば、

 正月の1日は餅や赤飯を食べるので、

 2日は普通のご飯に戻すという感じですね。


火水(ひめ)始め

 火や水を初めて使う日。


 正月、休ませた釜(かま)に

 水を入れ、初火を焚いて使うという意味合いですが

 若水(わかみず・はつみず)といって

 元日の朝、始めて井戸から水を汲んできて

 神棚に水を供えた後に

 その残り水を使う、習わしもあります。


 火(かまど・いろり等)の神様を祀り

 水(用水路・井戸等)の神様を祀り

 人間生活の根源となる信仰は古くからあり

 新年にあたり、火と水の神様に感謝し、

 一年の安泰を願う、清めの儀式だと思います。


 また

 卜部氏(うらべし)という

 古代の祭祀貴族の一つで

 吉凶判断を業としていた氏族による

 「火水始」なる秘説があったようです。



 ある故事の一部には
 
 「粥を煮て日神を拝し奉るなり・・・」との

 一説があります。


姫糊(ひめ)始め

 女性が洗濯・洗い張りを始める日。


 上記、同じ故事の一部に

 「衣物に糊(のり)するときに

  粥を混ぜるたものを ひめ糊という・・・」との

 一説があります。


 姫糊(ひめのり)は

 飯をやわらかく煮て作ったノリで

 着物の洗い張りに使われたノリです。


 「ひめのり」が「姫乗り」と転じ

 「姫乗り始め」と、男女を意味する俗語にもなったとか・・・
 

飛馬(ひめ)始め

 乗馬初めの日。

 「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」という

 平安時代末期の歌謡集にて使われた文字で

 馬が駈け飛ぶような、そのままの通りですが

 「乗馬始(じょうばはじめ)」という

 存在した用語があったため

 「飛馬始めは無いでしょう。」と言われてます。


 「乗馬始(じょうばはじめ)」とは

 文字通り、初めて乗馬を試みる行事で

 武家の儀式です。


女伎(ひめ)始め

 衣服を縫い始める日で

 裁縫始めという事で、女伎は裁縫の事ですかね・・・


 「伎」は、芸事を意味しますが

 服を作っている女性達は

 元旦に休んだあと、

 1月2日から服を縫い始めたようです。


 江戸時代中期以降に普及した

 「女大学(おんなだいがく)」という

 女子教訓書にて「女伎」の文字を見つけたものの
 
  「女伎=女性}としか理解できないし

  「ひめ」と読むのも難しいです。


秘め始め

 夫婦、男女が初めて秘め事をする日。


 秘め事とは

 他人に知らせない事柄を指す、

 隠し事・内緒事で、少し柔らかい表し方ですが

 「秘め事をする」となると、そのものズバリで

 「秘事始」、「密事始」と言うのもあるようですね。


日見始め

 1838年(天保9年)

 「理斎随筆(りさいずいし)」 志賀忍(しがしのぶ)著の

 巻之五・二十六 に「ひめはじめ」の記載があり

 昔の字体なのでよくわからなないのですが

 「暦の 飛(ひ)めはじめ という事 諸説あれども

 日見初(ひみはしめ)というなり」と

 この様な感じで記されてます。


比目始め

 1474年(文明6)

 白川資益(しらかわすけます)の日記、

 「資益王記(すけますおうき)」では

 正月のくだりに

 「諸社の遙拝の後に、三献これあり、

  次に看経、次に御コワ、

  次に比目始めとあるのをみれば・・・」と

 この様な感じで記されてます。

最後に

「ひめはじめ」は

みな出所なき推量なりと言って

「秘め事の始め」として

江戸時代には、世間一般の事として成り立っています。


それ以前の遥かその昔の世も

「ひめ」が、どのような当て字であろうと

男女交合の事と捉えているわけで

昔から

夫婦円満と子孫繁栄は

人生にとって大事な事ですから

正月の大事なことは「姫始め」だったようです。


例えば

丸い餅を「鏡餅」と言って、鏡は女性を指していますが

鏡餅の二つ重ねは「女夫(めおと)かさ寝の象徴」で

神棚に飾って、

寝室で、幸の神(さいのかみ)を招いたといいます。



「ひめ」という音から

「姫」が一番連想しやすかったのでしょうか?


有力な、姫飯(ひめいい)が

今の世も、男女の「姫始め」と思ってらっしゃる・・・


正月2日の行事ですから

元旦は

神様を迎える厳粛な日であるため

神様に感謝して、お休みしなさいという事ですかね~・・・


明けて日常に戻っていくのですね~・・・
本年もよろしくお願いいたします。

SPONSORED LINK

関連記事

【バカヤローの日】は2月28日。バカヤロー解散!バカの由来はたくさんの説があったが?!

2月28日 「バカヤローの日」という記念日。 この日は 頭にくることに対して

記事を読む

精霊馬とは?お盆のキュウリとナス?置き方や由来や意味も地域で違う

精霊馬(しょうりょううま)とは お盆(おぼん)にお供えする物のひとつです。 お盆の行

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

五月病対策、うつ病にならない為に原因を知り、六月病も解消しよう!!

五月病(ごがつびょう)は 特に 新しい環境に身を置く 新社会人や新入生を中心に起こ

記事を読む

4月1日はエイプリルフール、起源は諸説あり過ぎて謎多き嘘っぽい由来、まさか新元号発表の日になるとは!

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、 毎年4月1日には「嘘をついても良い

記事を読む

新年度は4月1日から始まる、なぜ?会計年度とは何?年度の話

4月1日は、 新しい「年度」の始まりの日です。 「新年1月」から「年末12月」と

記事を読む

1月23日は「一無・二少・三多」の日、生活習慣病の予防に役立つ

1月23日は 「一無・二少・三多」 の日です。 (いちむ・にしょう・さんた)

記事を読む

師走の意味や語源由来は?今現在でも師走は謎の語源不詳

12月、何かと 気忙しく慌ただしさを感じる、 師走。   12月は

記事を読む

6月だけ祝日がない理由は?祝日が増えると仕事も増える?

祝日がない6月。 夏本番前の初夏であり ジメジメと梅雨の季節でもあり 憂鬱さを

記事を読む

【冬の恋人の日】2月27日、恋人同士の絆を深め、愛情を育む日

「冬の恋人の日」は、2月27日です。 冬の恋人って とてもロマンチックな感じで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



PAGE TOP ↑