敬老の日は9月第3月曜、老人の日は9月15日、違いや意味と由来、敬老の日は「としよりの日」だった!?

公開日: : 最終更新日:2018/09/09 行事

SPONSORED LINK

 

敬老の日(けいろうのひ)は

9月の第3月曜日で

日本の国民の祝日の一つです。


2002年(平成14年)までは

 9月15日を「敬老の日」としていましたが

 「老人の日」と改められ

2003年(平成15年)から

 9月の第3月曜日が「敬老の日」になりました。


敬老の日と老人の日の違い

【敬老の日】(平成15年から)

 ・国民の祝日に関する法律(祝日法)で定められた

  「国民の祝日」

 ・日付:9月の第3月曜日

 ・趣旨:

  「多年にわたり社会につくしてきた

  老人を敬愛し、長寿を祝う」 


【老人の日】(平成14年から)

 ・老人福祉法で定められた「記念日」

 ・日付:9月15日

 ・趣旨:

  「国民の間に広く老人の福祉についての

  関心と理解を深めるとともに、

  老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す」


 また、

 老人福祉法により

  9月15日~21日までの一週間を

  「老人週間」と定めています。


「敬老の日」と「老人の日」の違いは

 実施日、

 祝日と記念日、

 祝日法と老人福祉法や

 趣旨の違いがあります。

敬老の日のはじまり

1947年(昭和22年)9月15日

兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町八千代区)の

当時35歳の村長・門脇政夫(かどわき まさお)と

助役であった山本明により

「老人を大切にし、

 年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨で

お年寄りに敬意を表し

知識や人生経験を次の世代に伝授してもらう場として

55歳以上の住民を公会堂に招いて

村主催の「敬老会」を開催したのが

「敬老の日」の始まりであるとされています。


当時は、まだ戦後の混乱期であり

子供を戦地に送った親たちは精神的に疲労しており

親孝行して報いたいという思いや

また

老人軽視の風潮があらわれたことで

自信を失った高齢者を励まそうという思いから

農閑期(農業の仕事がひまな時期)の

気候も良い9月中旬ということで

9月15日に決め、開催されました。

敬老の日の経緯

次の年の、1948(昭和23年)年7月

 国民の祝日に関する法律において

 「こどもの日」、「成人の日」が定められたものの

 老人のための祝日は定められませんでした。


1948年9月15日

 野間谷村で開催された第2回「敬老会」において、

 9月15日を「としよりの日」として

 村独自の祝日とすることを提唱し

 その趣旨への賛同が県内市町村に広がります。


1950年(昭和25年)

 兵庫県が「としよりの日」を制定し

 敬老、福祉の県民運動を展開し全国に広がります。


1951年(昭和26年)

 地域福祉の推進を図る民間団体の

 中央社会福祉審議会(現:全国社会福祉協議会)も

 全国運動を提唱し国民的行事として行なう事とし

 9月15日を「としよりの日」、

 9月15日から21日までの1週間を運動習慣と定めます。


「老人を敬い慰め励すとももに

 老人福祉に対する国民的理解を促進し、

 老自身もまたその立場を自覚し

 新い社会建設に参加する」ことをうたって

 第1回「としよりの日」運動を実施します。


1952年(昭和27年)

 中央社会福祉審議会は

 第2回「としよりの日」運動の一貫において

 運動名称「としよりの日・としよりの福祉週間」として

「老人クラブづくり」が掲げられ

 様々な活動が推進されました。


1963年(昭和38年)

 老人福祉法公布により

 9月15日が「老人の日」

 9月15日から21日までの1週間を

「老人週間」として定められ

 運動名称「老人の日・老人週間」に改称。


「としより」という表現が

 問題視されていたことから「老人の日」となります。


1966年(昭和41年)

 国民の祝日に関する法律が改正されて

「敬老の日」として国民の祝日となりました。


 老人福祉法でも「老人の日」が「敬老の日」に改められ

 運動名称「敬老の日・老人福祉週間」に改称され

 1993年(平成5年)に

 運動名称「敬老の日・老人保健福祉週間」に改称。

9月第3月曜日への移動

2001年(平成13年)

祝日法改正による

ハッピーマンデー制度の実施によって

 (ハッピーマンデー制度とは

  月曜日を国民の祝日とする事によって

  土曜日・日曜日と合わせた3連休とする趣旨)

2003年(平成15年)から

 9月第3月曜日が「敬老の日」として実施され

 現在に至ります。


 9月第3月曜日への移動にあたっては

 提唱者の門脇政夫や

 財団法人全国老人クラブ連合会(全老連)の

 反対もあり

2001年(平成13年)に老人福祉法を改正して

 9月15日を「老人の日」、

 同日より1週間を「老人週間」に制定されました。

9月15日 説

9月という開催時期は

兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町八千代区)の

農閑期であることや気候に由来するものです。


その頃は中秋の名月の時期であり

秋の収穫の一段落した頃でもあることから

9月15日と村長の門脇政夫は定めました。


その野間谷村の由来に加え

門脇政夫は

「養老の滝伝説」を参考にしたという話があります。


 若返る、または痛みなどが取れる泉という

「万病を癒す薬の滝」の伝説、

 後代に入って

 酒の湧く泉という

「親孝行の滝」の伝説など

 伝説が伝説となっている「養老の滝伝説」は

 様々な言い伝えがあり諸説有りますが

 第44代天皇、女帝・元正天皇(げんしょうてんのう)が

 霊亀3年(717年)に、外出で滝を訪れたのが

 9月(20日)であること。


 そして

「醴泉(れいせん=甘い味の泉)は美泉なり。

 もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。・・・」と

「老いを養う若返りの水」として

 天皇の命令を出し年号までを「養老」と改元し、

 全国の高齢者に賜(たまもの)が与えられたと言います。


この、「養老の滝伝説」を参考に

「敬老会」の開催へと発展したようです。



また俗説となる

 根拠のない由緒づけようとする説は

 593年の9月15日、

 聖徳太子が大阪の四天王寺に

「非田院(ひでんいん)」を設立した説があります。 


「非田」とは、

「慈悲の心をもって貧苦病苦の人を救えば、

 福を生み田となる」という意味で

現在の社会福祉施設や高齢者施設のようなもので

貧しい人や孤児、お年寄りや身体の不自由な人を

救う為の施設を建立した日とする説です。



いずれにしても

兵庫県多可町の「としよりの日」が

由来であることは間違いなく

日本の一つの村から誕生したもので

「他説」は、後から付け加えられたものと思います。


「としよりの日」が「敬老の日」となった経緯だけで

祝日となった日本独自の祝日であり

海外から入ってきた記念日でもなく、

皇室行事に関係したものでもなく

日本古来の伝統文化に由来するものでない事が伺えます。

最後に

「敬老の日」は、長寿を祝う日で

「老人の日・老人週間」は

各種行事等を実施することにより

啓発や呼びかけを行うため、制定されているもので

意味合いが違うものになります。


法令では65歳以上を

「高齢者」として「老年人口」に区分されていますが

高齢化社会ですから

「敬老の対象ではない」と思っている人が

多くいらっしゃるのも現実です。


「老人」の年齢の捉え方は、

地方や地域によって、年代ごとによって異なり

捉え方は人によって様々ですので失礼のないように

お歳を召された方、年長の方に

人生の経験者として敬愛し感謝の気持ちを表し

長寿を祝い楽い時間を過ごす日となりますように・・・


では最後に

2013年(平成25年)に

多可町では「敬老の日」発祥の町として

未来に向けて受け継いでいくよう

敬老のうた「きっとありがとう」を制作し

介護予防等の目的で公開しましたので

掲載させていただきます。



SPONSORED LINK

関連記事

4月4日はトランスジェンダーの日。オカマの日でもあるのか?

4月4日は 「トランスジェンダーの日」です。 「TSとTGを支える人々の会」が制定しまし

記事を読む

1月7日初めて爪を切る日。七草爪は病除けになる?七草との風習

1月7日は 爪切りの日です。 正月7日と言えば 人日(じんじつ)の節句と言われ

記事を読む

【父の日】由来・意味があった!バラを贈る理由とは?父の日はいつなの?

父の日(ちちのひ)は、 父に感謝を表す日で、正式な祝日ではありませんが 6月の第3日曜日

記事を読む

6月だけ祝日がない理由は?祝日が増えると仕事も増える?

祝日がない6月。 夏本番前の初夏であり ジメジメと梅雨の季節でもあり 憂鬱さを

記事を読む

平成が終わる4月30日!新たな時代の幕開け5月1日!なぜこの日になったのか?

「平成」という一つの時代が 2019年4月30日に終わり、 平成は、 30年と4ヶ

記事を読む

勤労感謝の日 本当は意味があった 新嘗祭との関係

勤労感謝の日は 11月23日、日本の国民の祝日です。 今年も来年も再来年も 同じ1

記事を読む

【ペルセウス座流星群】観測しやすい夏の流れ星に願いを込めて

ペルセウス座流星群は、夏の定番の天文現象で 「しぶんぎ座流星群」、「ふたご座流星群」と並んで、

記事を読む

1月23日は「一無・二少・三多」の日、生活習慣病の予防に役立つ

1月23日は 「一無・二少・三多」 の日です。 (いちむ・にしょう・さんた)

記事を読む

彼岸とは何?日本だけの行事だった!?彼岸の由来となる様々な話

お彼岸といわれる時期が 年に2回、春と秋にあります。 「春彼岸」 「秋彼岸」と呼

記事を読む

2月11日は【万歳三唱の日】 万歳(バンザイ)をするようになった理由とは?

2月11日は「万歳三唱の日」です。 万歳(バンザイ)は 祝いや喜びを込めて両手を挙げ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

「忖度(そんたく)」という言葉は ある政治問題を機に 20

5月13日、メイストームデーってどんな日?八十八夜の別れ話

5月13日は メイストームデー(May Storm Day)です

【令和】初春の令月にして気淑く風和ぎ…元号改元にまつわる話と時系列

「令和(れいわ)」と 新しい元号が4月1日午前11時40分頃発表

【2-6-2の法則】人間関係にもう悩まない!自分らしく生きるために

2-6-2の法則、 これは世の中の一種の摂理を表している数字です

4月1日はエイプリルフール、起源は諸説あり過ぎて謎多き嘘っぽい由来、まさか新元号発表の日になるとは!

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、 毎年

→もっと見る

PAGE TOP ↑