1月23日は「一無・二少・三多」の日、生活習慣病の予防に役立つ

公開日: : 最終更新日:2018/04/30 行事

SPONSORED LINK

 

1月23日は

「一無・二少・三多」 の日です。

(いちむ・にしょう・さんた)


生活習慣病予防のため提唱され

健康生活の基本ともなる

生活スタイルとして勧められています。


その他に

1月23日の記念日または何の日か?

・電子メールの日

  Electronic mail(E-mail、e-mail)のことで

  「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の

  語呂合わせです。

  毎月23日は「ふみの日」になります。


・八甲田山の日

  1902(明治35)年1月23日

  八甲田山へ雪中行軍訓練に210名が出発し

  その後、生存者わずか11名の惨事となり

  最大級の山岳遭難事故です。


・アーモンドの日

  アーモンドを摂取する場合、

  アーモンド約23粒が

  日本人成人女性の1日の摂取目安量とされ

  「1日23粒」で1月23日となりました。


・ワンツースリーの日

  「123」で「ワンツースリー」とよむ語呂合せ。

  人生に対してワンツースリーと

  「ジャンプ」する気持ちを持とうという

  新しい事への希望や目標の意味が込められています。

  ちなみに

  12月3日は同じく、ワンツースリーですが

  奇術の日です。


・真白き富士の嶺の日

  1910(明治43)年1月23日

  神奈川県の逗子開成中学の

  ボート部の乗ったボートが遭難し

  大きな社会的事件とし反響がありました。


  「真白き富士の根(もしくは嶺)」、

  「七里ヶ浜の哀歌」 とも呼ばれる曲が

  この事件の「哀歌」として歌われました。


・アート引越センターの日

  引越業の「アート引越センター」といえば

  電話番号の「0123」。


などの、1月23日の日は

皆さん、ご存知ではないでしょうか。


このように

公的機関ではない

法人や企業、民間、個人によって

記念日や追悼の日、語呂合わせ的な日として

1月23日に制定された日は

まだまだたくさんあります。


その中から今回は

「一無・二少・三多」のお話しをしたいと思います。

「一無・二少・三多」とは

「いちむにしょうさんた」と読み

一般社団法人日本生活習慣病予防協会が制定し

提唱しているライフスタイルです。


1月23日の「123」から

「一無」は「禁煙」、

「二少」は「少食と少酒」、

「三多」は

 「多動(体を多く動かす)」

 「多休(しっかり休養する)」

 「多接(多くの人、事、物に接する生活)」のことです。


脳血管疾患、心臓病、がんの3大死因や

メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧など

いずれも生活習慣に起因する疾病です。


食事内容、喫煙習慣、運動習慣、飲酒習慣など

偏った生活習慣から危険因子の弊害を取り除き

健康な身体へ改善していきましょう。


この

「一無・二少・三多」が

メタボなどの肥満防止や

生活習慣予防になり、健康長寿の秘訣なのです。


不老長寿の薬があれば苦労しませんが

生命維持を願って

病院に行ったり薬を処方されたり

色々な努力をしてきていますが

原点に戻る、見つめ直す「一無・二少・三多」が

健康維持に、かなり役立っています。


国では

成人病対策してと取り組んで来たのが

早期発見、早期治療での対策でしたが

それでも成人病対策には及ばず、

歳をとれば「病もやむを得ない」という考え方は

過去のものとなり

成人病が生活習慣病といわれるようになり

「生活習慣病」の重大な疾病要因を提言し、

今日に至っています。

「一無」は

  一つのことを無くす「無煙」のことで

  百害あって一利なしの「禁煙」しかありません。

「二少」は

  二つのことを少なくすることで、

  少食は

  腹七~八分目で

  エネルギーを産生する3大栄養素である

  炭水化物・たんぱく質・脂質と

  3大栄養素を体内で利用するための

  ビタミン、ミネラル、食物繊維など

  適切なバランスの良い食事。


  少酒は

  百薬の長と言われるお酒ですが

  日本酒1合目安で、適度な飲酒。

「三多」は

  三つのことを多くすることで

  多動は

  自分に合った適度な運動。

  有酸素運動である歩行に

  筋力トレーニング、体操やストレチを加え、

  1日1時間。

  (1日1万歩以上の歩行が目安ですが

  無理のないように少しずつ始める。)


  多休は

  しっかり休息をとり、良質な睡眠を

  6時間以上とることで

  疲労回復とストレス解消。


  多接は

  趣味を持って、積極的に

  人・事・物に接し出会いを楽しむこと。

  創造的な生活を取り入れ

  精神面など心豊かに充実させ

  ストレス解消をはかり

  心の健康を高めることにあります。


全く、その通りで

出来れば苦労しないと思うでしょうが

この実行により

活習慣病を予防し改善出来るという

良好な結果として示されています。


健康で楽しい生活を送るために、

「一無・二少・三多」を心掛けましょう。


「多接」の

趣味や人とのコミュニケーションなど

メンタルストレスの予防になり

生活習慣病予防に欠かせない

とても大きな効果をもたらすといいます。


しかし、

「多接」の難しいところでもある

社交的でない人やネガティブな人は

どうすれば良いかと言うと

美術館に行ったり・・・でもダメなら

読書などをしてみるのもいいようですが

要は

自分が元気になれる何かを見つけ出し

やりがいや楽しさを感じられることをする事で

メンタルの健やかさを保持することができ

生活習慣病の予防になります。


日々を楽しく過ごすことです。

笑うと免疫力が向上します。

「笑い」は

身体に様々な良い効果をもたらすことが、

最近の研究により解明されてきましたね。


笑うことで

ナチュラルキラー(NK)細胞が活性化します。

体内に発生する、がんなどの悪い細胞や

体内に侵入してくるウイルスなどを

攻撃しくれるのがナチュラルキラー細胞です。

「一無、二少、三多」の原点は

元内閣総理大臣、

西園寺公望(さいおんじ きんもち)の

健康法であった

少食、多動、多休、多接の「一少、三多」です。


古くは、江戸時代

貝原益軒によって書かれた

実体験に基づき健康法を解説した書である

「養生訓(ようじょうくん)」があります。


腹八分目の食事や酒の事

睡眠や運動に至るまで

同じような事がしっかり書かれています。


養生訓のある一文では

第7巻の6

「薬のまずして、おのずからいゆる病多し。

是をしらずして、みだりに薬を用て

 薬にあてられて病をまし、食をさまたげ、

 久しくいゑずして死にいたるも亦多し。

 薬を用る事つつしむべ。」


これは、

人間には自然治癒力があり

薬飲まずとも治る病気は多い。

これを知らないで

やたらに薬を使用すると、食欲をなくし

その薬害の副作用により

かえって病気が悪化するので

薬を使うのは慎重にと発しています。


人間の生き方、

無病で、長生きのための方法を書き示し

衣食住から医師の心構え、薬の使用法、

病気予防、色欲、親子の接し方、老後の生活まで

健康に暮らす「養生する事」の大切さを伝えた書です。


現代医学の認知として

得ることは少ないものの

病気予防書としては非常に評価されており

人間形成のプロセスにおいて

現在でも注目されている書であり

今に繋がる生活習慣の書です。



他、

レスター・ブレスロー教授の

「7つの健康習慣」や

森本兼曩教授の

「8つの健康習慣」が知られています。

SPONSORED LINK

関連記事

平成が終わる4月30日!新たな時代の幕開け5月1日!なぜこの日になったのか?

「平成」という一つの時代が 2019年4月30日に終わり、 平成は、 30年と4ヶ

記事を読む

彼岸とは何?日本だけの行事だった!?彼岸の由来となる様々な話

お彼岸といわれる時期が 年に2回、春と秋にあります。 「春彼岸」 「秋彼岸」と呼

記事を読む

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

ゴールデンウィークとは?由来と国民の祝日や大型連休に潜む病

ゴールデンウィークですね。 4月下旬~5月上旬にかけて 国民の祝日が集中して、土日が

記事を読む

敬老の日は9月第3月曜、老人の日は9月15日、違いや意味と由来、敬老の日は「としよりの日」だった!?

敬老の日(けいろうのひ)は 9月の第3月曜日で 日本の国民の祝日の一つです。

記事を読む

4月1日生まれと4月2日生まれでは学年が違う理由!早生まれと遅生まれや歳の数え方の話

4月1日から新年度となり 学校や会社で新たな年度が始まる日です。 学年でいうと

記事を読む

【節分と豆まき】由来と意味、厄除け。節分の日は年によって変わる。立春を迎える心構え

「鬼は外、福は内」といえば 節分(せつぶん、せちぶん)です。 地方よって異なりま

記事を読む

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国民の祝日の一つですが 「

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

師走の意味や語源由来は?今現在でも師走は謎の語源不詳

12月、何かと 気忙しく慌ただしさを感じる、 師走。   12月は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



PAGE TOP ↑