【節分と豆まき】由来と意味、厄除け。節分の日は年によって変わる。立春を迎える心構え

公開日: : 最終更新日:2018/04/30 行事

SPONSORED LINK

 

「鬼は外、福は内」といえば

節分(せつぶん、せちぶん)です。



地方よって異なりますが

柊鰯(ひいらぎいわし)などを飾り

福豆(炒り大豆)をまいて、

厄除けの行ないとして

一年の無病息災を願い

年齢の数だけ食べる、

または、

年齢数+1豆、多く食べるのが一般的です。


炒った大豆を「福豆」というように

生の豆はダメですよ!

豆から芽が出てしまう(魔目)という意味から

縁起が悪いとされています。



「火」で大豆を炒る(けものを射る)ことで、

鬼を火で封じ込めて、豆を食べてしまうことにより、

「鬼退治」 完了となるわけです。

makiFile

節分とは

「節」と「分」で

季節の分かれ目を意味し

立春の前日のことで

雑節と呼ばれる中の、一日です。



立春、立夏、立秋、立冬の前日と、

1年に4回、節分がありますが

立春は

新年を迎えることと等しいぐらい

1年の始まりの大切な節目と重視し、

「春の節分」のみに定着すようになりました。


 雑節(ざっせつ)とは

  二十四節気(春分・夏至・秋分・冬至など)や

  五節句(七草・七夕など)の日とは

  別に設けられた

  季節の移り変りの節目、目安となる日で

  日本独自の生活文化から生まれた日です。



 雑節(ざっせつ)と呼ばれる日は

 ・土用(どよう)…春、夏、秋、冬土用

 ・節分(せつぶん)…春、秋彼岸

 ・彼岸(ひがん)

 ・社日(しゃにち)

 ・八十八夜(はちじゅうはちや)

 ・入梅(にゅうばい)

 ・半夏生(はんげしょう)

 ・二百十日(にひゃくとおか)

 ・二百二十日(にひゃくはつか)

 が、主ですが

 ・初午(はつうま)

 ・三元(さんげん)の上元、中元、下元

 ・大祓(おおはらい)を

 雑節とすることがあります。



節分は

家の主である父親や

年男(としおとこ)が豆をまき

「鬼を追い払う」という行事ですが

近年では、

家の主が「鬼の面」を被ったりなど

豆まきの傾向は様々ですが

さらに今日に至り

忙しい父親は、面を被る事も、豆まく事も

無くなりつつあります。


節分の日は変わる?

節分は

毎年2月3日です。


と、思われがちですが、

近い将来では

2021年と2025年は

2月2日になります。



節分は

立春の前日であると定義されてますから

1年間=365.2422日の計算に基づき

4年に一度の閏年(うるうどし)を設け

季節と日付にズレが生じないよう調整してますが

天体の運行に基づくと、少しずつのズレが生じ

2月の2日、3日、4日が節分だったりと

常に日にちが固定されていません。



本来の、豆まきの準備は、

炒った大豆を、枡や三方に入れ

神棚にお供えしてから、

夜に撒きます。



窓や戸を開けて「鬼は外」と外へ向かってまき、

鬼が入らないようすぐに窓や戸を閉めて、

「福は内」と室内にまきます。



奥の部屋から最後は玄関に至るまで、まきますが

豆まきも千差万別で、地方によって異なります。



鬼を祭神とする地域や神社、

または「鬼」の付く苗字や地名での掛け声は

「福は内、鬼も内」と言う所もあり

豆まきの炒り豆に関しても

「落花生」、「かちぐり」などを、まいたりなど

口上、まき物も地方によって様々な特色があります。


鬼追いと豆まきの原点

中国から伝わった行事で

平安時代

第42代、文武天皇(もんむてんのう)の時、

「追儺(ついな)」という

悪疫邪気祓いの行事で

鬼やらい、なやらい、大儺(たいだ)などと呼ばれ

豆ではなく

弓矢、棒などで追い払い

1年の疫鬼を払って、新年を迎える行事として

大晦日の夜に盛大に行われていました。



それとは別に

旧暦でいう

節分の立春は、大晦日くらいにあたる頃

節分として行われていた行事があります。



それは

恵方の方角にある、家に宿る(泊まる)という

「方違え(かたたがえ)行事」といい

その中の一儀式に

「豆打ち(豆まき)」の儀式があります。


 節分の日に

  新年の恵方の方角に行って一夜宿泊し、

  邪気を避けるという行事ですが

  時代と共に簡略化され、

  自宅の恵方にあたる部屋に移って、

  豆を撒いて清め

  邪気を祓うようになりました。



 これが、豆まきの原点とも言われています。



 春を迎える方違え=節分の行事

 新年を迎える追儺=大晦日の行事

となり

 「追儺の鬼追い」と「方違えの豆まき」が

  ベストマッチとなりました。



「追儺」と、節分の「方違えの行事」は、

本来は別々の行事であり

両方平行して行われていた時期もありましたが

宮廷文化の衰退と共に

追儺の行事は、次第に節分行事に

移行するようになったのです。



「鬼は外」の語源も含む

この2つのルーツが

今でも節分の豆まきとして残っています。



また

第59代、宇多天皇(うだてんのう)の時代

鬼が出没して

 (鬼なのかは疑問ですが

 「陰(おん)」は
  目に見えない気、邪気のこと、

 「隠(おぬ)」は
  姿の見えないもの、この世にないもの、

  この「陰」 「隠」が鬼の語源で

  鬼にはれて恐いものという概念。

  病、災害、飢饉などの恐ろしい出来事は

  人間によって想像から生まれた

  姿、形の見えない産物であり

  鬼の仕業と考えられていたのです。)

炒り豆を鬼の目に投げつけて、鬼の目をつぶし、

災難を免れたという「豆まき」の話しもあります。



「陰陽五行説」では

「木・火・土・金・水」の五元素によって

森羅万象が成り立っていると考えられてます。

  硬い豆、金棒を持っている鬼や

  邪気や厄病は、「金」にあたり、

  「火が金を溶かす、滅する」事から

  豆を火で炒ることで、

  鬼や病を封じ込めるという意味があります。



  また

  春は「木」にあたり

  「金は木を滅ぼす」事から

  春の訪れを妨げる「金」を抑えるため

  「金」の豆を炒ることで

  「木」を助けるという意味を持ち

  春を助けて春を呼ぶ行事として

  「豆まき」が、鬼や邪気を祓うと考えられました。

なぜ、豆まきをするのか? 季節の変わり目は邪気が生じる節目であり

鬼が現われる時と伝承され

邪気を追い払い

福を呼び込むと考えられてきました。



穀物や、果実には

「生命力が備わり、邪気を払う霊力」が

あるといわれており

一年の無病息災を願うわけです。



大豆は

五穀のひとつで、神行事にも用いられ

穀霊が宿るといわれ

その霊力によって

悪霊を退治することができると考えてました。



 「桃の実」を百個投げると

 鬼が退散したなど

 百(ひゃく)は「もも」とも読み

 色々な鬼退治説があります。



 桃は投げてませんが、

 「桃太郎」の昔話も「桃」が登場してますね。



節分の豆まきの「豆」のことを

「魔滅(まめ)」とも言います。



その理由となる語源は

「豆(まめ)→ 魔目」を鬼の目に投げつけて

鬼を追い払い、魔を滅することから

鬼(魔)を滅する意味で「魔滅」となります。

なぜ、柊鰯なのか?

柊鰯にも

「鬼の目」の言い伝えがあるのです。

柊鰯File
柊鰯は

葉の付いた柊の小枝に

焼いた鰯の頭を挿したもので

魔除けとして飾ります。



鰯を焼いて、くさい臭いと煙で

鬼が近寄らないようするためです。



それでも、

鬼が来ようものなら

柊の葉のトゲが

鬼の目を刺し、追い払うという意味です。



もうひとつは、逆で

鰯の臭いで鬼を誘い出し

柊の葉のトゲが鬼の目を刺し追い払う、

いずれも、魔除けや邪気除けの風習です。



最近では、柊の代用と言うか

知ってか知らずか?

割り箸一本に、鰯の頭を挿したものが

おおく見られますね。



地方よって異なりますので

あらため、ご了承下さいね。


最後に

幼児に限らず注意!

 大豆アレルギーや

 豆が鼻や耳に入るなどの危険性が

 報告されていますので注意して下さい。



意味なくして行事はありません。

物事には

順序や決まり事など必ず意味があります。



日本伝統の行事や文化といったものを

次の世代に伝える必要性は

大変重要な課題であると思っています。



今、生きている人々が出来る事

知っていることを残すこと、

昔の文献以上の知り得る限りを共有し

後世に伝える事も

今後の使命ではないでしょうか・・・



今日も

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

SPONSORED LINK

関連記事

【しぶんぎ座流星群】年始めおすすめ流星群、流れ星が無数に広がる

流星群の1つである 「しぶんぎ座流星群」ご存知ですか? しぶんぎ座流星群は ペ

記事を読む

忠犬ハチ公の日は4月8日。いじめられながら10年間亡き主人を待ち続けた忠犬ハチの話

「忠犬ハチ公」の日は、4月8日です。 飼い主亡き後の帰りを、東京・渋谷駅の前で 約1

記事を読む

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

4月4日はトランスジェンダーの日。オカマの日でもあるのか?

4月4日は 「トランスジェンダーの日」です。 「TSとTGを支える人々の会」が制定しまし

記事を読む

1月23日は「一無・二少・三多」の日、生活習慣病の予防に役立つ

1月23日は 「一無・二少・三多」 の日です。 (いちむ・にしょう・さんた)

記事を読む

精霊馬とは?お盆のキュウリとナス?置き方や由来や意味も地域で違う

精霊馬(しょうりょううま)とは お盆(おぼん)にお供えする物のひとつです。 お盆の行

記事を読む

5月13日、メイストームデーってどんな日?八十八夜の別れ話

5月13日は メイストームデー(May Storm Day)です。 直訳すると「5月

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

夏の大三角は七夕と天の川にまつわる3つ星、1万年先には北極星になる星の話

夏の大三角(なつのだいさんかく) あるいは 夏の大三角形(なつのだいさんかくけい)は

記事を読む

彼岸とは何?日本だけの行事だった!?彼岸の由来となる様々な話

お彼岸といわれる時期が 年に2回、春と秋にあります。 「春彼岸」 「秋彼岸」と呼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



女子大生の日は8月16日、日本初の女子大生が誕生し道を切り拓いた深い意味のある日

女子大生の日は 1913年(大正2年)の8月16日 東北帝

共創する未来の日は8月3日。共創?新時代の消費スタイルはなぜ共創なのか?

8月3日は「共創する未来」の日です。 最近、 「共創(きょ

日本標準時制定記念日は7月13日-子午線.本初子午線.135度?世界時.原子時.協定時.閏秒とは?

7月13日は 日本標準時制定記念日です。 1886(明

7月3日はソフトクリームの日、ソフトクリームって?由来や日本に伝わった歴史は?

7月3日は 「ソフトクリームの日」です。 日本ソフトク

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 20

→もっと見る

PAGE TOP ↑