1月27日は求婚の日でプロポーズするきっかけの日、求婚広告で結婚に結びついた話

公開日: : 行事

SPONSORED LINK

 

1月27日は

「求婚の日」という記念日です。


時代は遡り

1883(明治16)年の1月27日のこの日、

日本の新聞紙史上初めて

「求婚広告」が掲載されたことに由来し制定されました。


6月の第1日曜日に「プロポーズの日」と制定されている

記念日が存在しますが意味合いが違うようです。

求婚の広告

「求婚」という言葉は最近ではあまり聞かなくなりましたが

ご存じのように、求婚(きゅうこん)とは、

結婚を申し込むこと、プロポーズです。


江戸時代以前から

「瓦版」によってニュースが伝達されていましたが、

幕末から明治時代に

欧米文化の影響を受けて「新聞」が作られ始めました。


見合い結婚や紹介が中心だった明治の時代に

新聞広告を出し結婚相手を募集する人がいたのです。


中尾勝三郎という人物が

生涯の伴侶を求めるために伊勢新聞と三重日報に

日本で初めて「求婚広告」を出しました。


その時の広告文は

枠線で囲まれる本文「縁談広告 拙者義某妻離別し虎独身者にて

 家事不行届甚だ困却致し間 今般更妻娶り度

 有志の諸君い貧富を不論 照会ありたり。

 但し年齢十七年以上廿五年以下の者に限る」


「明治十六年一月 

 津観音境内活版所 中尾藤三郎 富廿五年三ヵ月」

というものです。



「私は妻と離婚し独身者にて、

 家事が行き届かず困り果てているので、

 この度、妻をめとりたいと思っており、

 希望者の方は貧富は不問なので連絡下さい。

 但し、年齢17歳以上25歳以下の者に限る。」 と、

このような内容だと思います。


津観音(つかんのん)と言えば

三重県津市の

「津の観音さん」の名称で全国的に知られる所です。


その境内に印刷所があったのでしょうか?

津市にあった印刷所の中尾藤三郎さんは

満24歳3ヵ月ということになりますね。



実際に応募してきた

19歳の女性とめでたく結婚したようです。


中尾さんも自分が広告を出したことで

記念日ができたとは思う由もないと思いますが

それ以降

新聞に求婚広告をだすことが頻繁にあったようです。

明治期は離婚多発時代だった

明治13年から

全国の離婚件数が集計されるようになり

明治15年から

年間を通じての統計が始まりました。


それ以前の明治初期さらに江戸時代には

今以上に離婚が多発していたと言われています。


離婚率は

様々な方法で算出することができますが

普通離婚率とは、千人あたりの一年間の離婚件数です。


2002(平成14)年

離婚が急増した年では普通離婚率は2.30で

1,000人あたり2.3人が離婚しているという計算です。


近年は離婚率が1.70~1.80台で推移していますが

明治30年までの平均は2.82と高い水準にあり

特に

中尾藤三郎さんが求婚広告を出した

1883(明治16)年は

離婚件数は127,163 件、普通離婚率は3.39と

今日までこれほど統計史上高い離婚率はなく

現在よりもはるかに離婚が多かった時代であることが分かります。



庶民階層での離婚が高い離婚率をもたらしている訳ですが

離婚理由は様々あるものの

人権という考え方のなかった時代の背景にあります。


男女は働き手の一人としての評価が求められ

何よりも貴重なのは労働力であり

結婚の概念が現在とは根本的に違います。


多くは

1.結婚は生涯続けないといけないものでもない


2.親族の圧力による追い出し離婚、逃げ出し離婚


3.労働力の有無が高く評価され役立たずは離婚


4.離婚の明確な理由は不要で容易に離婚ができた


5.離婚の届出(手続き)を必要としない所が多かった


6.再婚に至って違和感がなく容易に再婚できた

など、

離婚に関して意識も形式も乏しく

いつ離婚しても構わないという考えが根底にあり

離婚しやすい環境だったと言えます。



そして、

1898(明治31)年に民法と戸籍法が成立し

離婚は夫婦間だけの問題となり親族等の介入が排除され

離婚手続きも厳しくなり

離婚数が減ることになりました。

最後に

「求婚の日」と言う、おめでたい話に

離婚話が出てしまいましたが

昔の時代とは現在では全く違い

縁起の良い記念日ですから

「求婚の日」にプロポーズできたなら

この日は特別で素敵な日になると思いませんか・・・

SPONSORED LINK

関連記事

忠犬ハチ公の日は4月8日。いじめられながら10年間亡き主人を待ち続けた忠犬ハチの話

「忠犬ハチ公」の日は、4月8日です。 飼い主亡き後の帰りを、東京・渋谷駅の前で 約1

記事を読む

【しぶんぎ座流星群】年始めおすすめ流星群、流れ星が無数に広がる

流星群の1つである 「しぶんぎ座流星群」ご存知ですか? しぶんぎ座流星群は ペ

記事を読む

姫始め(ひめはじめ)は1月2日の行事。由来は年初めに姫を食べる日だった!?

姫始め(ひめはじめ)とは 1月2日のりっぱな行事であり 新年の「季語」でもあります。

記事を読む

五月病対策、うつ病にならない為に原因を知り、六月病も解消しよう!!

五月病(ごがつびょう)は 特に 新しい環境に身を置く 新社会人や新入生を中心に起こ

記事を読む

【性交禁忌の日】5月16日にセックスすると3年以内に死ぬ?セックス禁止の由来や意味

5月16日は 「性交禁忌の日」です。 「5月16日にセックスをすると3年以内に死ぬ日

記事を読む

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国民の祝日の一つですが 「

記事を読む

夏の大三角は七夕と天の川にまつわる3つ星、1万年先には北極星になる星の話

夏の大三角(なつのだいさんかく) あるいは 夏の大三角形(なつのだいさんかくけい)は

記事を読む

紅葉するのはなぜ?紅葉して落葉する仕組みや色の違いは?モミジとの違いは?

紅葉(こうよう)とは 秋に一斉に葉の色が、赤や黄に変する様子であり 日本の秋のイベント、

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

1月23日は「一無・二少・三多」の日、生活習慣病の予防に役立つ

1月23日は 「一無・二少・三多」 の日です。 (いちむ・にしょう・さんた)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は

1月27日は求婚の日でプロポーズするきっかけの日、求婚広告で結婚に結びついた話

1月27日は 「求婚の日」という記念日です。 時代は遡

成人の日は1月第2月曜日。成人の日.成人式.20歳の歴史や由来

成人の日(せいじんのひ)は、 1月の第2月曜日で 日本の国

1月7日初めて爪を切る日。七草爪は病除けになる?七草との風習

1月7日は 爪切りの日です。 正月7日と言えば

眠れない時!478呼吸法で簡単に眠れる睡眠法はストレス軽減リラックス効果があった!?

478呼吸法が入眠を誘うかもしれません。 翌日の朝、早いから

→もっと見る

PAGE TOP ↑