マスクの効果は?マスクの意味や目的や予防、意外と知らないマスクの常用とは

公開日: : 最終更新日:2017/11/06 生活

SPONSORED LINK

 

マスクを

日常的に着用している日本人ですが

本来の役割は、喉や鼻の乾燥を防ぐ事です。


外国からすれば

マスクを着用していると犯罪者と思われたり、

あたかも重症患者などと異様に見えるそうですね。

マスクの種類、素材、形状

マスクはその用途により、

「家庭用マスク」「医療用マスク」「産業用マスク」の

大きく3種類にわけられます。

マスクの種類

「産業用マスク」は、割愛させて頂きますが

私達の生活に最も馴染み深いのが

「家庭用マスク」と「医療用マスク」の

衛生マスクと呼ばれるものです。



「家庭用マスク」は

 風邪や花粉対策や防寒・保湿などの目的で

 日常よく使われるマスクです。



「医療用マスク」は

 主に外科など医療現場に用いられる

 感染や病気予防用のマスクで、

 「サージカルマスク」と呼ばれ

 米国規格「ASTM-F2100-11」に適合したマスクが

 本来のサージカルマスクです。


 近年、これを

 一般向け用のサージカルマスクとして販売していますが

 日本では

 サージカルマスクの基準や規格がないので

 機能性の無いサージカルマスクが

 販売されているのも事実ですから

 特徴や説明内容を確認して目的の物を求めて下さい。


マスクの素材

一般的に

「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」の2種類にわけられます。


1.ガーゼタイプ

 目の粗い柔かい布を重ね合わせた

 天然素材の綿の優しい肌触りが特徴のマスクで

 温かく保温・保湿効果には優れていますから

 乾燥から守ってくれます。


 洗濯して繰り返し使うことが可能ですが

 防塵性能は低く

 最近では

 多層構造や特殊なフィルタを縫い込んで性能を高め

 花粉対策では効果が認められますが

 風邪やインフルエンザの感染対策には、

 ガーゼマスクは適していません。



2.不織布(ふしょくふ)タイプ

 織らない布状のものを機械的に絡ませたり

 化学的に結合させたりして合わせた薄いシート状の布で

 通気性・ろ過性・保温性・防縮性や

 飛沫の捕集能力・防御能力などに優れ

 風邪やインフルエンザ対策に適しています。


 最大の特長は

 必要に応じ機能と形状を自由自在に加工できる事から

 素材の厚みや隙間を自由に調整できるなど

 様々な商品が生産されています。


 尚且つ、

 大量生産ができるため、比較的安価でもあります。
 

マスクの形状

大きく分けて3つのタイプがあります。


1.平型マスク

 古くからあるマスクの種類で

 高い保温性と保湿能力が特徴のマスク。


2.プリーツ型マスク

 アコーディオンのような形状で

 口の動きにも柔軟に対応し

 少ない面積で表面性を増やせるのが特徴のマスク。


3.立体型マスク
 
 顔のラインに沿った立体的形状で密着性を高め

 マスクと口に隙間ができるのが特徴のマスク。


素材、形状とも特徴が異なるので

使う目的や用途に合わせて使い分けることが肝要です。

マスクの使用目的


1.保湿、保温されることによって喉や鼻の乾燥を防ぐ。

2.風邪やインフルエンザ等の感染防止。

3.花粉や埃、アレルギー物質などの侵入防御。

4.くしゃみや咳、菌やウィルスなど飛散を防ぐ、周りへの配慮。

5.容姿に自信のない人やノーメイク、ひげなどの顔隠し。

6.物理的・心理的な病気の人や依存症。

7.仕事内容で着用が必要な人や、ファッション感覚の人。

などがありますが


多くは

保湿、保温によって喉や鼻の乾燥を防ぐ事で

それによって

インフルエンザ、風邪など

体内侵入を防ぎやすくする事や

花粉や埃、アレルギー物質、今話題のPM2.5などの侵入防御です。


言い換えると

1.体内に空気中の浮遊物・異物が侵入するのを防ぐ、

  自分を守る役割。

2.口や鼻からウイルスや菌が飛散するのを防ぐ、

  人に移さない役割り。

3.鼻や喉を保温、保湿して侵入したウイルスの増殖を防ぐ役割り。

が、主な役割りと言えます。

ウイルスは防げない

花粉や細菌などは効果がありますが

そもそも

ウイルス自体をマスクで防ぐことはできません。


風邪ウイルスやインフルエンザウイルスは、

空気感染ではなく、唾などの体液に含まれたウイルスによる

飛沫(ひまつ)感染ですから

飛沫により目に入った場合など

人の粘膜に付着することで感染します。


接触感染でも起こすため「手洗い」が重要となるわけで

花粉などとは違って、

この場合のマスク着用は、ウイルスを

他の人に感染拡大させないためのものです。



また、

菌やウィルスは冷たくて乾いた空気を好むため

冬の季節に発症しやすいです。


マスクをすることによって

呼吸に含まれている湿気や暖気が生じ

鼻や喉の粘膜が保湿、保温されます。


鼻や喉の乾燥が原因で

ウイルスが侵入しやすくなりますから

粘膜が暖かく潤っていることで

ウイルスが侵入した場合、体に進入した後に効果を発揮します。


ウイルスの増殖を防ぐという

繁殖しにくい環境を整えることができます。

マスクの内側は!

しかし

マスクをすることによって

口呼吸率が高くなり

マスクの内側は菌の繁殖が起こっています。


口内は、菌の住みかであり

唾液や口内に含まれた菌が

自分の吐息や咳などでマスクの内側に付着し

人の体温で温められて、蒸している状態のマスク内は

高温多湿になって雑菌の増殖を招いています。



指や手のひらにも無数の菌が存在しますので

マスクの付け外しの際、

マスクに触ることで菌が付着しますし

地面などから空気中に舞い上がった菌を、

吸入してしまう可能性もあります。



このような

雑菌だらけのマスクの内側から原因となるものに

マスクが臭くなることがあります。

マスクが臭い

マスク独自のにおいで、マスクが臭いと感じる場合や

マスクの蒸れによる汗や皮脂のにおい、

自分の口臭のにおいである場合もありますが

マスクに付着した、

細菌が繁殖してマスクが臭くなっったり

肌についた唾液が乾燥して臭くなっったりしますので

まめに交換したり、鼻呼吸にしたり、におい防止マスクを選ぶなど

対策を取ることが大切でしょう。

肌荒れ

また

肌表面に雑菌が繁殖しやすい環境ですから

肌荒れが起きることもあります。


肌荒れは

マスクのサイズや素材が肌に合わない場合や

マスクをつけていれば肌にあたりますので

マスクと肌が擦れて摩擦が生じ、肌荒れの一因でもあります。


ニキビができているときは

悪化する可能性がありますので

長時間の着用を避けるか、肌に負担の少ないマスクを選ぶなど

いずれにせよ

マスクの保湿力は乾燥から肌を守りますが

お肌のスキンケアは必要ですね。


口呼吸で

保湿保温を妨げる原因とも言えますから

本来持っている鼻の機能を生かし、

鼻呼吸を意識して下さい。

マスクの正しい着用

マスクの着用が必要な時に

適切なマスクを正しく装着できていますか?


正しい着用とは、

「顔とマスクの間に隙間がない」状態のことをいい、

いくら高性能フィルターであっても

隙間があれば感染予防の効果は期待出来ません。



マスクの表裏は

よく、ゴムの取付面で表裏を判断している方がいますが

一般的に

マスクのプリーツ(折りめ)が下向きになっている面が

「表」です。


また
 
下記の写真のように


中央から上下にプリーツがあるものもありますから

使用方法や説明書に従って、表裏を確認してください。

マスク使用後

マスクを使用した時間や環境にもよりますが

一度使用したマスクの内側も外側も

菌やウイルス等が付着している可能性があり

たいへん汚れているものですから

そのままデスクに置いておいたり、ゴミ箱にポイ捨てでは

菌やウイルスなどが野放し状態です。


マスクの表裏面に触れない様、紐だけ持って外し、

袋に入れ密閉して破棄しましょう。


外出から帰宅したら、

玄関でマスクを外し袋に入れ密閉しましょう。


家の中に

病原体を持ち込まないようにするためです。

マスク依存

自分の表情を他人に見られたくないなど

顔が隠れている安心感でマスクをつける人、

心の不安でマスクをつける人、

対人恐怖症などでマスクをつける人、

「マスクがないと不安」というマスク依存の人など

マスクは必須アイテムとなっていますが

社交的に不安をかかえていると言う事は

日常生活に支障をきたしているわけで

マスクで自分の表情を隠さないと

学校や仕事に行けなくなる場合もあり

最悪は

外出でさえもできなく、引きこもりになってしまいます。


「なぜマスクに依存しているのか」という理由を明らかにし

個人の抱える根本的な原因要素を解決し

マスクに頼らない生活を送ることができるよう

専門機関を受診してほしいと思います。

最後に

マスクの装着は簡単にできる予防策であるものの

マスクにも種類が多くあり、使用している素材も様々で

マスクによっては

効果の無い飾り物のようなマスクもありますし

抗菌剤が使われたマスクでは

金属アレルギーが起こる場合もありますから

自分と目的や用途に合ったマスクを選び

使用方法、注意書きをよく熟読した上で使用しましょう。



バランスの良い食生活や適度な運動、睡眠など

基本的な規則正しい生活で

人の持つ免疫力・抵抗力は向上します。


自分自身の力である

「免疫力」が備わっていますから、

「寒いからマスク」ではなく

その寒い外気を直接吸い込んで

喉の粘膜を鍛え、免疫力を高めるのも必要なのです。


免疫力が強いほど、

菌やウイルスに抵抗できるわけですから・・・


最後まで

お読み頂きありがとうございました。

SPONSORED LINK

関連記事

熱中症の危険性、命に関わる重症化を知識で予防する体験談

熱中症は 人の体温調節の機能が乱れることから 発症するわけですが 近年の暑さは異常

記事を読む

ありがとうの語源は人間に生まれた有り難さ!感謝の深い意味

ありがとうは、 日本語で感謝を表す素晴らしい言葉です。 普通なら 人に対して、

記事を読む

【2-6-2の法則】人間関係にもう悩まない!自分らしく生きるために

2-6-2の法則、 これは世の中の一種の摂理を表している数字です。 悩んでばかりいら

記事を読む

牛乳は飲まない方が良い!?牛乳は体に良いのか?本当は何が悪いのか?

牛乳は 日本では「健康のために良い」栄養食品と 推奨された代表的な飲み物です。

記事を読む

ハラスメントが増え続ける!ハラスメント50種超えの過剰増加の時代

ハラスメントは 人を困らせること、嫌がらせです。 もくじ 「ハラスメントの種類」 1. セクシ

記事を読む

グランピング流行中!豪華で贅沢キャンプ、女子会にも大人気の新感覚キャンプ

グランピングってご存知でしょうか? 自然と一体となり 日々の生活では過ごすことの出来ない

記事を読む

ノンアルコール飲料はアルコールが入っている?気になる本当の事実は!

ノンアルコール飲料と言えば アルコール独特の味を再現し 飲酒の気分を楽しめるというスグレ

記事を読む

ハラスメント対策、一人で悩まないで解決しよう!私は大切な社員なのだから!

ハラスメントとは いろいろな場面での 嫌がらせやいじめ、人を不快にし困らせることで

記事を読む

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 2017年の新語・流行語大賞になり

記事を読む

休日は短く、仕事は長く感じるのはなぜ?楽しい時間はなぜ短い?体感時間のズレ

休日はアッと言う間に過ぎ去り 仕事日は「エーッ!まだこんな時間!!」と 時計につぶやき・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



女子大生の日は8月16日、日本初の女子大生が誕生し道を切り拓いた深い意味のある日

女子大生の日は 1913年(大正2年)の8月16日 東北帝

共創する未来の日は8月3日。共創?新時代の消費スタイルはなぜ共創なのか?

8月3日は「共創する未来」の日です。 最近、 「共創(きょ

日本標準時制定記念日は7月13日-子午線.本初子午線.135度?世界時.原子時.協定時.閏秒とは?

7月13日は 日本標準時制定記念日です。 1886(明

7月3日はソフトクリームの日、ソフトクリームって?由来や日本に伝わった歴史は?

7月3日は 「ソフトクリームの日」です。 日本ソフトク

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 20

→もっと見る

PAGE TOP ↑