【2016】 山・鉾・屋台行事、ユネスコ無形文化遺産の33件祭り登録が決定!

公開日: : 行事

SPONSORED LINK

 

 ユネスコ無形文化遺産の登録を目指して

「山・鉾・屋台行事」である

日本各地の

18府県33件の祭りが

地域の絆を強める役割を

果たし担っていると、重要性を強調し続け

2016年、11月28日から

アディスアベバ・エチオピアで開催の政府間委員会で

正式に登録が決まる見通しとなりました。



と、言うより

ユネスコ(国連教育科学文化機関)は

「山・鉾・屋台行事」を

無形文化遺産に登録に値するすると、勧告し

勧告となれば、尊重されるのが通例であり、

登録はほぼ確実になったわけです。



18府県33件の祭りですから

各、登録地域では

お祭り以上の町おこしとなり

嬉しい限りです。



今後の課題は

古来の原点に戻り

例年以上の格式高い行事となり

祭りは祭りでも

町で催す満足型ではなく

古来に伝わる、見せる祭りになりますから

些細な現在の髪形や、

祭りに付き物の、酒の飲み方と祭り人にも

今まで以上に規制が出ると思います。



例えば、

「お祭りを遥々見に行ったが

 モヒカンの髪形だった。」とか


「缶ビール片手に

 祭り人が町を歩いてた。」など


県外から来たファンの声には

山・鉾・屋台と合い合わないクレームもあり

各地域で髪形なども規制する程

昔文化に近づけようと、動き始めました、

                                    


無形文化遺産は、

文化の違いによる多様性が重視され、

物としての「形」を取らない

芸能(民族音楽・舞踊・劇等)や伝承、

社会的慣習・風習、伝統工芸技術など、

人類の創造性を表していると判断された

普遍的価値であると同様、

人類共通の価値が認められる遺産が

対象とされます。




国の重要無形民俗文化財である

山・鉾・屋台行事は全33件、はたして登録なるか!?

と、思ってましたが

ほぼ確定で、おめでたい出来事です。




山・鉾・屋台行事(やまほこやたいぎょうじ)とは

山や鉾などの山車(だし)・屋台を、

担いだり、引いたりして練り歩く神社の祭礼であり

各地独特の、様々な祭り行事です。



文化庁では

国の重要無形民俗文化財の全33件を

「山・鉾・屋台行事」としてグループ化し、

一括登録を目指してきたわけですが、

全33件のが登録されたら奇跡!!


それが

現実となるわけです。

非常に、素晴らしいことです。



記憶に新しい

ユネスコ無形文化遺産登録は

2013年12月に登録の

和食 Washoku

「和食;日本人の伝統的な食文化」


新年の祝いを中心とした、

日本人の伝統的な食文化全般として

「和食」が登録されました。



2014年11月に登録の

「和紙:日本の手漉和紙技術」   
  (にほんのてすきわしぎじゅつ)



和紙は全て、

原料に「楮(こうぞ)」のみが使用されており、

世代を超えて伝統的な技(わざ)が受け継がれた

伝統的工芸技術 として3つの

 「石州半紙(せきしゅうばんし)」(島根県浜田市)

 「本美濃紙(ほんみのし)」(岐阜県美濃市)

 「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県小川町、東秩父村)

「和紙」が登録されました。




ユネスコ無形文化遺産登録に向け、

今回の

「山・鉾・屋台行事(やまほこやたいぎょうじ)」と

「来訪神:仮面・仮装の神々 
(らいほうしん:かめん・かそうのかみがみ)」があります。

来訪神:仮面・仮装の神々は、2018年に審査予定です。



では

山・鉾・屋台行事ですが

提案要旨の概要は

・地域社会の安泰や災厄防除を願い、

 地域の人々が一体となり執り行う

 「山・鉾・屋台」の巡行を中心とした祭礼行事。


・伝統的な工芸技術により、

 何世紀にもわたり維持され、

 自然環境を損なわなず、幾世にもわたり継承されてきた。

 
・各地域において世代を超えた多くの人々の

 コミュニティを結びつける重要な役割を果たしている。


・無形文化遺産の保護・継承の事例として

 国際社会における無形文化遺産の保護の取組に

 大きく貢献するもの。

等々が、提案要旨の概要です。



ユネスコの

審査件数を上回る提案件数があったため

「山・鉾・屋台行事」の審査は

1年先送りになってました。



2009年登録済みの

 京都祇園祭の山鉾行事    【京都府京都市】
 きょうとぎおんまつりのやまほこぎょうじ


 日立風流物         【茨城県日立市】
 ひたちふりゅうもの

 の2つに加え、

 今回、追加したのは


 八戸三社大祭の山車行事   【青森県八戸市】
 はちのへさんしゃたいさいのだしぎょうじ


 角館祭のやま行事      【秋田県仙北市】 
 かくのだてまつりのやまぎょうじ


 土崎神明社祭の曳山行事   【秋田県秋田市】
 つちざきしんめいしゃさいのひきやまぎょうじ


 花輪祭の屋台行事      【秋田県鹿角市】
 はなわまつりのやたいぎょうじ

 新庄まつりの山車行事    【山形県新庄市】
 しんじょうまつりのやたいぎょうじ


 烏山の山あげ行事      【栃木県那須烏山市】
 からすやまのやまあげぎょうじ


 鹿沼今宮神社祭の屋台行事  【栃木県鹿沼市】
 かぬまいまみやじんじゃさいのやたいぎょうじ


 秩父祭の屋台行事と神楽   【埼玉県秩父市】
 ちちぶまつりのやたいぎょうじとかぐら


 川越氷川祭の山車行事    【埼玉県川越市】
 かわごえひかわまつりのだしぎょうじ


 佐原の山車行事       【千葉県香取市】
 さわらのだしぎょうじ


 高岡御車山祭の御車山行事  【富山県高岡市】
 たかおかみくるまやままつりのみくるまやまぎょうじ


 魚津のタテモン行事     【富山県魚津市】
 うおづのたてもんぎょうじ


 城端神明宮祭の曳山行事   【富山県南砺市】
 じょうはなしんめいぐうさいのひきやまぎょうじ


 青柏祭の曳山行事      【石川県七尾市】 
 せいはくさいのひきやまぎょうじ


 高山祭の屋台行事      【岐阜県高山市】
 たかやままつりのやたいぎょうじ


 古川祭の起し太鼓・屋台行事 【岐阜県飛騨市】
 ふるかわまつりのおこしだいこやたいぎょうじ


 大垣祭のやま行事      【岐阜県大垣市】
 おおがきまつりのやまぎょうじ


 尾張津島天王祭の車楽舟行事 【愛知県津島市・愛西市】
 おわりつしまてんのうさいのだんじりぶねぎょうじ

 知立の山車文楽とからくり  【愛知県知立市】
 ちりゅうのだしぶんらくとからくり


 犬山祭の車山行事      【愛知県犬山市】
 いぬやままつりのやまぎょうじ


 亀崎潮干祭の山車行事    【愛知県半田市】
 かめざきしおひまつりのだしぎょうじ


 須成祭の車楽船行事と神葭流し【愛知県蟹江町】
 すなりまつりのだんじりぶねぎょうじとみよしながし


 鳥出神社の鯨船行事     【三重県四日市市】
 とりでじんじゃのくじらぶねぎょうじ


 上野天神祭のダンジリ行事  【三重県伊賀市】
 うえのてんじんまつりのだんじりぎょうじ


 桑名石取祭の祭車行事    【三重県桑名市】
 くわないしどりまつりのさいしゃぎょうじ

 長浜曳山祭の曳山行事    【滋賀県長浜市】
 ながはまひきやままつりのひきやまぎょうじ


 博多祇園山笠行事      【福岡県福岡市】
 はかたぎおんやまかさぎょうじ


 戸畑祇園大山笠行事     【福岡県北九州市】
 とばたぎおんおおやまがさぎょうじ


 唐津くんちの曳山行事    【佐賀県唐津市】
 からつくんちのひきやまぎょうじ


 八代妙見祭の神幸行事    【熊本県八代市】
 やつしろみょうけんさいのしんこうぎょうじ


 日田祇園の曳山行事     【大分県日田市】
 やつしろみょうけんさいのしんこうぎょうじ


以上の33件

全てが

国の重要無形民俗文化財に指定されています。



山・鉾・屋台行事を一括して

最終審査をむかえる訳ですが

平成23年

「秩父祭の屋台行事と神楽」及び

「高山祭の屋台行事」が

「情報照会」の決議を受けてる訳で、

情報照会とは

 価値の証明ができているものの、

 何かしらの不備が指摘されている事で

 現状では登録には不十分という事ですから

 グループ化して、33件一括登録となると

 ハードルは高かったと思います。



登録寸前です。

リストに上がっている各地域では

お祭り騒ぎですね。



祭り行事は

観光客も多く訪れる行事でもあります。



ある地域によっては

少子高齢化、過疎化、若者の参加意識など

年々、

存続の危機が危ぶまれている

行事もあるわけで、

地域の課題でもあります。


登録を機に、

新たな担い手が生まれることも

期待されています。



登録なればこそ、一層の

コミュニティ-の維持や

絆を強固なものにし

古来伝承文化を伝えていきたいものです。




ユネスコとは

United Nations Educational,Scientific and Cultural Organization

日本語で

「国際連合教育科学文化機関」の事です。


United Nations(国連)

Educational(教育の)

Scientific(科学の)

and Cultural (文化の)

Organization(機関)で、


それぞれの頭文字をとって

「UNESCO(ユネスコ)」となります。

ニューヨークのパリに本部があります。



教育・科学・文化・マスコミュニケーションなど

国際協力と交流を通じて、

国際平和と人類の福祉の促進を目的とした

国際連合の専門機関です。



「世界平和」を観点に

世界のために

優れた活動を推進するための機関です。




無形文化遺産については

2006年に、ユネスコが創設しました。



無形文化遺産は

消滅の危機を踏まえ

世界各地の芸能(民族音楽・ダンス・劇など)、

民族文化財、

伝統工芸技術、

フォークロア(古く伝わる風習・伝承など)、

口承伝統など

無形のものを保護すべき遺産として目指すものです。



ユネスコの無形文化遺産とは

「慣習、描写、表現、知識及び技術並びに

 それらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、

 社会、集団及び場合によっては

 個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう」と定義しています。




日本での

無形文化遺産登録の流れは、

文化審議会文化財分科会の特別委員会にて

調査・審議したうえで、

ユネスコに提案しています。


SPONSORED LINK

関連記事

【性交禁忌の日】5月16日にセックスすると3年以内に死ぬ?セックス禁止の由来や意味

5月16日は 「性交禁忌の日」です。 「5月16日にセックスをすると3年以内に死ぬ日

記事を読む

紅葉するのはなぜ?紅葉して落葉する仕組みや色の違いは?モミジとの違いは?

紅葉(こうよう)とは 秋に一斉に葉の色が、赤や黄に変する様子であり 日本の秋のイベント、

記事を読む

精霊馬とは?お盆のキュウリとナス?置き方や由来や意味も地域で違う

精霊馬(しょうりょううま)とは お盆(おぼん)にお供えする物のひとつです。 お盆の行

記事を読む

勤労感謝の日 本当は意味があった 新嘗祭との関係

勤労感謝の日は 11月23日、日本の国民の祝日です。 今年も来年も再来年も 同じ1

記事を読む

4月4日はトランスジェンダーの日。オカマの日でもあるのか?

4月4日は 「トランスジェンダーの日」です。 「TSとTGを支える人々の会」が制定しまし

記事を読む

彼岸とは何?日本だけの行事だった!?彼岸の由来となる様々な話

お彼岸といわれる時期が 年に2回、春と秋にあります。 「春彼岸」 「秋彼岸」と呼

記事を読む

天使の日は10月4日、天使は「天使のブラ」のブラジャーだった!クーパー靭帯とバストの関係

天使の日は10月4日で 「てん(10)し(4)」の語呂合わせです。 神話・伝承に登場

記事を読む

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

【バレンタインデー】2月14日、人気のバレンタインポストとバレンタインデーの由来

Happy Valentine's Day! 2月14日は バレンタインデー(Valen

記事を読む

4月1日生まれと4月2日生まれでは学年が違う理由!早生まれと遅生まれや歳の数え方の話

4月1日から新年度となり 学校や会社で新たな年度が始まる日です。 学年でいうと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



PAGE TOP ↑